思いつきで行動する人の特徴や性格|思いつきで行動しないためにやるべきこととは

思いつきで行動する人の特徴や性格|思いつきで行動しないためにやるべきこととは

あなたは自分の思いつきで行動したことはありますか。

思い付きで行動する人には良いイメージも感じれば悪いイメージも感じるものですが、いったいどのような人なのでしょうか。

今回は思い付きで行動する人の特徴について、お伝えしていきます。

思い付きで行動する人の性格や、思いつきで行動する人の仕事のやり方などについても触れていきますので、ぜひ参考にしてください。

関連記事はこちら▽ 思いつきで話す人の特徴|思いつきで話す人への対処法とは 思いつきで話す人の特徴|思いつきで話す人への対処法とは

思いつきで行動する人の特徴

思いつきで行動するということは、規則的に行動することはせずに自分の思いのまま行動することです。

時折ハラハラさせられることもありますが、このような人には共通した特徴が見られます。

ここでは思いつきで行動する人の特徴について、解説していきます。

その日その時で言うことが違う

思いつきで行動する人には、その時々で言っていることが違うという特徴が見られます。

人との会話のテーマとなっていることを真剣に考えることが不足していて、自分のひらめきめいた発言をするからです。

そのため人が質問をしても、昨日と今日は言っていることが違うということが少なくありません。

しっかりと考えることができない

思いつきで行動する人には、物事をしっかりと考えることができないという特徴も見られます。

このタイプは目先のことばかりにとらわれていて、これから起こるであろう先のことを考えることができません。

「質問に対して即答しなければ」「素早く行動することが大事」という考えのため、深く物事を考えることができないのです。

周りを冷静に見ることができない

思い付きで行動する人には、周りを冷静に見ることができないという特徴も見られます。

何か事を成し遂げなければならないことがあると、そのことばかりに気を取られ、余裕を持って周りを見ることができません。

そして「やらなければならない」と気持ちばかりが焦り、その場しのぎの行動を起こすことが多いのです。

想像力が働かない

思いつきで行動する人には、想像力が働かないという特徴も見られます。

「今自分が行動を起こすと、〇〇のような状況を生む」ということを想像することができません。

そしてこのタイプは困惑する状況に置かれても、正しく対処をする力に欠けています。

そのためいざとなれば、どのように対処して良いのかわからず、あたふたとしてしまうのです。

目先のことにとらわれすぎ

思いつきで行動する人には、目先のことにとらわれすぎているという特徴も大きく見られます。

思いつきで行動してその場が収まればそれで良いという考えで物事を経過させていますので、失敗をすることが少なくありません。

視野が狭くて様々な方向から物事を見ることができない結果、好ましくない状況を招いてしまうのです。

思いつきで行動する性格

思いつきで行動する人は、自分がとっている行動に対して考えている時間はありません。

ただ自分が思ったことをそのまま行動しているだけなのですが、性格的にはどのような特徴があるのでしょうか。

ここでは思いつきで行動する人の性格について、解説していきます。

人に頼りがち

思いつきで行動する人は、人に頼りがちという性格を持ち合わせています。

自分で物事を考えることなく、「あの人に頼っていればよいだろう」という考えの下で行動を起こしているタイプです。

行動の結果、失敗が起ころうが困ったことが起ころうが気にしません。

常に「あの人がなんとか対処してくれる」と、人に依存しているのです。

ポジティブで楽観的

思いつきで行動する人は、ポジティブで楽観的という性格も持ち合わせています。

このタイプは自分が行っている物事が失敗に至っても、あまり気にすることはありません。

失敗しても「何とかなるだろう」と、深く考えない傾向が強いです。

そのため周りは「あの人は物事をいつも軽く考えている」という評価をされることが少なくありません。

無責任

思いつきで行動する人は、無責任であるという性格も持ち合わせています。

このタイプは何か困ったことが起こったとしても、自分が反省することはありません。

「だって、〇〇さんがしたから」というように言い訳が多く、人のせいにしがちです。

そのため人からの信頼が薄く、「あの人に物事を任せることはできない」と思われることが少なくありません。

協調性がない

思いつきで行動する人は、協調性が無いという性格も持ち合わせています。

よく考えずに行動を起こすスタンドプレーが多いタイプのため、周りの空気を読むこともしませんし、人との協調性を大切にすることはありません。

何をするにしても自分が一番という考えが強く、周りへの配慮が不足しています。

そのため人からの評価は、あまり高くはないのです。

関連記事はこちら▽ 協調性がある人の特徴|協調性がある人になるにはどうすればいいの? 協調性がある人の特徴|協調性がある人になるにはどうすればいいの? 空気を読む人の特徴|空気を読むのが嫌いな時の対処法とは 空気を読む人の特徴|空気を読むのが嫌いな時の対処法とは

話を理解せずに行動に移す

思い付きで行動する人は、話を理解せずに行動に移す性格も持ち合わせています。

このタイプは人の話をしっかり聞くことができませんので、自分の考えだけで行動を起こすことが少なくありません。

人からは無責任というレッテルを貼られることも多く、受ける評価も低いです。

話を聞いていないため行動をした結果、求められていた行動とは違った行動をしていたということになります。

思いつきで行動する人の仕事のやり方

思いつきで行動する人にはフットワークの軽さは人一倍ありますが、細かいスケジュール管理の下で動くことには苦手意識を感じる傾向が強いです。

そのような思いつきで行動する人は、仕事をどのようなやり方で行うのでしょうか。

ここでは彼らの仕事のやり方について、解説していきます。

自分で判断せずに行動するのみ

思いつきで行動をする人には、自分で判断せずに行動するのみという仕事のやり方があります。

このタイプは決断力がないため、物事を自分で判断することができません。

自分で責任を負うことはせずに大切な判断は人にしてもらって、自分は考えようとせずに思い付きだけで行動をします。

そのため真面目に仕事をしていたとしても、責任感のない仕事のやり方と取られることが多いです。

指示を待って仕事をする

思いつきで行動する人には、指示を待って仕事をするという仕事のやり方もあります。

このタイプは場当たり的には仕事をしますが、自分で仕事の方向性ややり方を考えることがありません。

基本的には指示を待って仕事をするのです。

そのため、自分の意欲があって仕事をすることはないといえるでしょう。

よく考えずにその場のノリで仕事をする

思いつきで行動する人には、よく考えずにその場のノリで仕事をするという仕事のやり方もあります。

人に依存する気持ちが強く、人が判断することを任せているところがありますので、今ある課題を把握していません。

そのため物事を論理的に考えることもなく、「よし、ノッてきたからやろう」と思いつきで行動して失敗してしまうことが多いです。

思いついたアイディアを広げながら仕事をする

思いつきで行動する人には、思いついたアイディアを広げながら仕事をするというやり方もあります。

このタイプは論理的に物事を考えることは苦手ですが、ひらめきを思いつくことは多いです。

ひらめいたことを繰り広げていき、そのひらめきを下にアイディアを多様化させていくことができます。

そのため斬新な考えで、仕事をするという評価を受けることができるのです。

2つの仕事を同時進行に行う

思いつきで行動する人は、2つの仕事を同時進行に行うやり方もできます。

このタイプはルールに縛られることなく、必要だと思ったことはその場でどんどん起用していく傾向が強いです。

物事を深く考えませんが「あれもこれもやりたい」という思いが強いため、結果的に1つのことにとらわれずに2つのことを同時進行で作業を行うことができます。

思いつきで行動する人の長所と短所

思いつきで行動する人には、行動力があり頭の切れる人だという見られ方がある一方で、「よく考えていない」という評価を受けることもあります。

そのような人たちには、どのような長所や短所があるのでしょうか。

ここでは思いつきで行動する人の長所と短所について、解説していきます。

長所

率先して行動する

思いつきで行動する人の長所には、率先して行動するという点があります。

彼らは深く物事を考えて計画を念入りに立てなくても、持ち前の実行力で行動を起こすことができるタイプです。

「まずは動かなければ先に進めない」という考えを持っていますので、周りの人から見れば「面白い人だ」とか「心丈夫だな」と思われることが多いでしょう。

関連記事はこちら▽ 行動力がある人の特徴や性格|行動力がある人になりたい人がやるべきこととは 行動力がある人の特徴や性格|行動力がある人になりたい人がやるべきこととは

臨機応変さがある

思いつきで行動する人の長所には、臨機応変さがあるという点もあります。

彼らは何か困ったことが起こっても、様々な方向からあの手この手で実行することができるタイプです。

深く考えすぎて立ち止まることもありませんので、ポジティブで「頼れる人」「使える人」という評価を受けることが少なくありません。

あまりストレスを感じない

思いつきで行動する人の長所には、あまりストレスを感じないという点もあります。

物事を深く考えないため、人にもさほど気を使うことがありません。

人が何か悩んでいたとしても、気持ちに寄り添い過ぎて気持ちが重くなることはないのです。

そのため精神的なストレスを感じることがないのが、このタイプのメリットといえます。

短所

計画性がない

思いつきで行動する人のデメリットには、計画性が無いという点があります。

このタイプは物事を深く考える傾向もなければ、計画的に物事を推し進める傾向もありません。

目の前のことをその場の思いつきで行動してしまうため、行動すべき大切なことが抜け落ちている可能性があります。

頼りにならない

思いつきで行動する人のデメリットには、頼りにならないという点もあります。

このタイプは今行っていることの内容をハッキリわかっていないことがあり、何とか終わらせればよいという考えを持つ傾向が強いです。

そのためやらなければならないことができていなかったり、的外れのことをしていたという可能性があります。

周囲の人に迷惑をかける

思いつきで行動する人のデメリットには、周囲の人に迷惑をかけるという点もあります。

このタイプは物事を深く考えることをせずに思いつきで行動してしまうため、大切なことが抜け落ちていることが多いです。

結果抜け落ちていた大切な部分の穴埋めを他の人がしたり、依頼者に謝罪したりして迷惑をかけることが少なくありません。

思いつきで行動しないためにやるべきこと

思いつきで行動する人は、行動力がありますが後先考えずに行動するところもあるため失敗しやすいというデメリットがあります。

そのため「この性質を直さなければ」と思っている人も少なくありません。

そこでここでは、思いつきで行動しないためにやるべきことを解説していきます。

自分の意見を一度口に出す

思いつきで行動しないためには、自分の意見を一度口に出すというやるべきことがあります。

このタイプは前触れもなしに自分の思いつきで行動して、失敗してしまう傾向が強いです。

それを防ぐためには「自分はこれから〇〇をしようと思います」という発言をしてみましょう。

他の人からの評価を得らえますので、その評価を下にして自分がやるべきことを考えることができます。

まずは考えて行動する

思いつきで行動しないためには、まずは考えて行動するというやるべきことがあります。

このタイプは物事を理解して深く考えていないのに、自分の感覚で「よし、行くぞ」と行動する傾向が強いです。

結果、失敗をしたり早とちりで二度手間の作業を行う羽目になってしまうことがあります。

そのためまずはじっくりと考えてみましょう。

その後行動すれば、失敗を防ぐことも可能です。

行うことを頭の中で整理する

思いつきで行動しないためには、行うことを頭の中で整理するというやるべきことがあります。

このタイプはその場で自分が思いついたことを行動しますので、失敗して周りの人から「無茶なことをする」と見られかねません。

そのためまずは、行う前に行うことを頭の中で整理する癖をつけてみましょう。

自分が行うべきことを順序だてて整理できれば、落ち着いて行動することができますので失敗を防ぐこともできます。

論理的に考えて行動できるように勉強する

思いつきで行動しないためには、論理的に考えて行動できるように勉強するというやるべきことがあります。

このタイプは深く物事を考える癖がついていませんので、思いつきで突然行動をして混乱を招きがちです。

そのため論理的に考えられるように新聞や本を読んだり、ニュースを見たりして勉強してみましょう。

これまでの場当たり的な考え方が修正されて、混乱な状態になることを防ぐことができます。

考えて行うことを習慣化する

思いつきで行動しないためには、考えて行うことを習慣化するというやるべきことがあります。

このタイプは何をするにしても、物事を考えずに場当たり的な行動をしがちです。

そのため困惑する状況を招きますので、損をします。

そうならないためにも行動する前に、考えることを習慣づけてみましょう。

思いつきで行動することは減って、困惑する状況を防ぐことができます。

場合によっては思いつきで行動することもOK

思い付きで行動する人の特徴や思い付きで行動する人の性格、思いつきで行動する人の仕事のやり方などについてお伝えしてきました。

思いつきで行動することは、その場当たり的な行動で失敗することも少なくありません。

しかし場合によっては思いつきというインスピレーションを生かした作業をすると、優れた結果を生み出すこともあります。

思いつきで行動することは悪いことばかりではありませんので、時と場合によって使い分けてみましょう。