仕事が雑な人の特徴・性格|仕事が雑な人にイライラする時の対処法とは

仕事が雑な人の特徴を、紹介します。

あなたの周りにも、仕事が雑な人はいませんか。

もしくは、自分自身が『仕事が雑だ』と言われた経験がある、という人もいるかもしれませんね。

ここでは、仕事が雑な人の特徴や性格にフォーカスを当てていきたいと思います。

仕事が雑なことを改善する方法や、仕事が雑な人に向いている仕事も紹介するので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

仕事が雑な人の特徴

まずは、仕事が雑な人の特徴から見ていきます。

上司や先輩から仕事が雑と言われた経験のある人もいると思いますが、仕事が雑な人にはどんな特徴があるのでしょうか。

仕事が雑な部下に手を焼いているという人も、まずは仕事が雑な人の特徴を知ることから始めましょう。

時間配分が苦手

仕事が雑な人の特徴には、時間配分が苦手なことが挙げられます。

仕事が雑な人は、時間配分ができません。

『まだ大丈夫』と余裕ぶっていて、いざやり始めたら予想以上に時間がかかってしまい、急いで終わらせた…なんてことも。

限られた時間を有効に使えない、時間配分ができないために、結果として仕事が雑になってしまうのです。

自分勝手

仕事が雑な人の特徴には、自分勝手なことが挙げられます。

仕事が雑な人は視野が狭く、周りの声を聞こうとしません。

自分が正しいと思っているので、周りのアドバイスなどを素直に聞くことができないのです。

自分勝手な行動で周りが迷惑しているということはおろか、自分勝手に振舞ってることにすら気づいていません。

自分に甘い

仕事が雑な人の特徴には、自分に甘いことが挙げられます。

仕事が雑な人は自分大好きなので、自分にはとにかく甘いです。

ミスをしても『知らなかった』『聞いてない』などと言い訳をしたり、挙句の果てには他の人に責任を擦り付けることも。

自分に甘いのは女性に多く、こういうタイプはミスをしても反省しないので、同じミスを繰り返す厄介な存在だと言えるでしょう。

整理整頓ができない

仕事が雑な人の特徴には、整理整頓ができないことが挙げられます。

これはまさに、仕事が雑な人あるある。

身の回りの整理整頓ができないため、必要なものがどこにあるのかを把握できていません。

だからこそ仕事がスムーズに進まず、結果として急いでやるため雑になってしまうのです。

自分のキャパを把握していない

仕事が雑な人の特徴には、自分のキャパを把握していないことが挙げられます。

自分のキャパを超えて仕事を引き受けてしまうと、当然ですが期日までに終わらせることは困難です。

しかし、引き受けた以上やらないわけにはいきません。

そうなると、『とりあえず終わらせる』だけで精一杯になるので、内容は相当雑なものになるでしょう。

仕事が雑な人の性格

続いて、仕事が雑な人の性格を紹介します。

仕事が雑だけど早い人もいれば、仕事が雑で遅い残念な人までいますよね。

仕事が雑で遅い人は、職場でも疎ましく思われてしまうため気をつけたいところ。

仕事が雑な人の性格は、こちらです。

人の話を聞かない

仕事が雑な人の性格には、人の話を聞かないことが挙げられます。

仕事が雑な人、特に仕事が雑で遅い人は、人の話を聞きません。

聞いているようで聞いていないので、後からやり方が分からない、ということも。

話を聞かないというのは致命的なので、かなり問題だと言えるでしょう。

自信家

仕事が雑な人の性格には、自信家なことが挙げられます。

仕事が雑な人は根拠の無い自信を持っていて、『自分はできる』と思い込んでいるところがあります。

そのためマニュアル通りにやらずに勝手に自己流にしてしまい、細かいところができていないことも少なくありません。

大雑把

仕事が雑な人の性格には、大雑把なことが挙げられます。

仕事が雑な人は基本的に大雑把で、細かいことを気にしません。

仕事に関しても『形になっていればいい』と思っているので、とりあえず仕上げること、終わらせることが重要だと思っています。

内容よりも、『終わらせた』という事実が大切なんですね。

マイペース

仕事が雑な人の性格には、マイペースなことが挙げられます。

仕事が雑な人の中には、なかなか作業に手をつけない人もいます。

これはマイペースなため、やる気が出るまでに時間がかかるから。

マイペースなことは悪いことではないのですが、スタートが遅いため間に合わなくなる挙句、内容も雑になってしまいます。

深く考えない

仕事が雑な人の性格には、深く考えないことが挙げられます。

仕事が雑な人は、何事も深く考えたりしません。

どうしたら効率よくできるのか、どうしたら丁寧にできるのか、といったことを考えないため、仕事ではなかなか成長することができません。

勝手に自己流にしてしまうのも、深く考えないからだと言えるでしょう。

仕事が雑な人にイライラする理由

仕事が雑な人にイライラする理由を、紹介します。

仕事が雑な人が近くにいると、正直イライラしますよね?

しかしなぜ、仕事が雑な人に対してイライラしてしまうのでしょうか。

その理由には、以下の5つが挙げられます。

とばっちりを食らうから

仕事が雑な人にイライラする理由には、とばっちりを食らうからというものが挙げられます。

仕事が雑な人が身近にいると、誰かがその人の仕事の尻拭いをしなくてはなりません。

部下が仕事が雑な人だった場合、その人に任せていたらどうにもならないと判断したら、自分でやるしかありませんよね。

仕事が雑な人がいると、結果として自分の仕事が増えるからイライラしてしまいます。

大きなミスに繋がるから

仕事が雑な人にイライラする理由には、大きなミスに繋がるからというものが挙げられます。

仕事が雑で話を聞いていない人がいると、大事なところを聞き逃している可能性も否定できません。

そこから大きなミスに繋がったら、連帯責任を負わされる可能性もありますよね。

仕事が雑な人は周りに迷惑をかける、ということをもう少し自覚してほしいものです。

同じミスをするから

仕事が雑な人にイライラする理由には、同じミスをするからというものが挙げられます。

仕事が雑な人は人の話を聞かず、深く考えないため失敗しても何も学びません。

普通は、失敗したら次は同じミスをしないように学ぶものですが、仕事が雑な人はそれができないのです。

同じミスばかりしている人が近くにいたら、イライラするのも当然ですね。

責任感がないから

仕事が雑な人にイライラする理由には、責任感がないからというものが挙げられます。

仕事が雑な人は、ただ終わらせればいいと思っており、内容はほとんど気にしません。

与えられた仕事も期日ギリギリだったりと、何かと責任感のない行動を取るもの。

そういう姿勢にイライラしてしまう人も、多いのではないでしょうか。

人に甘えてるから

仕事が雑な人にイライラする理由には、人に甘えてるからというものが挙げられます。

仕事が雑な人は自分に甘いので、いざとなれば『誰かに頼めばいい』という甘ったれた精神を持っています。

できる人に頼めばいい、誰かを頼ればいいとそもそも甘えた気持ちを抱えたまま仕事をしているので、内容が雑になるのかもしれません。

仕事が雑な人への対処法

続いて、仕事が雑な人への対処法を紹介します。

仕事が雑な人が同じ職場にいると、全体の雰囲気が悪くなったり、自分自身もとばっちりを食らう可能性があるため、非常に困りますね。

仕事が雑な人へは、どう対応したらいいのでしょうか。

その場で指摘する

仕事が雑な人への対処法には、その場で指摘することが挙げられます。

あまり強く言うとパワハラになってしまうので、言い方には十分気をつけてくださいね。

仕事が雑な人へは、あとからではなくその場で指摘するようにしましょう。

故意に雑にやっているわけではないので、その場で言わないと自覚させることができないからです。

具体的にやり方を説明する

仕事が雑な人への対処法には、具体的にやり方を説明することが挙げられます。

仕事が雑な人は自己流のやり方で仕事を進めようとしてきますが、あえて具体的にやり方を説明するのも1つの方法。

そのとき、『あなたのやり方もいいんだけど』とその人のやり方を認めることが大切です。

その上で、『もっと良くするためには…』と具体的なやり方を説明してみてください。

コミュニケーションを取る

仕事が雑な人への対処法には、コミュニケーションを取ることが挙げられます。

仕事が雑な人は『報連相』ができず、大迷惑をかけることも少なくありません。

できるだけ早い段階で把握するには、報連相ができるようになるためにもコミュニケーションを取ることが必要不可欠。

普段から世間話をするなどして、スムーズなコミュニケーションを取れるようにしておきましょう。

再確認する

仕事が雑な人への対処法には、再確認することが挙げられます。

仕事が雑な人は話を聞いていないことも多いので、何度か再確認することがおすすめです。

一度で理解するのが社会人としては当然なのですが、ここはできない人もいるんだと割り切って接しましょう。

再確認することで、仕事が雑な人もやるべきことを思い出せるようになるはずです。

1つずつ指示する

仕事が雑な人への対処法には、1つずつ指示することが挙げられます。

仕事が雑な人に一度に色々なことを言っても、キャパオーバーになってしまって1つも覚えていない、なんてことも少なくありません。

そのため、仕事が雑な人に指示を出す場合は、1つずつにしましょう。

1つ指示を出して、それが終わってから次の指示を出すようにすると、仕事が雑な人もスムーズに仕事に取り組めるはずです。

直したい!仕事が雑な人の改善方法

ではここで、仕事が雑な人の改善方法を紹介しましょう。

仕事が雑だと言われた人、最近仕事が雑になってきたと思っている人は、一刻も早く改善するべきです。

仕事が雑なことは周りに迷惑をかけますし、評価も下がってしまうこと。

まずは以下の方法を試してみてください。

身の回りの片付けをする

仕事が雑な人の改善方法には、身の回りの片付けをすることが挙げられます。

仕事が雑な人は、十中八九デスクや身の回りが散らかっているので、まずは身の回りの片付けから始めましょう。

片付けをすると気持ちもスッキリしますし、必要なものをいちいち探さなくてすむので、仕事も余裕を持って取り組めるようになるはずです。

予定、計画を立てる

仕事が雑な人の改善方法には、予定や計画を立てることが挙げられます。

仕事が雑な人はマイペースで時間配分が苦手なので、結果として時間が足りずに仕事が雑になってしまうことも。

これを防ぐためには、予定や計画を立てることがおすすめ。

いつまでに取り掛かる、というのが分かれば、直前になってから慌てることもなくなるでしょう。

メモを取る

仕事が雑な人の改善方法には、メモを取ることが挙げられます。

仕事が雑な人は人の話を聞かず、やるときになって忘れているため、自己流のやり方になってしまいます。

言われたことを言われた通りにやるためには、きちんとメモを取りましょう。

最近の人はメモを取ることが少なくなっているようですが、手書きでメモを取ること はとても大事なことですよ。

マニュアル通りにやる

仕事が雑な人の改善方法には、マニュアル通りにやることが挙げられます。

仕事が雑な人は、なぜか自信があって根拠もなく『自分のやり方が正しい』と思い込んでいるもの。

もちろん自己流が良いときもありすが、まずはマニュアル通りにやりましょう。

勝手に一部をはしょったりせず、マニュアルをはしょる際には誰かに相談することも忘れずに。

1つ1つ丁寧にやる

仕事が雑な人の改善方法には、1つ1つ丁寧にやることが挙げられます。

仕事が雑なことを改善するには、丁寧にやる以外に方法はありません。

これが意外と難しいわけですが、意識して『丁寧に』取り組むようにしましょう。

まめに進捗状況を確認するなど、スピードよりも中身重視で行います。

そのためにも、キャパオーバーにならないように気をつけましょう。

仕事が雑な人に向いてる仕事

最後に、仕事が雑な人に向いてる仕事を紹介します。

仕事が雑な人は細かい作業が苦手なことが多いので、事務作業よりも体を使ったものや、現場に出る仕事のほうが向いていると言えるでしょう。

具体的にどんな仕事が向いているのか、詳しくお話していきます。

接客業

仕事が雑な人に向いている仕事1つ目は、接客業です。

接客業はお客さんの相手をする仕事なので、実際にはマニュアルよりも臨機応変さが求められるもの。

仕事が雑な人は自己流で物事を進めていくのは得意なので、臨機応変さが求められる接客業は、おすすめの仕事のひとつです。

営業

仕事が雑な人に向いている仕事には、営業があります。

営業は人や企業を相手にする仕事であるため、あちらの出方によって対応を変えていく必要がありますね。

マニュアル通りにいかないことも多いので、仕事が雑な人でも上手くやっていけるのではないでしょうか。

芸術家

仕事が雑な人に向いている仕事には、芸術家があります。

イラストレーターや書道家などの芸術家は、マニュアルよりも感覚が重要視される仕事。

最近ではパソコンやタブレットでイラストを描くこともできますし、自分の感覚を大事にしている仕事が雑な人には、まさに天職かもしれません。

販売業

仕事が雑な人に向いている仕事には、販売業があります。

販売業も接客業や営業と同様、『人』を相手にする仕事ですね。

お客さんの言動を指定することはできませんから、その場での臨機応変な対応が売上に繋がっていくのが、販売業。

自信家の仕事が雑な人はトークもうまいので、まさに販売業にはうってつけなのです。

インストラクター

仕事が雑な人に向いている仕事には、インストラクターがあります。

スポーツジムのインストラクターやヨガのインストラクターなど、体を動かす系のインストラクターは、仕事が雑な人でも問題なく取り組むことができるでしょう。

仕事が雑な人は頭より体を使うことが向いていますので、体を動かすことが好きならインストラクターはおすすめですよ。

仕事が雑な人は周りに迷惑をかけている

仕事が雑な人の特徴や性格について、紹介しました。

仕事が雑な人は、悪気は無いものの周りに迷惑をかけていることを自覚しましょう。

悪気がなければ何をしてもいい、ということではありません。

これからの仕事を円滑に進めていくためにも、仕事が雑なことは改善していくべき。

まずは自分が『仕事が雑な人である』こと、それによって『周りに迷惑をかけている』ことを自覚しましょう。

自分の欠点を認めることが、改善への第一歩なのです。