手放したら後悔する女性の特徴|手放さない方がいい彼女の気持ちを離さない方法とは

手放したら後悔する女性の特徴|手放さない方がいい彼女の気持ちを離さない方法とは

彼女と別れた後に「やっぱり手放さなければよかった」と思っても、もう取り返しがつかない場合があります。そうなると、ずっと未練を引きずり続けることになってしまうでしょう。後で自分にとって必要な存在だったと気付いて後悔しないように、付き合っているうちにしっかり手放すべきではない女性であるかどうかを見極めておくことが大切です。
今回は、手放したら後悔する女性について紹介していきます。
手放したら後悔する女性の特徴や、反対に手放しても後悔しない女性の特徴も解説していきます。
また、手放さない方がいい女性と別れてしまう原因・大切にせず後悔している時の対処法についてもお話ししていきます。

手放したら後悔する女性の特徴

「勢いで彼女と別れたけれど、その後に激しく後悔した…」そんな辛い経験をしないために、手放したら後悔する女性の特徴をしっかりと把握しておきましょう。
では、手放したら後悔する女性には具体的にどんな特徴があるのかを解説していきます。恋人と別れようか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

ありのままを愛してくれる

ありのままを受け止めて愛してくれる女性を手放すと、確実に後悔します。
誰にでも欠点はあるものですが、恋人関係になるとどうしても自分の理想像を押し付け合ってしまいがちです。しかし、手放したら後悔する女性は、決して相手に「ああして欲しい、こうして欲しい」と要求することはありません。広い心で、欠点でさえも受け入れてくれるのです。

前向き

常に言動が前向きであることも、手放してはいけない女性の特徴の一つです。
物事を何でも前向きに捉えることができる女性は、一緒に居てポジティブで明るい気持ちになれる存在です。辛い時にはいつも励ましてくれるので、「また頑張ろう」と思える心の支えとなってくれます。

情緒が安定している

情緒が常に安定している女性というのは、とても珍しい存在でしょう。女性は気持ちが不安定になりやすいので、常に穏やかでいるというのは難しいのです。
感情の波が少ないと小さなことで喧嘩になることもないので、平穏な恋人関係を長く続けることができます。

尽くしてくれる

恋人に懸命に尽くしてくれる女性も、手放すと後悔します。
ただ、尽くしてはくれるけど相手に見返りを求めるような女性とは、一緒に居て疲れてしまいます。また、恩着せがましく「やってあげた感」を出すような人もダメです。決して見返りを求めることはなく、相手の為になる行動をさらりとできることが、手放してはいけない女性の特徴です。

依存しない

依存心がなく精神的にしっかりと自立している女性とは、ずっと良い恋人関係を続けていくことができるでしょう。
恋愛至上主義で、彼氏ができるとすぐに依存してしまう女性は少なくありません。また、そんな女性が彼女だととても重荷に感じられます。依存しない女性は恋人の気持ちをちゃんと尊重できるので、一緒に居て窮屈に感じることがありません。

手放さない方がいい女性だけど別れてしまった原因

手放さない方がいい彼女だと分かっていながら別れを選んでしまうのは、他の女性に目移りしてしまったことや、恋愛感情が薄れてしまったことなど、様々な原因があるでしょう。
ここでは、手放さない方がいい女性だけど別れてしまった原因を5つ紹介していきます。

自分の浮気や心変わり

彼女には全く非の打ち所がなかったけれど、自分の浮気や他の女性への心変わりで別れてしまった…そんなケースは多いでしょう。
この場合、彼女と別れてからその浮気相手と交際をスタートさせたものの、結局うまくいかずに「やっぱり元カノがよかった…」と後悔してしまうパターンがほとんどです。

重たくなった

手放さない方がいい女性と別れてしまった原因として、相手のことが重たくなってしまったというケースもあります。
尽くしてくれるのは嬉しいことですが、あまりにも真っ直ぐな気持ちで自分の為に行動してくれると、なんだか罪悪感を感じて重たく思える時があるのです。しかし、別れてから尽くしてくれていたことのありがたみを痛感し、確実に後悔することとなります。

いい子すぎて劣等感が刺激された

手放してはいけない女性は、素晴らしい人間性の持ち主です。そんな女性が彼女だなんて喜ばしいことですが、いい子過ぎて時に劣等感が刺激されてしまうこともあるのです。
男はプライドが高いので、周りの人に自分より彼女のことばかり褒められるのは面白くありません。「自分は彼女より劣っている」と思い始め、次第に彼女をライバル視するようになってしまいます。そして、一緒に居ることが辛くなって別れを選んでしまうのです。

些細な喧嘩

些細な喧嘩が原因で、勢いで別れてしまった…というケースも少なくないでしょう。
喧嘩して感情的になって別れるというのは、どんなカップルにもありがちなことです。彼女が手放すべきではない女性であっても、それは同じことなのです。
ただ、勢いで別れてスッキリする場合もありますが、自分にとって本当に必要だった相手との喧嘩別れは後々激しく後悔してしまいます。

ときめきがなくなった

手放してはいけない女性が彼女だと、自分のありのままの姿を取り繕うことなく全て見せることができますが、その反面恋愛感情がすぐに消えてしまいがちです。異性としてよりも、全く気を遣わない家族のような存在になるからです。なので、ときめきがなくなったことを理由に、男性側が別れを告げてしまうことも少なくはありません。
ただ、この場合も別れてから付き合っていた頃の居心地のよさを痛い程感じて、「別れるべきじゃなかった」と後悔するのです。

手放してはいけない彼女を大切にせず後悔している時の対処法

精一杯自分を愛してくれた彼女を大切にできず、別れて後悔している…そんな時は、まずしっかりと反省し自分磨きをすることから始めて、最終的に復縁をお願いするのが良い対処法です。彼女の気持ちを取り戻すためには、焦らず行動することがポイントです。
ここでは、手放してはいけない彼女を大切にせず後悔している時の対処法について詳しく紹介していきます。

自分のダメだったところを明確にする

なぜ大切にできなかったのか、自分のダメだった所をまずは明確にしましょう。
後悔してすぐに復縁をお願いするのではなく、まずは自分自身の欠点をしっかりと把握し改善する必要があります。ダメだったところ・反省すべき点を紙に書き出し、しっかり改善していく意思を固めましょう。

自分の内面を磨く

ダメだったところを明確にしたら、次に自分自身の内面を磨いていきましょう。
例えば「短気な性格のせいで彼女を傷つけてしまった」と思うのであれば、怒りが込み上げてきたらグッと堪えて冷静になることを習慣付けましょう。「わがままで彼女を振り回した」そう思うなら、周りの人に親切に接して自分より人を優先することを心掛けましょう。自分のマイナス点を意識的に修正していくことで、自然と内面は磨かれていきます。

仕事や趣味に打ち込む

仕事や趣味に打ち込むことで人間性は自ずと高まるので、彼女と再会した時に「変わったな」「素敵な男性になったな」と思ってもらえるでしょう。
彼女と別れたことを後悔してふさぎ込んでいては、あなたの魅力はどんどん減少していきます。仕事に懸命に取り組んで、趣味も全力で楽しみ、自分の時間を充実させて輝きを保つことが大切です。

反省の気持ちをちゃんと伝える

彼女と再会した時は、付き合っていた時に大切にできなかったことに対しての反省の気持ちをしっかり伝えましょう。
謝罪なんて求めるような彼女ではないとしても、誠意を見せるのはとても重要なことです。ただ「反省してる」と伝えるのではなく、具体的に自分のどんなところがダメだったかも言うようにしましょう。そうすれば、「変わったな」と彼女はあなたを見直してくれます。

彼女に復縁をお願いする

自分を誰より愛してくれた彼女ともう一度やり直したくて、次は絶対に大切にできる自信があるのなら、しっかり反省の気持ちを伝えた上で復縁をお願いしましょう。
「もう一度やり直して欲しい」「今度は大切にする」と、彼女の目を真っ直ぐ見てお願いすることが大切です。ただ、1度お願いしただけでは彼女は承諾してくれない可能性もあります。それは仕方のないことなので、諦めずにまた時間を置いて再度申し出ましょう。

手放さない方がいい彼女の気持ちを離さない方法

いくらあなたを心から愛し尽くしてくれる彼女でも、あなたの行動次第ではうんざりして離れていってしまう可能性があります。そうならないためには、彼女に与えてもらうばかりでなく、与えることも心掛けることが大切です。
ここでは、手放さない方がいい彼女の気持ちを離さない方法を詳しく紹介していきます。

尽くしてくれたらちゃんとお返しする

彼女がいつも尽くしてくれるタイプだと、いつしかそれが当たり前のこととなってしまいがちです。彼女が決して見返りを求めるタイプではなくても、尽くしてくれたらちゃんとお返しをすることを心掛けましょう。
そうすれば、良好な関係をずっと続けることができます。

悩み事を聞いてあげる

いつも明るく前向きな彼女でも、人知れず悩みを抱えていることもあるでしょう。いつも気丈に振る舞っている人ほど、誰にも自分の胸の内を明かせずにいるものなのです。
日頃から彼女の様子をしっかりと観察して、落ち込んでいる様子であればすかさず「何かあった?」と声をかけてあげましょう。そうすることで、彼女にとってあなたは自分をいつも気にかけてくれる特別で最も必要な存在になります。

愛情表現をしっかりする

相手から与えてもらうばかりではなく、自分から愛情表現をすることも忘れてはいけません。
ありのままの自分を受け止めてくれるからといって、それに甘えて愛を示さないのはダメです。依存心がない彼女でも、やっぱり彼から愛情を表してもらえると嬉しいものなのです。時々でもいいので、しっかり言葉で「好き」「愛してる」と伝えるようにしましょう。

わがままを言わない

彼女が尽くしてくれるのをいいことに、わがままを言いすぎないよう注意しましょう。
恋人が自分のために行動してくれるタイプだと、ついつい無意識のうちにわがままを沢山言ってしまいがちです。いくら優しい彼女でも、お願い事ばかりされるとうんざりしてしまうでしょう。反対に、彼女のわがままを聞いてあげる位の気持ちを持つべきです。

お互いの時間を大切にする

誠心誠意愛してくれる彼女だからといって、依存してはいけません。お互いの時間を大切にすることは、彼女の気持ちを離さないために必要なことです。
自立心の強い女性は、依存してくる男性に対して魅力を感じません。彼女にとって素敵な男性であるために、最低限自分のことは自分でするという意識をしっかり持つことを心掛けましょう。

手放しても後悔しない女性の特徴

別れるか関係を続けるか…その選択に悩むのは、後で後悔するのが嫌だからでしょう。確かに、一時の感情に任せて別れてしまうと、激しい後悔に襲われるパターンもあります。しかし、相手の性格によっては逆に気持ちが清々する場合もあるのです。
ここでは、手放しても後悔しない女性の特徴を紹介していきます。

浮気癖がある

浮気癖のある彼女は、手放しても後悔しないしむしろ清々するでしょう。
浮気癖のある女性と付き合っていると、常に不安な気持ちがつきまとうので疲れるだけです。また、彼氏を不安にさせていると分かっていながら他の男性と関係を持つのは、かなり自分勝手な行動です。一緒に居ても精神的に不安定になっていくばかりなので、浮気性だと分かったらすぐにでも関係を絶つべきでしょう。

嫉妬深い

嫉妬深い女性も、手放して後悔することはないでしょう。
常に彼氏の周りにいる女性に目を光らせて、ちょっとでも女性と連絡をとっていれば過剰に反応し、激怒したり泣いたりする…そんな女性が恋人だと、ほとんど人付き合いができなくなってしまいます。
社会人になると、異性・同性関係なく仕事上付き合わなければいけなくなるのは当然のことです。それが理解できず嫉妬に狂うのは、あまりにも子供じみています。

束縛が激しい

嫉妬する上に束縛もする…そんな彼女とは、一緒に居ても何もメリットはありません。
束縛が激しい女性は、最初は「女友達と連絡をとり合わないで欲しい」という軽めの要求からはじまり、次第に「会社の飲み会に行かないで欲しい」「会社で異性と話さないで欲しい」と強く行動を制限しようとします。最初は束縛でさえも「愛されている」と感じることができても、どんどん重荷になって精神的に疲れてしまうでしょう。

依存してくる

依存心が強い女性は、自分の人生を恋人に委ねようとします。「結婚したら専業主婦になりたい」「男が女を養って当然」このようなことを平然と公言する彼女とは、早いうちに離れた方が良いです。
もし結婚した時に夫の給料が下がったり、仕事を失ってしまったら、「私も頑張って働くよ」とはならず、夫をただただ責め立てるだけでしょう。しっかり自立心を持った女性を選ぶべきです。

わがまま

わがままばかりで彼氏を振り回す女性も、手放して後悔することはありません。
付き合い始めは彼女のどんなわがままでも「叶えてあげたい」と男性は頑張るでしょう。しかし、それがずっと続くと疲れ果ててしまいます。恋人関係では一方が与えるだけでなく、お互いが与え合うことが大切なのです。

手放したら後悔する女性に愛されていることを誇りに思うべき

手放したら後悔する女性は、素晴らしい人間性の持ち主です。老若男女、様々なタイプの人が好印象を持つでしょう。
あなたの彼女が手放したら後悔する女性の特徴を兼ね備えているなら、そんな素敵な女性に愛されていることを誇りに思うべきです。素晴らしい人に愛されるということは、あなた自身も人間的に優れているということなのです。
そんな素敵な2人なら、間違いなくこれからもずっと良い関係を続けていくことができます。彼女が離れていってしまわないように、今後もしっかりと大切にしてあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA