40代独身男性の恋愛心理や特徴は?40代独身男性の悲惨な末路とは

40代独身男性の恋愛心理や特徴は?40代独身男性の悲惨な末路とは

20代・30代ならまだ結婚に対しての焦りを感じることは少ないですが、40代で独身となるといよいよ結婚について真剣に考えなければいけないと思い始める男性は多いでしょう。しかし、40代男性がいざパートナー探しを初めてもなかなか上手くいかない場合が多く、「このまま独身のままかも」と不安を抱えてしまいます。
今回は40代独身男性の恋愛心理・婚活が上手くいかない理由などを紹介していきます。自分にあてはまる点がないかをチェックし、改善するために役立ててみてください。
更に、婚活が上手くいかない40代男性の特徴や、このまま独身でい続けることで辿りつく可能性のある悲惨な末路についても紹介していきます。

40代独身男性の恋愛心理

40代の独身男性の恋愛観は、人によって本当に様々です。恋人と依存し合わない関係を求めている人もいれば、反対に相手に尽くして欲しいと考えている人もいます。また、多くの人に共通するのは、若い女性をパートナーにしたいという願望があることです。
ここでは、40代独身男性の恋愛心理について詳しく解説していきます。

パートナーとはお互いに自立していたい

40代独身男性には、パートナーとはお互いにしっかり自立していたいと考えている人が少なくありません。つまり結婚したとしても、相手には仕事を続けていて欲しいし、趣味などの自分の時間も大切にして欲しいと思っているということです。
なぜなら、恋人ができても、結婚したとしても、自分自身がパートナーに寄りかかってこられるのが嫌だからです。仕事も趣味も、フリーの状態の時と同じくらい楽しみたいのでしょう。

恋愛対象は基本的に年下の女性

40代独身男性の恋愛対象は、基本的には年下の女性です。
年下の女性を求めるのは、結婚することを踏まえているからでしょう。結婚をして子供を持つ場合、若い女性の方が妊娠・出産の際のリスクが少なく、体力があるので子育てもしっかりしてくれると期待しているのです。
また、中には20代の若くて可愛い女の子にしかときめかないという、単純に年下好きなだけの40代男性もいます。

恋人ができたらすぐ結婚したい

早く独身の状態から抜け出したいと焦っている40代男性の場合は、恋人ができたらすぐにでも結婚したいと望んでいるでしょう。
40代で独身だからといって、完全に結婚を諦めていたり、自ら結婚しない人生を選んでいる人ばかりではありません。これまで恋人はいたけど、結婚のタイミングが合わず婚期を逃し続け40代に突入した人だっているのです。

自分からのアプローチは躊躇してしまう

40代の独身男性は、恋愛でつい受け身になってしまいがちです。それは、「こんなおじさん誰も好きになってくれない…」と、自分を卑下しているからでしょう。
また、若い男性のように恋愛にガツガツすることを「恥ずかしい」と思っている人もいます。自信のなさやプライドの高さが邪魔をして、気になる女性が現れても何も行動に起こすことができず、どんどんチャンスを逃すこととなってしまうのです。

尽くしてくれる女性がいい

40代独身男性の中には、自分に尽くしてくれる女性を求める人もいます。
このタイプは「女は男に尽くすべき」と、少し時代遅れの考え方を持っているのです。しかし、今時そんな考えを承諾してくれる女性は少ないでしょう。「40代の売れ残りのくせに贅沢な男」と嫌われてしまうことの方が圧倒的に多いのです。


なぜ?婚活が上手くいかない40代独身男性の特徴

「なぜか婚活が上手くいかない…」そう悩んでいる40代独身男性は少なくないでしょう。婚活で女性に選んでもらえないのは、あなたが無意識に女性達を不快な気持ちにさせるような言動をとっていることが原因と考えられます。
ここでは、婚活が上手くいかない40代独身男性の特徴を詳しく紹介していきます。

自尊心が高すぎる

40代独身男性の婚活が上手くいかないのは、自尊心が高すぎることが原因となっている可能性があります。
自分に自信があるのは悪いことではありませんが、いい歳をしたおじさんの場合は少し厄介です。つい自慢話をしすぎたり、かっこいいところを見せようと張り切るため、逆に「痛い」「ダサい」と思われてしまいます。

身の程知らず

40代独身男性の婚活が上手くいかないのは、相手に「身の程知らず」と思われるような言動をとっていることも原因の一つです。
例えば、自分のことを棚に上げて同年代の独身女性のことを「売れ残り」と悪く言ったり、現実的ではない「理想の女性像」を語るなど、そういった行動は周りの女性達をドン引きさせます。謙虚じゃない40代独身男は、どんな女性から見ても最低なのです。

若い女性だけをターゲットにしている

若い女性だけをターゲットにしている場合も、婚活はなかなか上手くいかないでしょう。自分的には結婚後の将来設計を考えた上で20代の女性との結婚を望んでいたとしても、他者から見ると「ただの若い子が好きなスケベなおじさん」と思われてしまうことがあるからです。
また、若い女性に好かれようとして、年齢に不相応な言動やファッションをしてしまう人は、逆に「勘違いおじさん」と敬遠されてしまいます。

自立していない

40代独身で実家暮らし…このようなタイプの男性は、女性から「幼稚」「親離れできていない」と思われてしまい、初めから相手にもされないことが多いです。自立できていない男性は、女性から見ると共に家庭を築くには頼りなさすぎるのです。
実家で親と暮らしてはいるけれど、ちゃんと家にお金は入れている…そうであったとしても、「いつまでも親元を離れられない=精神的に未熟」と判断されてしまいます。

女性を見下している

女性を見下すような発言をしてしまう40代男性は、絶対に婚活が上手くいくことはないでしょう。
相手が女性というだけで、上から目線で偉そうな発言ばかりしてしまう男性は少なくありません。「男って大変なんだよ」「女の子には分からないよね」こういった言葉を平然と口にすると、「女性を軽視している」と捉えられてしまうことがあるのです。現代の女性は、お互い対等であることを強く望んでいます。


40過ぎて独身の男性には何かあると言われる理由

40過ぎて独身なのは「本人の人間性に問題があるから」と言われてしまいがちですが、必ずしもそういうわけではありません。本人に原因があるのではなく、「結婚している人=人間的に優れている」と思い込んでいる人が、いまだに多く存在していることも要因となっているのです。
ここでは、40過ぎて独身の男性には何かあると言われる理由を詳しく解説していきます。

40代は結婚している人がほとんどだから

40過ぎて独身の男性に欠陥があると言われてしまうのは、40代の男性のほとんどが結婚しているからでしょう。
ただ、誰もが結婚しているように見えるだけであって、実際には40代の男性の4人に1人が独身であると言われています。「40歳を過ぎたら皆結婚している」という先入観を持っている人が多いだけなのです。

既婚者が優越感に浸りたいだけ

「40過ぎの独身男は何かがおかしい」既婚者がそういった発言をするのは、「結婚している自分は勝ち組である」と優越感に浸りたいからでしょう。
また、「結婚していること=自分には価値がある」という考え方の人は少なくありません。そういうタイプは、独身の人を見下すことで更に自己肯定感を高めようとしているのです。

日本人は少数派を受け入れられない人が多い

ある程度歳を重ねると、独身は「少数派」に分類されます。とはいえ人の生き方は様々で、多数派に属しているからといって立派なわけでも、人間的に優れているわけでもないのです。
しかし、日本人の多くは少数派を受け入れられず、すぐに「おかしい」と決めつけてしまう傾向があります。40代独身でも素晴らしい人間性を持つ男性もいるのに、視野の狭さが原因でその事実が見えないのです。

「結婚するのが当然」という価値観の人が多い

40代独身男性が何かあると言われてしまうのは、「結婚するのが当然」という価値観の人が圧倒的に多いからです。
結婚して子供を持ち、温かな家庭を築く…それが人間として普通のルートで、そこから外れた人をまるで異常者のように見る人は存在します。そういったタイプは、「当然のことができないのだから、人間として欠陥があるはず」そんな偏見に満ち溢れた思考を持っているのです。

協調性がないイメージがある

40代で独身の男性に大きな欠点があると思われがちなのは、「マイペースすぎて協調性がない」というイメージがあることも原因の一つでしょう。
家庭を築くためには、ある程度自分のやりたいことを我慢して、妻や子供に合わせてあげる必要があります。「人に合わせるのが嫌だから、独身でいることを選んでいるのでは?」と、いい歳をして独身でいると周りに思われてしまうのです。
確かに、40代まで周りに流されることなく独身を貫いてきた男性は、かなりマイペースであるとは言えます。しかし、だからといってわがままで自分勝手な人というわけではないのに、勝手にマイナスイメージを持たれてしまうのです。


40代独身男性の悲惨な末路

40代でまだ独身だと「このまま独身を貫いたら、自分の将来はどうなってしまうのだろう…」そんな不安がよぎることもあるでしょう。生涯独身でも楽しく生きていける人ももちろんいますが、みじめな暮らしをすることになってしまう人も少なくはありません。
ここでは、40代独身男性の悲惨な末路を紹介していきます。

そのうち女性に相手にされなくなる

40代独身男性が高望みして婚活を続けていたら、そのうち完全に誰からも相手にされなくなってしまいます。
40代ならまだ、20代の女性から見て「大人の魅力がある素敵な男性」と思ってもらえる可能性がありますが、相当外見を磨かなければ50代に突入した途端「ただのおじさん」扱いされてしまうでしょう。そうなると、若い女性だけでなく30代・40代の女性からも見向きもされなくなってしまいます。

独身というだけで変人扱いされる

誰にでも欠点はあるものですが、「40代で独身」というだけでどんな小さな欠点も大袈裟に捉えられ「やっぱり変人だから独身なんだ」と周りから決めつけられてしまうこともあるでしょう。
ちょっとしたことで変人扱いされ、その結果周りからどんどん人がいなくなってしまうのです。

家族がいなくて孤独感が増す一方

40代なら、まだ仕事にも趣味にもパワフルに取り組むことができるので、家族がいない寂しさを心から感じることは少ないでしょう。
しかし、年齢を重ねるにつれて何かに意欲的に取り組む気力も体力も衰え、それと同時に家族がいない孤独感が一層増していきます。

親がいなくなって困る

40代独身で実家暮らしをしている男性の場合、親が病気になったり亡くなってしまった時に困り果ててしまいます。掃除や洗濯・炊事…自分の身の回りのことをやってくれる人が誰もいなくなってしまうからです。その時になって「もっと家事を教わっておけばよかった」と思っても、もう遅いのです。
また、これまで感じたことのない寂しさに襲われることにもなります。家の中はぐちゃぐちゃで、食事はいつもスーパーの総菜やインスタント食品…そんなみじめで悲惨な日々にうんざりしてしまうでしょう。

「結婚しておけばよかった」と後悔する

今は独身の生活を心から謳歌していて「ずっとこのままでも良い」と思っていたとしても、後々「結婚しておけばよかった」と激しく後悔する可能性もあります。
40代男性は、余程見た目が老け込んでいなければ、まだまだ若い女性と自由な恋愛を楽しめる年齢です。しかし、歳を重ねるにつれて老いを隠しきれなくなり、若い女性からは見向きもされなくなってしまいます。その時になって強烈な寂しさに襲われ、「やっぱり結婚しておくべきだった」と嘆いても、パートナーを見つけるのはかなり困難でしょう。


大人の余裕をアピールすれば40代でも結婚できる

「このまま自分は結婚できず老いていくのか…」40代独身男性の中には、そう悩んでいる人も少なくないでしょう。しかし、諦める必要はありません。
40歳を過ぎているのにわがままで自分勝手に振る舞っていれば、結婚できる可能性はかなり低くなります。しかし、40代ならではの「大人の余裕」をしっかり女性にアピールすれば、女心を掴み結婚にこぎつけることは可能です。自分自身に幼稚な一面がないかしっかり見直し、悪いところが見つかったらどんどん改善していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA