メール・LINEで彼氏と上手に別れる方法6選

メール・LINEで彼氏と上手に別れる方法6選

あなたは彼氏と別れたいと思っているけれども、直接面と向かって言うのは嫌だなぁと思っていませんか?

もうすでに気持ちは冷めているのに、彼氏はあなたのことがまだ好きだと感じているのが分かれば分かるほど伝えるのは苦しいものですよね。

できることなら言わずに別れることができたらいいなとも思うはずです。

しかし、それはどうなんだろう?と倫理的に避けたい気持ちもよく分かります。

そんなときに活躍するのがメールやLINEです。

これを使えば、ストレートに言うよりも相手のことを考えなくて済みますし、あなた自身が言いやすいはずです。

ここではそんなメールやLINEで彼氏に別れたいことを伝える方法についてご紹介しています。

メールやLINEで彼氏と上手に別れる方法とは

普段からフェードアウトするような態度をとる

ずっとラブラブだと思ってた、これからも自分たちは一緒にいるんだと思ってた。

そういった気持ちの中で唐突に「別れてほしい」と言われたら、誰だって思考が追い付かないものでしょう。

振る側は十分に考え、気持ちも落ち着けた上で別れ話を切り出していますが、相手はそうではありません。

ましてや、メールやLINEなどの顔すら見えない方法では、どうしても簡単には納得出来ませんよね。

文面ですんなりと別れたい場合、まずはそこに至る流れが成り立つよう、普段の態度で示す必要があります。

つまり、相手に対して「最近関係がよくないかもしれない」と薄々気付かせていき、別れの可能性を思わせておくのです。

いきなり別れを伝えるのではなく、二人で納得しあいながら別れていくのが最も上手な別れ方でしょう。

ずるずると関わらない

文面での別れ話は、対面もしくは電話口での別れ話に比べてまだダメージが少ないという人もいます。

その結果、別れを切り出された側は「まだやり直せる余地があるんじゃないか」と心のどこかで思ってしまうのです。

「ダメなところは全部直すから」というセリフはよく聞かれますが、まさにそういった心理から出る言葉でしょう。

もしもその言葉にほだされて、ずるずると返信を続けてしまえば二人の関係はあいまいなまま、よく分からないものになってしまいます。

本当に別れようと決心したのであれば、その気持ちを曲げずに毅然とした文章で返事をしていきましょう。

何を言っても無駄なのだと、相手にわかってもらわなければいけないことを忘れないようにします。

ある程度きちんと伝えてなおいつまでも理解を得られなければ、文面でのやり取りだからこそ出来る「拒否設定」もひとつの手です。

ただし相手が逆上するなど、一定のリスクを伴う方法でもあるため、お互いの関係性を十分に見極めて行いましょう。

丁寧な言葉遣いを心がける

そもそも、メールやLINEで別れ話を切り出すことに否定的な人は少なくありません。

不誠実だと感じる、大事なことなのに文面で済ませるのはあり得ない、などといった意見は今でも聞かれます。

そんな方法だからこそ、文面で別れ話を切り出すときに非常に気を付けなければいけないのが、態度や言葉遣いです。

SNSが普及した現代では、別れ話のような「一方的に傷つけられた」という構図は、容易に晒され拡散に至ります。

多くはカップルの痴話喧嘩だろうとスルーされるものですが、内容があまりに酷い場合に限っては、予想以上の反響を巻き起こすものです。

振られた側が悲しみに任せて晒し行為を行えば、それに同情して振った側を非難する人は多く出てくるでしょう。

そうなってしまっては、穏便に別れられたとは言えませんし、自分自身も深い傷を負ってしまいます。

証拠として残ってしまう方法だからこそ、絶対に落ち着いて丁寧に、相手の気持ちを考えた話し方を心がけましょう。

理由をしっかりと明言する

メールやLINEは文字でしか相手に伝えられず、実際に目の前にして話すのとは違い言葉の言い方やテンポ、気持ちの入れ具合などが全く反映されたいものです。

しかし、実際に会った時には言いにくいことも文字ならしっかりと伝えられるものです。

なので文字として別れたい理由、復縁できないはっきりしとした理由を説明することが大事です。

ただ別れたいとだけ伝えるのでは解決しないことが多く、会って話そうとか電話で話そうと相手に言われがちです。

しかしメールやLINEで別れたいという事はそのツールだけで終わらせるためにしっかりと相手に別れたい理由を細かいくらいに説明するのがいいです。

明確に伝えることで相手も納得しやすいですし、話す必要もなくなります。

ここが原因で別れたい、そしてどうやっても別れるという事は覆らないと明言しましょう。

好きな人ができたと伝える

色んな理由があって別れを伝えるものですが、相手もすぐに別れを了承してくれれば問題はないのですが、例えばその原因をどうにかするからと諦めずに別れを了承しない場合もあります。
なので手っ取り早く相手にチャンスがないことを知らしめるためにも、すでに自分に好きな人が出来たからという事を伝えて別れるのがいいです。

たとえ相手のこの部分が嫌だったりで別れたいという場合でも、それを直すから復縁しようと言ってこられても迷惑なのでキッパリと諦めてもらうためにもどうしようもない理由の一番である、他に好きな人が出来たと伝えましょう。

これは相手がどうやっても変えられない事なので諦めがつきやすく彼と上手に分かれることが出来ます。

ホントに他に好きは人が出来た場合も正直に伝えてる方が、ゴチャゴチャせずに別れられます。彼のことを思うからこそ伝えましょう。

普段と同じような口調かつスタンプなどは使わない

LINEやメールで別れを伝えるときに文章は普段と同じようにする方が相手は身構えすぎずに言葉を受け止めやすいです。

変に明るく伝えたり重く伝えたりするのではちゃんと真意が伝わらないことがあります。

なので今までと同じような口調で別れ話をするのがいいです。

しかしその時に、顔文字や絵文字、スタンプなどは使わないようにしましょう。

そういうものが入るとどうしても話が柔らかくなりすぎますし、相手も別れ話に真剣にならないでもいいのかなって勘違いします。

真剣な話は真剣な雰囲気作りが文字のやり取りの間では大事な要素になります。

文字だけでしか気持ちを伝えられないからといって、顔文字や絵文字、スタンプだと真剣さが含まれない表現になり、自分のまっすぐで揺らぎない気持ちがかき消されます。

またそこまで本気ではないと思われる恐れもあるので文字以外は使用しないように心がけます。

「メール・LINEで彼氏と上手に別れる方法」に関する記事の紹介

彼氏と別れる決意をする瞬間や理由とは?迷っている人は必見! 彼氏と別れるべきか迷うときの判断方法とは?おすすめの決断の仕方! 彼氏と別れるきっかけとは?女性が彼氏と別れた理由をご紹介! 彼氏と別れるか悩むときに占いを使うメリットとデメリットとは? 彼氏と上手に別れる方法とは?おすすめの別れ方6選! 彼氏と別れる夢の意味とは?