職場で手を振る男性心理!職場で手を振ってくる男性は脈あり?脈なし?

職場で手を振る男性心理!職場で手を振ってくる男性は脈あり?脈なし?

職場で男性から手を振られる、ということもあるでしょう。

職場はあくまでも仕事をする場所ではありますが、恋愛の場になることも珍しくはありません。

男性に手を振られることから、恋愛に発展するのでは?と期待してしまう人もいるかもしれませんね。

ここでは、職場で手を振る男性の心理や脈ありサイン、脈なしサイン、職場で手を振る男性への対処法について触れていますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

職場で手を振る男性心理

職場で男性から手を振られると、嬉しくもあり戸惑いもあるなど、複雑な感情になるという人も多いでしょう。

つい、私だけ特別なのかな、なんて思ってしまいますが、堂々と職場で手を振る男性は、あなたに恋愛感情は持っていないことが多いです。

詳しく見ていきましょう。

仲間だと思ってる

職場であなたに向かって手を振る男性は、あなたに対して特別な感情を抱いているわけではありません。

あなたのことを、一緒に頑張る仲間、チームメイトだと思っているため、気軽に手を振ってくるのです。

仕事と恋愛を別物として捉えている男性は意外と多く、職場に恋愛感情は持ち込まないというタイプだと、ほぼ確実にあなたのことを単なる仲間だと思っているでしょう。

仲良くなりたい

職場で手を振る男性の中には、あなたと個人的に親しくなりたいと思っている人ももちろんいます。

実際、職場は男女の出会いの場でもありますから、職場での関わりから恋愛に発展することもあるもの。

そのため、あなたと親しくなりたい、仲良くなりたいと思っているからこそ、あなたに向かって手を振ってくるのです。

周りに見せつけたい

あなたが彼にとって憧れの人である、もしくはあなたが男性陣の中で人気が高いなどの場合、優越感に浸りたくて手を振るということもあるでしょう。

あなたと手を振るような関係であること、手を振るくらい仲がいいということを、周りに見せつけたいのです。

好意があることが大半ですが、単なる見栄っ張りということも少なくありません。

頼みたいことがある

そして、あなたに対して何かお願いしたいことがあるときにだけ、手を振る男性もいます。

あなたに仕事を頼みたい、雑用を押し付けたいなどと考えていることが大半で、あなたの顔を見つけるなり「おーい○○さん!」と手を振ってくるでしょう。

恋愛感情などは欠片もなく、あなたのことを断れない人、頼めば何でもやってくれる人と思っていることも多いです。

場の空気を和ませたい

職場で手を振る男性が、上司やチームリーダーなどの場合、もしくはあなたが新人として入社したばかりであるなら、それは男性の気遣いかもしれません。

あなたが職場に馴染めていないかも、緊張してるのかもなどと察し、場の空気を和ませるために積極的に関わろうとしてくれているのでしょう。

勘違いしてしまいやすいのですが、恋愛感情はないので気をつけてくださいね。


職場で手を振る男性は脈あり?脈なし?

さて、職場で男性から手を振られると、ドキドキしてつい次の展開を期待してしまうもの。

しかしながら、先程も触れたように堂々と手を振ってくる場合、あなたに恋愛感情はないことが多いのです。

男性の出す脈ありサイン、脈なしサインを見逃さず、勘違いを防いでいきましょう。

職場で手を振る男性の脈ありサイン

自分にだけ手を振る

職場で手を振る男性は、いつも誰に対して手を振っていますか。

もし、手を振る対象があなただけであるなら、脈ありの可能性もあるでしょう。

人は通常、好きな人のことを特別扱いしてしまうもの。

そのため、あなたに「だけ」手を振るのであれば、あなたのことを特別視している可能性があるのです。

気にかけてくれる

あなたに対して手を振る男性が、あなたにばかり話しかけてくるなどあなたの様子を気にしているのなら、脈ありの可能性あり。

男性が女性を気にかけるのは、少なからず女性に興味があるからだと言えます。

ただし、相手が上司であなたが新人などの関係性である場合などは、必ずしも恋愛感情から気にかけてくれているとは限りません。

こっそり手を振る

職場は男女の出会いの場の定番ではあるものの、仕事をする場所であることに変わりはありません。

「職場=仕事」と割り切っている男性の場合、あからさまに職場で手を振ることはまずないと見て良いでしょう。

こういうタイプの男性は、女性へのアピールとしてこっそり手を振ることがあります。

周りに見つからないように、さりげなく手を振ってくるのは脈ありの可能性大ですよ。

変化に気づく

職場はほぼ毎日通うものなので、同僚とは毎日のように顔を合わせるのが普通です。

いつも一緒にいると、小さな変化は気づかない、見逃してしまうことも増えるものですが、好きな人のことは注意深く観察しているため、変化に気づいてくれるもの。

あなたの小さな変化に気づいてくれるのは、あなたのことを普段からよく見ている証拠なのです。

チラチラ見てくる

職場で手を振る男性と、普段どのくらい目が合いますか?

大抵の人は、好きな人のことを自然と目で追ってしまうもの。

それこそ無意識のうちに相手を見ているので、自分でも気づかないことも少なくありません。

相手が自分に気づくかどうかが気になって、チラチラ見てしまうことも多くなるものです。


職場で手を振る男性の脈なしサイン

誰にでも手を振る

職場で手を振る男性のことをじっくり観察したとき、あなたにだけではなく他の女性にも手を振っているとしたら、それは残念ながら脈なしです。

誰にでも手を振るということは、その男性にとって「手を振る」という行為は、日常の行動に過ぎないということ。

特別なことではないわけですから、あなたのことが好きとは言えませんね。

大きく手を振る

職場で手を振るといっても、手の振り方は様々です。

小さく振る、こっそり振ることもあれば、周りに見せつけるように大きく手を振ることもあるでしょう。

残念ながら、大きく手を振るのはあなたのことを呼んでいると考えられますから、恋愛感情は無い場合が多いです。

職場だからこそ、本命の人には堂々と手を振ったりしないのかもしれません。

必ず仕事を頼む

さて先程、何か頼みたいことがあるときに手を振る男性もいる、という話をしましたね。

つまり、あなたに手を振るとき、男性が必ず仕事を頼んでくるとしたら、手を振るという行為は仕事を頼むためのものである、と言えます。

仕事を頼みたいからあなたに話しかけるために手を振っているのであり、あなたと個人的に関わりを持ちたいわけではありません。

プライベートでは関わらない

いくら職場でフレンドリーに手を振ってくれる男性であっても、それはあくまでも「職場の中だけ」であるなら、脈ありとは言えません。

つまり、プライベートでは関わろうとしないのです。

仕事とプライベートのメリハリをきちんとつけている男性は、職場で仲良さそうに手を振ったりしていても、それはあくまでも仕事の一環でしかありません。

二人きりだと話さない

そして最も分かりやすいのは、周りに人がいるときだと手を振ってきたり話しかけたりしてくるものの、いざ二人きりになるとそっけなくなること。

この場合、男性はあなたをチームメイトとして気にかけており、恋愛感情は持っていません。

もしくは、立場上セクハラなどと言われては困ると思っており、できるだけ二人きりになることそのものを避けていることもあるでしょう。


職場で手を振る男性への対処法や反応の仕方

好きな人が自分に対して手を振ってきたら、素直に嬉しいですよね。

それが職場であっても、気持ちは変わらないもの。

職場で手を振る男性に対し、あなたがどう思ってるのかを明確にしておくことによって、手を振られたときの対応の仕方が変わってくると言えるでしょう。

男性に対して好意がある場合

手を振り返す

好きな男性や好意のある男性から手を振られたら、男性と同じ動作をしてみることがおすすめです。

つまり、男性と同じように手を振り返してみるのです。

自分が手を振ったときに相手も手を振り返してくれたら嬉しいですし、拒否しない=自分に対して好意があるのかなと感じますからね。

近づいて声をかける

職場の男性があなたに対して手を振ってきたら、あなたに何か話したいことがあるのかもしれません。

はっきり呼ばれたわけではなくても、相手が好きな人であるなら近づいていって声をかけてみましょう。

もし、相手がただ手を振っただけであっても、話しかけるチャンスができてラッキーですね。

にっこり微笑む

好意がある男性が自分に対して何らかのアクションを起こしてきたときには、笑顔で受け答えするのは必然です。

自分に向かって手を振ってきたら、にっこりと微笑んでみてください。

ちょっと恥ずかしそうに微笑むのもいいですね。

にっこり微笑むと、それだけであなたの印象も良くなることでしょう。


男性に対して好意がない場合

苦笑いで返す

職場の男性が手を振ってきたものの、その男性に対して好意がないときには、はっきり言って戸惑ってしまいますよね。

そういうときは、苦笑いで返しておけばOK。

急に職場の人が手を振ってきても、困ってしまうのは当然です。

反応に困って苦笑いをすることが続けば、彼もあなたの気持ちを察してくれるのではないでしょうか。

会釈しておく

好意のない職場の男性が手を振ってきたとしても、同じ職場である以上、邪険にするわけにはいきません。

とはいえ、「自分に好意がある」と誤解されるのも不本意ですから、会釈という社交辞令で返しておきましょう。

手を振られても手を振り返すことはせず、ぺこりと頭を下げて自分の仕事に戻ってしまってOKです。

一定の距離を保つ

そして、職場で手を振ってくる男性があなたに好意、もしくは下心などがあるのが明白な場合は、むやみやたらと近づくべきではありません。

あなたに彼に対する好意がないのであれば、一定の距離を保つように心がけましょう。

手を振られても振り返さない、近づいてこられたら離れるなど、徹底的に今の距離感を維持することが大切です。


まとめ:職場で手を振る=好意とは限らない

好きな人から手を振られると、つい「私のことが好きなのかも」なんて思ってしまいますが、思い込みは禁物です。

相手に対して好意があると、人は自分にとって良い結果を決めつけてしまう傾向にありますが、そういうときこそ客観視しなくてはなりません。

特に職場で手を振る男性の場合、その場の雰囲気やチームの雰囲気を良くするため、ということもありますので、思い込みは捨てて慎重に判断していきましょう。