年下彼氏の6つのメリット・デメリットと結婚を意識させるには?

年下彼氏の6つのメリット・デメリットと結婚を意識させるには?

年下の男子と付き合ってる女性には、その彼氏に対してメリットとデメリットを感じてることがあります。

もちろんあなたにはメリットと感じるものでも、他の人にはデメリットとなるケースも少なくありません。

しかし確実に、年上の彼氏にはない年下彼氏ならではのものが存在するのは間違いありません。

では一体どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

そこで今回は年下彼氏のメリットとデメリットについてご紹介していきますので、あなたの考えと照らし合わせてみながらご覧ください。

そして年下の彼氏と付き合う上で悩みがちなのが結婚です。

もしあなたも悩んでいるのであれば年下彼氏に結婚を意識させるきっかけについてもう触れていますので、ぜひ参考にしてみてください。

年下彼氏のメリットとは

元気・体力がある

人間は加齢とともに体力が衰えていく事が当たり前なので、年下彼氏は女性よりも体力的な不安が非常に小さくなり、これは様々な面でのメリットに繋がっています。

例えば、ウインドウショッピングなどでも男性が体力十分なら長時間でも付き合ってくれますし、多少疲れていても自分の部屋などではなく外でのデートに応じてくれる可能性は高いです。

また、部屋の模様替えなども年下彼氏は手伝ってくれるケースはとても多く、こちらは体力的な余裕があることも理由ですが、それ以上に自分の男らしさをアピールしたいという気持ちから見られる対応になります。

なお、体力があるとはいっても年下彼氏は彼女を大切にする傾向がありますので、女性が疲れているならばそれに合わせて、無理をさせない行動をするといった気遣いも見られます。

何事にも一生懸命

年下彼氏というものは背伸びをしたがる特徴があり、年上の女性と釣り合っていると思わせるために何事も全力を尽くすことが多く、デート一つを例に挙げてもちょっと高めのレストランを予約したりするケースは多々見られます。

また、年下彼氏は年上の彼女に恥をかかせたくないとも考えていますので、自分磨きも一生懸命に行うようになっていて、ファッションはもちろんですがレディファーストなどもキチンと行う事が多いです。

さらに、基本的に自分の方が不利であるという認識がある事から、一緒に居る時間を楽しいものにしようという頑張りも見られ、何らかのサプライズを積極的に行う事があります。

なお、この一生懸命というのは時には空回りしてしまう事もありますが、それはそれで好意的に感じる女性は多い事からどちらの場合でも年下彼氏のメリットと言えるのです。

可愛い

この可愛らしいというのが年下彼氏の最大のメリットであるという女性は大勢見られ、いわゆる母性本能を刺激されている状態なので、年下彼氏の事をとにかく可愛いと思っている女性は非常に多いです。

そして、基本的に年下彼氏の場合は女性の方が優位に立ちやすい事から、年下彼氏を守ってあげなくてはいけないという気持ちは一層強くなり、これは女性の自尊心を満たす大きなポイントになっています。

したがって、可愛らしいと感じられる場面が多い年下彼氏は付き合うメリットが大きいとされていますし、この様な女性の中には自分好みの男性に育てたいと考えている方も多いです。

また、可愛らしいというのは友人などにも自慢しやすいポイントになっていますので、その様な意味でも可愛らしいと感じられる事は年下彼氏のメリットになるとされています。

自分も若々しくいられる

恋をすれば美しくなるという言葉の通りに、女性の風貌は恋する気持ちによって変わります。

満ち足りた心が表情を美しく見せるというのはもちろんのこと、好きな人に可愛いといってもらいたい、好きな人に釣り合う自分でいたいと頑張るその努力で、女性は恋をする前より何倍も輝くことができます。

年下彼氏と付き合うことで、容姿や仕草が若くなるというのもその一環です。

年下の彼氏を持った女性は綺麗になりたいという頑張りに加え、少しでも若々しく、若い彼氏に並べる女性になりたいと努力するようになるので、結果として若返ることができます。

また若い彼氏の考え方に触れることで、趣味や発想が若々しくなるとも言われます。

年上の相手や同世代の相手といても感じることのできない体と心の若返り効果は、年下男子を彼氏に持つ女性だけが得られるメリットです。

周囲に自慢できる

世間一般的に、自分よりも若い恋人というのは憧れの対象です。

それは男性であっても女性であっても変わりなく、高収入や高学歴以上に、わかりやすく他人の羨望を集められるポイントとなります。

若い彼氏というのは、それだけで人から羨んでもらえる、自慢できる存在なのです。

周囲に自慢できるということは、恋人の存在を堂々と披露できるということでもあります。

友人や家族から恋人を馬鹿にされたり、関係を反対されてしまったりするほど、悲しいことはありません。

年下の彼氏をゲットしたら、友人や家族にその関係を大いに自慢し、羨みや祝いの言葉を積極的に受け取っていきましょう。

そうして他人から羨ましいといってもらえるくらい素晴らしい恋人をゲットできたことを素直に喜び、ゲットすることに成功した自分を褒めていきましょう。

自慢の彼氏の特徴・条件と自慢の彼氏になるには?

二人の関係性で優位に立てる

年下彼氏の前で、あえて年齢が上であることをアピールすることで、優位な関係性を築くことができます。

年功序列の日本の社会を、恋人同士の中にも積極的に取り入れていくのです。

年下の彼氏は年齢差にも負けず、男として積極的にリードをとってこようとしてくるかもしれませんが、年上として引っ張っていきたいと思うのなら、素直にそれに従う必要はありません。

経験豊富な年上としての立場をアピールして、自分の方が上手くリードできると説明し、さりげなく主導権を奪ってしまいましょう。

年上として模範となる行動を示してしまえば、年齢が下の彼氏は、それに自然と従うようになるはずです。

彼氏にただリードされるのではなく、彼女でありながらも時に彼氏をリードすることができる関係性は、恋人同士の仲を更に味わい深いものにしてくれることでしょう。

年下彼氏のデメリットとは

生活リズムが合わず疲れる

エネルギッシュな年下の彼氏との交際は、刺激的で楽しい毎日になると同時に、疲労を感じる日々となりがちです。

デートによる外出や外泊に加え、ランチのお誘いに夜遅くのおやすみコールなど、若いエネルギーに満ち溢れた情熱的な年下彼氏は、悪気なく年上の彼女を振り回します。

恋人と一緒にいたい気持ちはどちらも同じであるとはいえ、昼間活動していれば夜は普通に眠くなる年代の女性と、自分にとって楽しいことなら2日3日の徹夜は応えない年代の男性の、生活リズムには天と地ほどの差があることを忘れてはいけません。

好きといってくれるのが嬉しいと、年下彼氏が求めてくるままに付き合い続けていると、疲れという現実的な事情で女性側の生活はほどなく破たんすることになります。

年下彼氏のアクティブさは恋人同士の関係の中では時に、デメリットにもなるのです。

年上であることが劣等感に繋がる

年下の彼氏と付き合っている女性は、年上であることに劣等感を抱いてしまいやすくなります。

男性は若い女性が好きなもの、という思い込みから端を発することが多いその感情は、彼氏の言葉や言動が原因となって発生するものよりも厄介で、根深いのが特徴です。

年上の相手をさせて申し訳ないと、劣等感を超えて自虐的なものにまで発展することもある思考は、彼氏のことを愛しく思えば思うほど、重症化する傾向にあります。

鏡を見てシワを見つけるたび、若いころの自分になかった老いを感じるたびに、膨れ上がっていく年齢に対するネガティブな気持ちを、解消する術はありません。

普通に積み重ねてきた年月を悔いるようになるという、年下の彼氏との交際を始めた時に生じる特有のデメリットは、年下の彼氏に付き合ってもらえるほど価値のある人間なのだと、ポジティブに考えて解決していくのが理想です。

結婚を前提にした付き合いができない

結婚適齢期に対する認識のズレは、年下彼氏と交際する上での大きなデメリットです。

女性側が結婚適齢期にある一方で、男性側はまだまだ遊びたい盛りにあるということが、女性側が上となる年の差カップルの現状では少なくありません。

プロポーズを待っている女性の事情を読み取れずに、悪意なくずるずるとした付き合いを続けてしまうのが年下男性の怖い所です。

結婚を意識していない男性に、結婚を前提にした付き合いをお願いするのは難しいことです。

口だけ結婚を意識していると言わせてみたところで意味がありませんし、あまり強く訴えすぎると重い女だと思われて引かれてしまう可能性もあります。

年下男性と交際をする時には、結婚を目標にするのは諦めておいた方が失敗がありません。

年下の彼氏に付き合って、気軽なスタンスでいるのが恋愛を楽しむコツです。

デートの支払いに悩む

基本的に恋人同士でデートした場合、飲食代はもとより交通費などほとんどのお金を男性が出すことが多いのですが、それとは別にお金は年上が払う物であるという認識を持っている方は大勢いらっしゃいます。

その為、年下彼氏とデートした際には支払いに悩んでしまう女性は多くなっていて、男性として支払いを任せた方が良いのか、もしくは年上として自分が支払った方が良いのかというのは大きな問題です。

また、年下彼氏の彼氏の場合は経済的な問題も絡んでくるので一層悩みやすく、例えば社会人の女性と学生の男性のケースでは、圧倒的に社会人の女性の方が経済力はあります。

したがって、年下彼氏が支払いをすると言っても経済的な負担が大きいのではと頭を悩ませてしまう事がありますので、デートでの支払いを迷ってしまうのはデメリットと言えます。

頼りがいがない

年下の男性を好む女性は、その男性が可愛らしいく感じられる事が魅力的に見えていて、少し頼りない所があるくらいが可愛いと考えています。

しかし、女性というものは深層心理では男性に頼りたいと考えているとされ、それは経済力であったり決断力であったりなど個人差がありますが、このポイントを一言で表すなら「頼りがい」です。

そして、年下彼氏が持っている可愛らしいという魅力は裏を返せば頼りがいに欠けると言う事ができ、例えば年下の彼氏が年上の彼女を何かと頼るケースは多いですが、その逆のパターンは非常に少なくなっています。

その為、年下の彼氏は頼りがいに欠けると感じる女性は多く、特に仕事で大きなミスをして落ち込んでいる時や、疲労が溜まっている時などにはデメリットと感じられる事が多いです。

ついつい甘やかしてしまう

これは女性のほとんどに見られる傾向になっていますが、女性は自分よりも年下の存在に対しては基本的に優しく接するようになっていて、もちろん例外はありますが多少の問題には目をつぶってしまう事があります。

この場合の例を挙げるならば、頼んでおいた掃除などをしていなかった場合や買い物を頼んだら違う物を買って来たなどが該当し、言わば自分の子供が何かの問題を起こした場合と同じです。

また、そうではない場合でもついつい甘やかしてしまうケースは多く、仕事や学校の課題の手伝いを頼まれたり、中には着替えや靴を履く事すら手伝ってしまう女性がいます。

そして、この甘やかしてしまう事がデメリットとされるのは、上記のように何かと手がかかる事もそうですが、それ以上に金銭的な問題が大きいとされ、頼まれるまま借金に応じてしまうケースも多いです。

年下彼氏に結婚を意識させるきっかけとは

自分の年齢をさりげなくアピールする

彼氏が年下の場合、お互いが結婚したいと感じる時期に、差が生じてしまう可能性が高くなります。

女性が結婚したいと考えた時、年下の彼氏にも結婚を意識させるには、自分の年齢を再認識してもらうことが大事です。

女性は男性以上に、結婚に適した年齢というものがあります。

それは、「出産」という大事なタイムリミットを抱えているからです。

昔に比べると晩婚化が進み、女性の初婚年齢も高くなりましたが、残念ながらいくつになっても子供を産めるわけではありません。

だからこそ、女性にはいつまでも結婚適齢期というものがついてまわるのです。

そのことを知ってもらうべく、自分の現在の年齢を彼氏に改めて認識してもらうことで、結婚と出産へのタイムリミットがあることを知ってもらうのです。

その際、「もういい年齢だから結婚したい」というアピール方法で、年齢を理由に結婚を迫ってしまうと、かえってマイナスです。

あくまでもさりげなく、何気ない会話の中で、自分の年齢を認識させることがポイントとなります。

身の周りの人の結婚話をする

彼氏の友人や、自分と彼氏との共通の友人が結婚する話をさりげなくすることで、年下の彼氏に結婚を意識してもらうことができます。

友人がこれから結婚する話題や、結婚して幸せに暮らしている話をすることで、結婚というスタイルがいかに幸せなものであるかを、彼氏に実感してもらうのです。

そのためには、芸能人や遠い知り合いの結婚話ではなく、彼氏もちゃんと知っている人を例に出すことが大事です。

自分のよく知っている人が、結婚して幸せにしている姿や、結婚を控えて幸せそうな姿を目の当たりにするという方法が、1番手っ取り早く結婚の良さを実感することができるからです。

彼氏もよく知っている人が結婚する話があったら、その話を二人の会話の中に自然に盛り込むことで、彼氏にも結婚を身近に感じてもらうことができます。

結婚したいのにできない男と女の特徴と結婚相手との出会い方とは?

彼氏に甘えて「支えたい」と思わせる

「姉さん女房」という言葉があるように、年上だからこそ頼れる女性をアピールするのも、年下彼氏に結婚を意識させる方法ですが、その逆も効果的です。

自分が年上でも、彼氏に思いっきり甘えることで、彼氏の男としてのプライドを奮い立たせるのです。

彼女は自分より年上だけど、自分が支えてあげないといけない、と彼氏に思わせることで、結婚を強く意識してもらうことができます。

年上なんだからしっかりしなくては、と気を張ってばかりいるのではなく、反対に思いっきり甘えて彼氏を頼ることで、家庭を築いた時の姿を想像してもらうのです。

彼女を支えることができる、という自信をもつことができれば、年下彼氏でも間違いなく結婚を意識するようになります。

年上だからこそ、歳の差を感じさせない上手な甘え方をすることで、彼氏にプライドを高く持たせ、男として一家の長となることを意識させるのです。

年下彼氏にとって頼りになる存在になる

年下男性を結婚を意識させるためにも、女性側が頼りにされる存在になりましょう。

男性が女性をリードする時代は古臭く、現代では頼れる女性がモテますし、グイグイ年下男性を引っ張る力に彼氏はキュンとするのです。

「頼りになる」とは、経済的な面を含めて生活力がある女性、何事にもめげずに年下彼氏と接するコミュニケーション能力が挙げられます。

「女性らしさ」という言葉から連想させる女性観ではなくて、力強さにより彼氏をリードするのです。

頼りになる女性の背中に「素敵だ」と年下彼氏は思いますし。良質な結婚生活のビジョンが浮かんできます。

ずっと一緒にいたいと思わせたら勝ちで、年下彼氏に必要とされる存在になるためにも、頼りがいのある姉御肌的な意識が必要。

頼りになる存在になれば、結婚を意識させることができるでしょう。

両親に協力してもらう

年下彼氏に結婚を意識してもらうには、家族ぐるみの付き合いをするのが効果的です。

いきなり「私の両親に会って」と言うと、身構えてしまう男性が多いので、最初に会う時は偶然を装いましょう。

例えばあなたが一人暮らしなら、年下彼氏が来ている時間をこっそり親に伝えておいた上で、「たまたま近くに来ていた親がアポ無しでやってきた」とか、「旅行の途中に家族が会いに来た」ということにして、アクシデントで両親と彼が会うことになった事にします。

これなら彼氏も内心は嫌々でも「仕方ないな」と思うはずです。

一度、両親と彼氏が会ったら、両親から「連絡先を教えて」「今度うちにも遊びにきて」と言ってもらいます。

ほとんどの年下彼氏は、両親に連絡先を素直に教えたり、「ぜひお邪魔します」と、とりあえずは答えるはずです。

そこが上手くいけば、後は両親から彼氏に具体的にあなたの実家に来てもらうお誘いをしてもらいます。

一度あなたの実家に来てもらったら、次は「うちばかりに来てもらうのも悪いから」と言い、彼氏の実家にお邪魔するようにします。

両方の実家を行き来するようになれば、自然と結婚話は進んでいくはずです。

小さい子供と関わるようにする

甥っ子や姪っ子、友達の子供など、小さな子供と年下彼氏が接する場を作るようにします。

「急に1時間だけ姪っ子を預かることになったの」とうまく言い、彼氏とのデート中に子供を登場させます。

なかなか結婚を意識してくれない年下彼氏は、結婚や子供を持つことに何のイメージも持っていないことが多いです。

そこで、それを解消するためにあなたが子供をあやしている姿を見てもらったり、友達の子供を彼氏に抱っこしてもらって「子供いる生活はどういうものなのか」「子供がどんなにかわいいか」などを考えてもらうキッカケを作るのです。

かわいい子供と接してもらうことで、「子供を持つことは、悪いことじゃないな」「子供ほしいな」と彼も考えてくれるかもしれません。

子供を目の前にしながら「私たちに子供ができたら、どんなんだろうね」「同じような服を着せたいね」なんて、話してみるのもおすすめです。

普段のデート中に「子供ができたらどうする?」と話していても、反応が悪く、いまいち具体的に考えられなかった彼氏も、子供を目の前にすると、より具体的に結婚や子供を持つことについて考えられるようになるはずです。

手料理を振る舞う

年下彼氏に結婚を意識してもらうには、ズバリ手料理を振る舞うことがおすすめです。

自宅で作った物をデート先や、彼氏の家に持って行くよりも、あなたの家に彼氏が来ている時に料理を作って食べてもらうのが特におすすめです。

なぜなら、男性は自分の好きな女性が自分のために料理を作っている姿が大好きだからです。

きっと年下彼氏は、あなたの料理をしている姿をチラチラと見ているはずです。

何度か料理を作って「次は何がいい?」「今度は〇〇を作ろうかな」と彼に言います。

彼が「どうして最近自炊をするの?」「最近よく料理を作ってくれるね」と聞いてきたら「いつもおごってもらってばかりで、お金を使わしてばかりなのが気になって」「〇〇くんの健康が気になるから」と、答えましょう。

今まで彼氏、彼女という関係でしかあなたのことを考えられなかった年下彼氏も、家庭的なあなたの姿に二人の将来のことを考えるようになるはずです。

年下彼氏との付き合い方はあまり意識しない方がうまくいく

いかがでしょうか。

年下彼氏にはメリットもあれば、デメリットもあります。

年下男子ならではの素直さであったり、元気さ、そして可愛いところなどがメリットの主でしょう。

デメリットは、もしあなたが結婚を意識しているのであれば、それに対する考えがあまりないといった部分がメインではないでしょうか。

他はそこまで大きな問題ではなく、二人の話し合いなどで解決できることです。

しかし将来を決定する「結婚」は大変大きな問題なので、お互いが譲れないものを持っていることも少なくありません。

もし、あなたが年下彼氏とデートしていて、とても楽しいと感じていたり、彼氏の顔や仕草を目にするたびに「可愛い」と思うのであれば、わざわざ結婚という言葉を出して、相手に嫌な気持ちにさせるのは少し考えものです。

年下彼氏との上手な付き合い方を気にする女性はとても多いですが、はっきりいってそれを意識した時点で関係はおかしくなってしまいます。

歳は離れていようがお互い好きになった者同士なので、お互いを尊重する心を持ち、あなたらしく振る舞ったほうが断然うまくいくはずです。

年下の彼氏もそんなあなたを好きになったので自信を持っていいはずですよ。