40代で若く見える女性の特徴は?40代で若く見える女性がやっていることを紹介!

40代で若く見える女性の特徴は?40代で若く見える女性がやっていることを紹介!

40歳をすぎているのに20代・30代に見える女性は、最近では少なくありません。女性にとって歳を重ねても若く見えることは憧れであり、その秘訣を知りたいと誰もが思うでしょう。
そこで今回は、40代で若く見える女性について紹介していきます。
40代で若く見える女性の特徴や、男性にはどう思われているのかを解説していきます。
また、40代で若く見える女性がやっていること・若く見られたい女性がやってはいけないNG行動も紹介していきますので、ぜひ役立ててください。

40代で若く見える女性の特徴

40代なのに20代・30代に見える女性は、行動や性格が同年代の人達に比べてアグレッシブで前向きなことが特徴的です。また、年齢や性別を越えて、誰からも好かれる人柄を持っています。
ここでは、40代で若く見える女性の特徴を詳しく紹介していきます。

明るくて元気

若く見える40代の女性は、明るくて元気があることが特徴的です。
年齢を重ねているとは思えない程パワフルで、若い人と同じぐらい仕事にも恋愛にも積極的です。実際の年齢を聞いたら誰もが驚くほど、エネルギーに満ち溢れています。同年代の女性にとっては、とても羨ましく思えることでしょう。

社交的

年齢や性別に関係なく誰とでも仲良くなれることも、40代で若く見える女性の特徴の一つです。
歳を重ねある程度の人生経験を積んでいる女性は、自分の勘を信じ切って苦手な人・好きな人をパッと見の印象で決めつけてしまいがちです。しかし、40代でも若々しい女性は人を第一印象で判断したりしません。先入観を持たず誰にでも平等に接するので、誰からも良い印象を持たれるでしょう。

若い人を批判しない

40代で若く見える女性は、決して若い人を批判したりしません。
「最近の若者は」「若いから頼りない」自分よりずっと若い人たちを目の前にすると、こんな発言をする40代の人達は少なくありません。言われた方は批判としか思えず、とても気分が悪くなります。
若々しい女性は相手の年齢に囚われることがないので、若いからと言って見下すことがなく、年下の人達とも親密な関係を築くことができます。

新しいことをどんどん取り入れる

「もうおばさんだから…」そう言って流行に背を向けることなく、新しいことをどんどん取り入れるのも、40代で若く見える女性の行動の一つでしょう。
歳を重ねると、流行りに乗っかることを「かっこ悪い」「若作り」と考え、敬遠してしまう人は少なくありません。確かに過剰に若作りするのは不自然ですが、良いと思うものはどんどん取り入れるべきです。若々しい女性は、周囲の目を気にすることなく自分が良いと思うことは取り入れるし、やってみたいことには挑戦します。

考え方が柔軟

歳を重ねる毎に考え方が凝り固まって、頑固になってしまう人は多いです。しかし40代でも若く見える女性は、とても考え方が柔軟です。
だからといって、自分軸がないとか、優柔不断というわけではありません。自分の考えをしっかりと持ちながら、他者の価値観を受け入れることができる…それが、いつまでもフレッシュな気持ちでいられる秘訣なのでしょう。


40代で若く見える女性の顔・見た目の特徴

40代で若く見える女性は言動や考え方が若々しいだけでなく、やはり顔や見た目にも同年代の女性達より若さが感じられます。中には、40代なのに20代に見える女性も存在します。
ここでは、40代で若く見える女性の顔・見た目の特徴を詳しく紹介していきます。

肌がキレイ

シミ・そばかす・シワ…40代の女性にとってこういった肌の劣化はとても悲しいことですが、仕方のないことでもあります。しかし、実年齢より若く見える女性は、基本的にシミやシワなどの劣化がほとんど見られず、肌がとてもキレイです。
肌の美しさが保たれているのは、生活習慣が整っていたり、美容に対しての意識が高いからでしょう。本人の努力の賜物なのです。

若作りはしていない

40代で若々しく見えるのは、決して若作りをしているからではありません。逆に、若作りすればするほど不自然になり、おばさん感が増してしまう傾向があります。かといって、自分の年齢を意識したファッションやメイクを選ぶわけでもないのです。
若作りするわけでも、年齢を過剰に意識するわけでもなく「自分自身に似合うかどうか」を、一番重要視しているのでしょう。

流行を抑えた髪型・ファッション

40代で若く見える女性は、流行を抑えた髪型やファッションに挑戦します。かといって、全身を流行のもので固めることはありません。そうしてしまうと、結果的にただの「若作りのおばさん」になってしまいます。
流行りに振り回されるのではなく、自分が良いと思えるもの・似合うものだけを取り入れます。要するに、40代で若く見える女性は非常におしゃれな人ということなのです。

ナチュラル風なメイク

40代になって発生した肌の劣化・トラブルを厚化粧で誤魔化す…そうすることで、更におばさん感が増してしまいます。
40代でも若く見える女性は、厚化粧だとしてもナチュラル風に見せられる高いメイク技術を持っていたり、そもそも肌がとてもキレイでメイクが薄いなどの特徴が見られます。

姿勢が良い

40代女性が猫背だったりガニ股だったりすると、かなりおばさん感が強くなってしまいます。若く見える女性は、背筋がピンと伸びていて、常にシャキっとした姿勢を保っています。
また、姿勢が良いだけではなく「腰が痛い」としょっちゅう嘆いたり、立ち上がる時に「よいしょ」と掛け声を出すなど、おばさんくさい発言をすることもありません。


40代で若く見える女性に対する男性心理

40歳を過ぎているのに若く見える女性に対して、多くの男性が好感を持っています。同年代でも年上・年下であっても、恋愛感情を持っている男性は少なくはありません。また、もちろん異性としてだけでなく1人の人間としても愛される存在です。
ここでは、40代で若く見える女性に対する男性心理を詳しく紹介していきます。

異性として魅力的

多くの男性は40代で若く見える女性に対して、異性としての魅力を感じています。
20代・30代の女性が見た目も言動も若々しいのは当然のことで、それにプラスして若者ならではの軽率さも持っています。しかし、40代でも若々しい女性の場合は、見た目・言動は若く、その上軽率な面がなく人としてちゃんとしているところが男性にとっては大きな魅力なのです。要するに多くの男性にとって、見た目も内面も完璧ということでしょう。

ギャップが素敵

見た目や言動は若いけれど、中身はちゃんとしている…そのギャップが素敵だと思う男性も多いです。
ギャップはモテるためのとても重要な要素です。40代で若く見える女性は、自分でも無意識のうちに相手に意外性を感じさせているから、どんな年代の人からも恋愛感情を持たれやすいのです。

元気をもらえる

40代で若く見える女性は、同年代や年上の男性にとって元気をもらえる存在です。
歳を重ねても見た目が若く、シャキシャキと行動できる…そんな女性を見ると「自分も頑張ろう」という気持ちになれるのでしょう。40代で若く見える男性に対しては、嫉妬心や悔しい気持ちを持ってしまいますが、異性だからこそ好感を持てるのです。

同じ目線に立ってくれることが嬉しい

若い男性は、年上だからといって偉そうに上から目線で喋ってくる女性に苦手意識を持っています。反対に、40歳を過ぎていても同じ目線に立って悩みを聞いてくれたり、気軽に話しかけてくれるのはとても嬉しいことなのです。
また、嬉しい気持ちがいつしか異性としての好意に変わっていることも、珍しくはありません。

自慢の存在

40代で若く見える女性がパートナーだと、男性は周りの人達に自慢したくなります。それは、同年代や年上の男性でも、年の離れた若い男性であっても同じことです。
自慢したくなるのは、年齢に反してとても若いことは誰にとっても魅力的に感じることだからでしょう。パートナーを「すごい」「羨ましい」と言われると、自分まで褒められたような気分になり優越感に浸ることができるのです。


40代で若く見える女性がやっていること

いくつになっても若々しくいられる女性は、精神的にも肉体的にも老化しないように、明るく前向きでいることや、生活リズムが乱れないように気をつけながら日常を過ごしています。
ここでは、40代で若く見える女性がやっていることを詳しく紹介していきます。

いつも笑顔でいる

40代で若く見える女性は、いつも笑顔でいることを心掛けています。
「頻繁に笑顔を作っていると笑いジワができてしまう…」そんなことを心配している女性も少なくないでしょう。しかし笑いジワがあることよりも、口角があがっていない方が老け込んで見える原因になります。

ポジティブな発言しかしない

40代で若く見える女性は、人前ではポジティブな発言しかしません。
心の中で「辛い」「しんどい」と思っている時、それを言葉にすることでもっとネガティブな感情に支配されてしまいます。「頑張ろう」「楽しい」こういった明るい言葉を発していると、しんどくてもパワーがわいてきてアグレッシブになることができるのです。

規則正しい生活

規則正しい生活をちゃんと送っている人は、40歳を過ぎても若々しくいられます。
夜更かしすることなくしっかりと睡眠をとり朝は早く起きる、そして1日3食きちんと食事をとる…このようなちゃんとした生活を送るのは、簡単なように思えてなかなかできることではありません。ストイックにそういった生活を続けているからこそ、心身ともに健康で美しくいられるのでしょう。

適度に運動している

大人になると慌ただしい日常生活の中で、運動する時間を自ら作ろうとはなかなか思えないものです。しかし40代で若く見える女性は、適度に体を動かすことも欠かさずに行っています。
運動は体に良いだけでなく、ストレス発散にもなり気分がスッキリとします。だからこそ、毎日明るく元気で若々しくいられるのでしょう。

おしゃれを楽しむ

40代で若く見える女性は、おしゃれを楽しむことも忘れていません。40歳をすぎると「もう歳だから」と言って、服装やメイクに手を抜いてしまう女性は少なくないでしょう。
おしゃれをすることはただ外見的に良くなるだけでなく、気持ちも充実して明るく毎日をすごせるようになるのです。また、いくつになっても自分磨きを怠らない向上心も、心が老けないためには必要なのでしょう。


若く見せたい40代女性がやってはいないNG行動

周りの人達に若く見られたいのであれば、不健康で乱れた生活・ネガティブな言動・外見を磨くことを疎かにする…こういった行動はしないように心掛けましょう。
ここでは、若く見せたい40代女性がやってはいけないNG行動を詳しく紹介していきます。

不規則な生活

40代でも若く見られたいのであれば、不規則な生活をしないよう心掛けなければなりません。
ある程度歳を重ねた女性が夜更かししたり暴飲暴食するのは、美容にも健康にもよくありません。また、「寝不足」「疲れてる」というのが明らかに顔に出てしまい、最悪実年齢よりも老けて見える危険性もあるので気をつけましょう。

不平不満ばかり言う

40歳をすぎた女性が不平不満ばかり言っていると、周りから「おばさん臭い」と思われてしまいます。
また、「疲れた」「面倒くさい」「しんどい」こういったネガティブな言葉は、歳を重ねた女性が言うと重みがありすぎて場の空気を悪くしてしまいます。人の悪口や陰口も、若い人たちが言うより嫌味に聞こえるので絶対に言わない方が良いです。

若い人の粗探し

若さに対しての羨ましさが嫉妬心に変わり、つい若い人の粗探しをしてしまう40代女性は少なくないでしょう。しかし、そんなことをやればやるほど精神的に老いてしまいます。
また、粗探しをしたあげく、見つけ出した欠点を本人に伝えてしまうのはもっと最悪です。「意地悪なおばさん」と影で言われることは間違いありません。若さに嫉妬するのではなく、パワーをもらって「私も頑張ろう」と前向きに思えるようにならなければいけません。

身なりに気を遣わない

「おばさんだから着飾ってもしかたない」そう考えて身なりに気を遣わなくなってしまうと、当然おばさん化が進み若さはどんどん失われていきます。
40代にもなると、どんな人でも若い頃に比べたら見た目も心も老いてしまいます。でも、だからといって開き直ってはいけません。若く見られたいなら、自分を魅力的に見せられるファッションやメイク・髪型を日々追求すべきです。

若作り

身なりに気を遣わなさすぎるのもダメですが、若作りしすぎるのも危険です。「若く見られるためには若い人の真似をすればいい」という、非常に短絡的な考えにいきついてしまう人もいるでしょうが、それは完全に逆効果となってしまいます。40代女性が20代の女の子と同じような髪型・ファッションをしても、不自然で余計におばさん感がされてしまうでしょう。
無理に若く見せようとするのではなく、ナチュラルに素敵に見せることを心掛けましょう。


年を重ねても若々しい40代女性は誰が見ても素敵

20代・30代の女性に若さが感じられるのは当然のことですが、40代女性が若々しく見えるのは本人の日頃の努力があってこそなのです。
内面も外見も若くいたい・輝いていたいという思いがあり、向上心を持って日々を過ごせるというのはとても素晴らしいです。単に見た目が若いから魅力的に思えるのではなく、歳を重ねても自分を高めようと思えるその精神性に多くの人が引きつけられるのでしょう。
いくつになっても誰が見ても素敵な女性でいられるように、日々自分を高めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA