年下男性の惚れてるサイン!年下男性からの本気アプローチをされたらどうする?

年下男性の惚れてるサイン!年下男性からの本気アプローチをされたらどうする?

「もしかして年下男性から好かれてるかも…」「でもやっぱり勘違いかも…」年下男性の惚れてるサインは分かりにくく、このように悩んでしまう女性は多いでしょう。
そこで今回は、年下男性の惚れてるサインについて紹介していきます。
また、年下男性から本気アプローチをされた時の対処法なども解説していきますので、ぜひチェックしてみてください。

年下男性の惚れてるサイン

年下男性は、様々な場面で好きな女性に好意のサインを示しています。相手に「これが惚れてるサインだとは気づかなかった…」と思われてしまうほど、分かりにくい愛情表現をしていることもあるのです。
ここでは、年下男性の惚れてるサインを「本気編」「職場編」「LINE編」以上3つのパターン別に解説していきます。

年下男性の惚れてるサイン【本気編】

無理して大人ぶろうとする

年下男性は、本気で惚れている女性の前では無理して大人ぶろうとする傾向があります。
弱音や愚痴を言いたくてもグッと堪えて、毅然とした態度をキープし、大人の余裕があることをアピールします。これは「年下の頼りない男子」というイメージを完全に払拭し、1人の大人の男として見て欲しいという気持ちの表れなのです。

いつも心配してくれる

年下男性がいつも自分を心配してくれる…それは、あなたに本気で惚れている証拠です。
男性は年上女性を異性として意識している場合、頼りにしたり、甘えようとはしません。逆に「何か困ってることありますか?」「悩みとかあればいつでも言ってくださいね」と、常に心遣いを見せてくれるものなのです。

嫉妬心をあらわにする

基本的に男性は独占欲が強いので、好きな女性が自分以外の男性と仲良くしていると嫉妬してしまいます。
あなたが他の男性と会話している姿を見て、年下男性が明らかに拗ねたり不機嫌そうな態度を見せてくるのは、それだけあなたに本気だというサインなのです。

かっこいい所を見せようとする

年下男性は、本気で惚れている女性にはかっこいい所を見せようとします。
成功談や自慢話を盛って話したり、見栄を張ってできもしないことを「できる」と言ってしまうなど、自分を大きく見せようとすることもあるでしょう。本人は、大好きな年上女性に少しでも「かっこいい」と思われたくて必死なのです。

奢ろうとする

年下男性ならではの惚れてるサインとして、女性に奢ろうすることも挙げられます。
これは、年下男性なりの「対等に見て欲しい」という気持ちの表れなのでしょう。たとえ年上女性が自分よりも稼いでいたとしても、絶対に支払いをさせようとはせず、全て自分が負担しようと考えているのです。


年下男性の惚れてるサイン【職場編】

何かと手助けしようとする

職場で年下男性が何かと手助けしようとしてくれるのは、あなたに対して好意を持っている証拠です。
男性は無意識のうちに好きな人を見つめているため、困っているように見えたらすぐに駆けつけて助けてあげたくなるのです。また、手助けすることによって「年下男は頼りない」というイメージを取り除こうともしているのでしょう。

プライベートな質問が多い

年下男性は職場で好きな女性に、仕事中にも関わらずプライベートな質問ばかりしてしまう傾向があります。
趣味や休日の過ごし方など、年上女性の私生活の話題に触れることで、親密度を上げようと考えているのでしょう。また、「今週末は何か予定あるんですか?」などとやたら聞いてくる場合は、デートに誘うタイミングを伺っていると考えられます。

デキる男であることをアピールする

年下男性の惚れてるサインとして、デキる男であることをアピールするというものも挙げられます。
好きな女性に認められたい一心でどんな業務にも懸命に取り組み、少しでも成果を残そうとします。良い功績を残したら一番に報告してくる年下男性は、確実にあなたに本気で好意を向けていると言えるでしょう。

退勤時間になると話しかける

年下男性は、退勤時間になると好きな女性に話しかける傾向があります。
あなたが退社しようとするといつも近寄ってくるのは、そのまま食事や飲みに行く流れに持ち込みたいからなのです。帰ろうとしているのになかなか会話を終わらせようとしてくれない…それは、あなたを誘い出すタイミングを慎重に伺っているからでしょう。

遠くにいてもよく目が合う

デスクが遠い年下男性と頻繁に目が合う…それは、相手があなたに好意を持っているからこそ起こる状況なのです。
仕事中に全く興味のない女性を見つめる男性はいません。好きだから遠くにいても目が離せず、目が合うまでずっと見つめてしまうのでしょう。目が合っても視線を外さなかったり、微笑んでくるのであれば、あなたに本気であることは確実です。


年下男性の惚れてるサイン【LINE編】

頻繁にLINEしてくる

「大好きな女性と毎日でもLINEしたい」大抵の男性がそう思っているでしょう。相手が年上であっても、当然その気持ちに変わりはありません。
あなたが既読無視したとしても、次の日にはまた平然とLINEを送ってくる…これは、年下男性が関係を進展させたいと強く望んでいる証拠なのです。

返信が早い

年下男性の惚れてるサインとして、LINEの返信が早いことも挙げられます。
好きな女性とLINEのやりとりをしている時は、たとえ仕事中や用事がある時でもすぐに反応できるように常に携帯を注視しているのでしょう。また、素早く返信することで好意に気づかせようとも考えているのです。

関連記事はこちら▽ LINEの返信が早い男性心理とは?LINEの返信が早い男性の脈ありサインを紹介! LINEの返信が早い男性心理とは?LINEの返信が早い男性の脈ありサインを紹介!

さりげなくタメ口をきく

男性は、好きな年上女性とのLINEのやりとりでさりげなくタメ口をきくこともあります。
LINE上でタメ口をきくのは決して相手をなめているからではなく、「もっと仲良くなりたい」と思っているからなのです。会って会話している時には敬語でしか話せないけど、LINEとなると気が大きくなってタメ口を使える…そんな年下男性らしい気の弱さが垣間見える行動です。

返信が遅くなると謝る

大抵の男性は、異性として好意を持っていない女性へのLINEの返信が遅れても、謝ることはほとんどありません。しかし、大好きな女性が相手だと、遅れたことに対してしっかりと謝罪します。
決して相手が年上だから謝っているわけではなく、好きだからこそ誠実な対応をしたいと思っているのです。

用もないのにLINEしてくる

年下男性が「今何してるんですか?」などと、用もないのにLINEしてくる…それは、あなたに惚れているからこその行動でしょう。
好きでもない女性に用もないのにLINEする男性はいません。ましてや相手が年上となると、気軽な内容のLINEを送るのは躊躇するでしょう。「今何してるんですか?」と送ることで、やりとりを始めるきっかけを作ろうとしているのです。


年下男性の惚れてるサインに見えるけど実は勘違いな行動

「年下男性に絶対に好かれてる」そう確信して自分からアプローチしてみたら、あっさり振られてしまった…そんなことになってしまわないように、惚れてるサインかそれとも勘違いかの見極めはしっかり行いましょう。
ここでは、年下男性の惚れてるサインに見えるけど実は勘違いな行動を解説していきます。

自分の話ばかりしてくる

年下男性が楽しそうに自分の話をしてくると、「心を開いてくれてる」「もしかして好かれてるかも?」と思ってしまう女性もいるでしょう。
確かに心を開いているとは言えますが、基本的に自分の話ばかりするのは「何でも聞いてくれるお姉さん」としか思っていない証拠です。つまり、異性としては全く意識していないと判断できます。

やたら褒めてくる

「可愛いですね」「綺麗です」と年下男性がやたら褒めてきたら、好意を向けられていると思ってときめいてしまう女性は多いでしょう。しかし、やたら褒めてくるのは何か裏がある可能性が高いです。
例えば、直属の上司だから気に入られていれば得をする…などと、よこしまな思いを抱えて煽てているだけという場合もあるでしょう。

頻繁に誘ってくる

年下男性から頻繁に食事や遊びに誘われると、期待してしまうのは当然のことでしょう。しかし、あまりにもコンスタントに誘ってくるのは、完全に友達レベルで慕われているだけだと考えられます。
好きな女性をデートに誘う時、男性はかなり慎重になるものなのです。

他の女性と比べて丁寧に接してくれる

年下男性が、他の女性と比べてあなたに丁寧に接してくれると「女として大切に扱われてる」と浮かれてしまうでしょう。しかし、これは惚れているサインではなく、実はあなたにビビってるだけという可能性が高いです。
「あの人は怖い」「怒らせたくない」あなたに対してこのような恐怖心を抱えているため、誰よりも丁寧に慎重に接しているのでしょう。

何かと頼りにしてくる

年下男性から頼りにされると、「惚れられてるかも」と勘違いしてしまう女性は少なくないでしょう。しかし、基本的に男性は本気で惚れてる女性のことは、頼りにしないものです。
たとえ年上であっても、好きな女性に対しては「頼られたい」「守ってあげたい」と大抵の男性は思うでしょう。


年下男性のバレバレな興味ないサイン

基本的に年下男性は、恋愛感情を全く持っていない年上女性に対してはかなり淡白な対応をする傾向があります。かなり分かりやすく興味がないことを態度で表すので、「冷たい」「感じ悪い」と年上女性から思われてしまうこともあるでしょう。
ここでは、年下男性のバレバレな興味ないサインを紹介していきます。

自分から全然話しかけてこない

年下男性は、全く興味のない女性には自分から話しかけることがありません。
仕事の用件を伝えなくてはいけない時など、どうしても話す必要がある場合にのみ声をかけるだけで、他は一切話しかけない…これほど分かりやすい脈なしサインはないでしょう。あえて話しかけないようにしているわけではなく、興味がないから話す気が起きないのです。

2人きりになりたがらない

年下男性は、興味のない女性とは2人きりになりたがらない傾向があります。
大勢の人がいる場でなら問題なく接することができても、2人きりの食事などは絶対に避けようとするのは、「好意を持ってると勘違いされたくない」という思いがあったり、または興味がないどころか苦手意識を持っている場合もあるでしょう。

LINEの返信が遅い

年下男性のバレバレな興味ないサインとして、LINEの返信が遅いことも挙げられます。
あなたがLINEをした数日後に返信してきたり、既読無視されることもある…それは、あなたのことを1ミリも異性として意識していない証拠なのです。好きな女性が相手なら、男性ははりきってすぐにでも返信します。

会話が全く盛り上がらない

年下男性との会話が全く盛り上がらないのは、完全に興味を持たれていない証拠です。
あなたから話を振るばかりで、相手から一切話題提供がないのは、あなたについての情報を知りたいと全く思っていないからでしょう。また、年齢差があるので「何を話せばいいか分からない…」と戸惑っている可能性もあります。

「年下がタイプ」と言ってくる

男性が「年下がタイプなんです」と年上女性を目の前にして言うのは、年上女性に対して「あなたには全く興味がないです」と言っているようなものです。
こんなにもはっきりと興味なしであることを宣言するのは、年上女性から「好意を持たれてる」と感じているからでしょう。恋愛感情を持たれ続けても困るから、遠回しに年上女性を振っているのです。


年下男性からの本気アプローチをされたらどうする?

年下男性から本気アプローチをされた時は、真剣な気持ちで向き合うことが大切です。あなたも彼に好意があるならしっかりと相手の気持ちを受け止めて、好意がないのであれば思わせぶりな行動はしないよう注意しましょう。
では、年下男性から本気アプローチをされた時の対処法について詳しく解説していきます。

年齢差を意識せず向き合ってみる

年下男性から本気アプローチをされた時は、まず年齢差を意識せずに1人の男性として向き合ってみましょう。
年下と思うとどうしても「頼りない」「男らしくない」という先入観が先行してしまいますが、それさえ取っ払えば新たな魅力を見つけられる可能性が高いです。あなたにとっても本気の恋愛に繋がる可能性があるので、しっかり向き合うことから始めてみてください。

2人きりの時間を作る

本気のアプローチをしてくれる年下男性と、あなたも「親密になりたい」と考えているなら、積極的に2人きりの時間を作るようにしてみましょう。
職場などの大勢の場では、どうしても心の距離感を縮めることは困難です。軽く食事やデートに誘って、お互いのことを良く知るための機会を設けましょう。そうすれば、自然と仲が深まっていきます。

相手に主導権を握らせる

年下男性に本気アプローチをされた時は、あなたからもグイグイアプローチを仕掛けるのではなく、相手に主導権を握らせてあげることが大切です。
年下男性は、好きな年上女性にリードされることを望んでいません。「頼られたい」「自分が導いてあげたい」と考えているのです。あなたが主導権を譲ることで自ずと彼は男としての自信をつけて、自分から告白してくるでしょう。

告白しやすいムードを作ってあげる

主導権を握らせることは大切ですが、何もかも委ねるのではなくある程度はさりげなくアシストしてあげましょう。あなたが告白しやすいムードを作ってあげれば、スムーズに関係を進展させることができます。
男性は意外とロマンチストなので、雰囲気の良い場所に連れ出せば「今がチャンス」と考え思い切って告白する傾向があるのです。

異性として見れないならはっきり断る

年下男性が本気のアプローチをしてくれているけど、あなたは全く彼を異性として見れない…その場合は、食事やデートに誘われたとしてもはっきりと断ることが大切です。
それだけでなく、日頃から彼に優しくしすぎないこと・真剣に話に耳を傾けないことも心掛けましょう。丁寧に接してしまうと「もしかして脈ありかも」と思わせてしまう危険性があるので、好意がないことをしっかりと態度で示してあげてください。


【番外編】既婚女性にする年下男性の惚れてるサイン

好きになった女性が年上でしかも既婚者…そんな場合でも、年下男性は様々な言動で相手に好意を示します。自分でも無意識のうちに惚れてるサインを出してしまっていることもあれば、勇気を出して意識的に好意を表していることもあるでしょう。
ここでは、既婚女性にする年下男性の惚れてるサインを詳しく紹介していきます。

家族の話を聞きたがらない

年下男性が既婚女性の家族についての話を聞きたがらないのは、完全に惚れてるサインだと言えます。
好きな女性の口から旦那や子供の話を聞かされると嫉妬心しかわいてこないので、できるだけ避けたいと考えているのでしょう。男性は独占欲が強いので、そんな話を聞くのは耐えられないのです。

休日の予定をやたら聞く

既婚女性に年下男性が見せる惚れてるサインとして、休日の予定をやたら聞くというものも挙げられます。
休日に家族と過ごすことが多いか少ないかをリサーチし、自分が入る隙があるか確認しようとしているのでしょう。「休日は何もしない」「いつも暇してる」なんて答えが返ってきたら、デートにでも誘ってみようとも考えているのです。

既婚女性の旦那を悪く言う

年下男性が既婚女性の旦那を悪く言うのは、完全に惚れてるサインです。
好きな女性の旦那を悪く言うのは、単純に嫉妬しているからという場合もありますが、「自分の方があなたに相応しい」とアピールしている可能性もあります。「旦那さん酷いですね…俺ならこうしてあげるのに…」などと自ら宣言することで、既婚女性の気を引こうとしているのです。

自分の魅力を最大限にアピールする

男性にとって年上の既婚者女性は、どれだけ好きになっても絶対手の届かない存在です。そのため相手に少しでも「素敵な人」と思ってもらえるように、自分の魅力を最大限にアピールしようとします。
例えば、仕事を一生懸命頑張って成果を上げたら一番に報告するなど、とても健気な方法で自分の魅力を知ってもらおうとするのです。

2人きりのデートに誘ってくる

年下男性が既婚女性を2人きりのデートに誘う…これは、確実に好意のサインと言えるでしょう。
既婚女性をデートに誘うのは、当然男性にとって勇気を必要とすることです。既婚というだけでなく年上となると「相手にされないかも…」という不安も抱えているでしょう。そんな中2人きりで会いたいと申し出るのは、自分の気持ちをどうしても止めることができないからなのです。「いっそのこと諦めがつくようにキッパリ断って欲しい」と、半ばやけくそになっているのでしょう。


年下男性に惚れられるのは魅力があるという証拠

年下男性に本気で惚れられてアプローチをされた時、「年上の女の何が良いんだろう…」と戸惑ってしまう女性が多いでしょう。確かに、男性は若い女性が好きというイメージが強いですが、年上女性を恋愛対象としている男性も少なくはないのです。
また、年下男性に本気で好かれるのは、それだけあなたが魅力的だという証拠でもあります。いくら年上好きの男性でも、人間的魅力のない年上女性に好意を抱く事はありません。年下男性に惚れられたら、戸惑うよりも自分自身を誇らしく思いましょう。