怒らせると怖い人の特徴・心理|怒ると怖い人を怒らせてしまった時の対処法とは

怒らせると怖い人の特徴について、紹介します。

あなたの周りにも、『怒らせると怖い人』はいませんか。

普段は『怖い人』とはかけ離れたイメージなのに、怒るとめちゃくちゃ怖い人っていますよね。

今回は、そんな怒らせると怖い人にフォーカスを当てていきたいと思います。

怒らせると怖い人の特徴や心理、怒らせてしまったときの対処法を紹介しますので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

怒らせると怖い人の特徴

まずは、怒らせると怖い人の特徴から見ていきましょう。

怒らせると怖い人は、普段のイメージからはあまり怒ることが想像できないため、怒ったときの迫力が凄いです。

感情的に怒鳴るというよりは、淡々と理詰めにしていく怒らせると怖い人の特徴には、こんなものが挙げられます。

おとなしい人

怒らせると怖い人の特徴には、おとなしいことが挙げられます。

怒らせると怖い人は、普段はとてもおとなしいです。

ムードメーカーになるような目立つタイプではなく、見た目も行動もとにかく『おとなしい』人。

普段がおとなしいからこそ、怒ったときのギャップが大きいのでしょうね。

優しくて温厚な人

怒らせると怖い人の特徴には、優しくて温厚なことが挙げられます。

怒らせると怖い人は基本的に優しくて温厚なので、他人とトラブルになることはほとんどありません。

自分に良くしてくれた人には恩を返すタイプでもあり、人に優しく、わりと自分には厳しい人が多いかもしれません。

頭の回転が早い

怒らせると怖い人の特徴には、頭の回転が早いことが挙げられます。

怒らせると怖い人の怒り方は、大抵が冷静に理詰めにしていくタイプ。

一度怒りだしたら止まらないというくらい、淡々と、そして延々と理詰めにして相手が反論する隙を与えません。

理詰めにできるのは、頭の回転が早い証拠ですね。

平和主義

怒らせると怖い人の特徴には、平和主義なことが挙げられます。

怒らせると怖い人は、争いを好まない平和主義者。

わざわざ争いごとを起こそうとは一切思っておらず、普段から身を引くことも多いです。

自分が我慢すれば丸く収まるという場面では、絶対に言い返したりしません。

まじめ

怒らせると怖い人の特徴には、まじめなことが挙げられます。

怒らせると怖い人はまじめで融通が利かないことも多く、考え方も真っ直ぐです。

曲がったことや間違ったことは許せないと思っているのですが、トラブルになることも避けたいと思っているため、普段はケンカになることはほとんどありません。

怒らせると怖い人の心理

続いて、怒らせると怖い人の心理を紹介します。

怒らせると怖い人には、一体どんな心理があるのでしょうか。

『怒らせると怖い人』がどんな人なのかを理解するためにも、怒らせると怖い人の心理を知っておきましょう。

我慢の限界

怒らせると怖い人の心理には、我慢の限界があります。

怒らせると怖い人は、我慢の限界を超えるまでは怒りません。

自分が怒るとそこからトラブルになる可能性がありますし、穏便に済ませるものならそうしたいと思っているからです。

それに耐えられなくなったとき、つまり我慢の限界を超えたときは、周りが驚くくらいの勢いで怒るのです。

絶対に許さない

怒らせると怖い人の心理には、絶対に許せないというものが挙げられます。

怒らせると怖い人は、何度も言いますがちょっとのことでいちいち怒ったりはしません。

それでも怒るのは、『絶対に許せない』という強い気持ちがあるから。

相手は、怒らせると怖い人の地雷を踏んでしまったのかもしれません。

悲しい、辛い

怒らせると怖い人の心理には、悲しい辛いというものが挙げられます。

怒らせると怖い人は普段は怒りませんが、本当に悲しいときや辛いときには怒りを露わにすることもあります。

悲しみや辛さは自分でもどうすることのできない感情なので、理詰めではなく勢い任せに当たり散らすことも少なくありません。

周りから良く見られたい

怒らせると怖い人の心理には、周りから良く見られたいというものが挙げられます。

これは優しい人に多く、人から嫌われないため、周りから良く見られたいために『普段は怒らない』のです。

しかしどんなに優しい人も人間ですから、怒ることもありますよね。

頑張って普段は怒らないようにしているからこそ、『怒らせると怖い人』と思われるのかもしれません。

自分のことが好き

怒らせると怖い人の心理には、自分のことが好きというものが挙げられます。

これはどちらかというと女性に多く、怒らせると怖い人は自分のことが大好き。

だからこそ周りからどう思われるか?を気にしていますし、周りから好かれる自分像を作っているのでしょう。

怒ると怖い人が怒る理由とは

では、怒ると怖い人が怒る理由を紹介します。

怒ると怖い人は、普段は怒らないのに時々めちゃくちゃ怒るのですが、その理由は一体どんなことなのでしょうか。

いきなり職場でマジギレする人もたまにいますが、怒ると怖い人が怒る理由には、こんなものが挙げられます。

大事な人やモノを傷つけられた

怒ると怖い人が怒る理由には、大事な人やモノを傷つけられたことが挙げられます。

怒ると怖い人は温厚で義理堅い人なので、大切な人を傷つけられたときには、本気で怒ります。

普段の様子からは想像もできないような剣幕で怒るので、周りが引いてしまうこともあるでしょう。

限界を超えた

怒ると怖い人が怒る理由には、限界を超えたというものが挙げられます。

怒ると怖い人は、わざわざトラブルになる種を蒔きたくないので、普段は嫌なことがあっても我慢して耐えています。

しかしその我慢が限界を超えたとき、怒ると怖い人の怒りは爆発するでしょう。

怒ると怖い人が怒るのは、基本的には我慢の限界を超えたとき以外にはありません。

地雷を踏まれた

怒ると怖い人が怒る理由には、地雷を踏まれたことが挙げられます。

誰にだって、触れられたくない過去やコンプレックスの1つや2つあるでしょう?

そういう『地雷』は誰にでもあるものですが、怒ると怖い人の『地雷』を踏んでしまうと、予想もしなかった怒りが返ってくることもあるのです。

無神経な人に疲れた

怒ると怖い人が怒る理由には、無神経な人に疲れたというものが挙げられます。

無神経に人の心やパーソナルスペースに入り込んでくる人って、職場にも必ず1人はいますよね…。

そういう人の相手をするのも大概疲れたな、と感じたとき、怒ると怖い人がマジギレするのかもしれません。

周りに気遣うのに疲れた

怒ると怖い人が怒る理由には、周りに気遣うのに疲れたことが挙げられます。

怒ると怖い人は平和主義なので、トラブルにならないように常に周りに気を遣って生活しています。

しかし、自分がどんなに気を遣っていても、無神経な人がいると台無しになりますよね。

そんなとき、怒ると怖い人も我慢の限界を超えるため怒るのでしょう。

怒ると怖い人を怒らせてしまった時の対処法

さてそれでは、怒ると怖い人を怒らせてしまったときの対処法を紹介します。

悪ふざけが過ぎて、もしくは言い過ぎてしまって怒ると怖い人を怒らせてしまうこともあるでしょう。

怒ると怖い人を怒らせてしまったときは、どう対処すれば良いのでしょうか。

すぐ謝る

怒ると怖い人を怒らせてしまったときの対処法には、すぐ謝ることが挙げられます。

怒ると怖い人が怒るのは、ただならぬ理由があるときに限ります。

それだけあなたはヤバいことをしてしまった、ということ。

怒ると怖い人を怒らせてしまったら、すぐに謝りましょう。

意地を張って謝らないと、その人との関係は崩れてしまいますよ。

言い返さない

怒ると怖い人を怒らせてしまったときの対処法には、言い返さないことが挙げられます。

怒ると怖い人が怒るときは、大抵が冷静に理詰めしてくるので、言い返すのは得策ではありません。

言い返すと更に理詰めで返してくるので、取り返しがつかなくなってしまいます。

相手が落ち着くのを待つ

怒ると怖い人を怒らせてしまったときの対処法には、相手が落ち着くのを待つことが挙げられます。

怒ると怖い人がマジギレしてきたときなど、すごい剣幕のときには、一度相手が落ち着くのを待ちましょう。

感情が昂っているときに謝っても、こちらの気持ちは半分も伝わりません。

すぐに謝るのがベストではありますが、相手が落ち着くのを待った方が良いときもあるのです。

反省してることを伝える

怒ると怖い人を怒らせてしまったときの対処法には、反省してることを伝えることが挙げられます。

怒ると怖い人が怒ったときは、ただ謝るだけでは許してくれないことも。

自分の何が悪かったのか、これからどう直していくかをきちんと説明しましょう。

反省してることが伝われば、許してくれるはずです。

距離を置く

怒ると怖い人を怒らせてしまったときの対処法には、距離を置くことが挙げられます。

相手が落ち着くのを待つことと似ていますが、一旦距離をおきましょう。

怒ると怖い人が怒るときはきちんと理由があるはずですが、どうしても納得できない場合などはそのまま距離を置くのがベスト。

相性が悪かったということで、関係を絶つのも1つの方法ですよ。

怒ると怖い人になりたい人がやるべきこと

最後に、怒ると怖い人になりたい人がやるべきことについて、お話します。

怒ると怖い人は普段は優しくて人当たりも良いですが、いざという時にはドカンと怒るギャップの持ち主。

そんな『怒ると怖い人』に憧れている人もいますよね。

怒ると怖い人になりたいのなら、以下のことを試してみてください。

冷静になる

怒ると怖い人になりたい人がやるべきことには、冷静になることが挙げられます。

怒ると怖い人のギャップを手に入れるためには、普段はとことん落ち着いていなくてはなりません。

そうしないと、怒ったときとのギャップが感じにくく、求めている効果が得られないからです。

感情のコントロールをする

怒ると怖い人になりたい人がやるべきことには、感情のコントロールをすることが挙げられます。

怒ると怖い人は、普段は寡黙で静かだからこそ、怒ったときに迫力があるのです。

日頃から感情豊かに過ごしていたのでは、怒ったときの迫力は軽減してしまいますよね。

怒ると怖い人になりたいのなら、必ず感情のコントロールをしてください。

イライラしない

怒ると怖い人になりたい人がやるべきことには、イライラしないことが挙げられます。

いつもイライラしている人が怒っても、周りは『いつものこと』で片付けてしまいます。

些細なことでイライラしない、広い心を持ちましょう。

ストレスが溜まっているとイライラしやすいので、日頃からストレス発散を心がけることがおすすめです。

少しのことで怒らない

怒ると怖い人になりたい人がやるべきことには、少しのことで怒らないことが挙げられます。

イライラしないことと被りますが、少しのことで怒っていたのでは『怒ると怖い人』にはなれません。

自分の中で、『ここまでは怒らない』というボーダーを決めておくと、些細なことでイライラしにくくなりますよ。

人に優しくする

怒ると怖い人になりたい人がやるべきことには、人に優しくすることが挙げられます。

怒ると怖い人は優しい人なので、人に優しくすることを心がけましょう。

改めて考えると難しいな…という人は、自分がされて嬉しかったことを相手にも返すようにするのがおすすめ。

あまり難しく考えなくても、人に優しく接することは可能ですよ。

怒らせると怖い人は普段は優しいが我慢の限界を超えると怒る

怒らせると怖い人の特徴や心理、怒らせてしまったときの対処法について紹介しました。

怒らせると怖い人は、普段は優しくておとなしいのですが、我慢の限界を超えると怒ります。

怒りの沸点は比較的高めなのですが、怒るポイントは人それぞれなので、『いつもは怒らないのに、これはダメなの?』と思うこともあるでしょう。

怒らせると怖い人が怒るのは我慢の限界を超えたときなので、あなたの言動にこれまでずっと我慢してきたということ。

怒らせると怖い人を怒らせてしまったときには、自分はそれだけのことをしたんだと認め、しっかり反省してくださいね。