飾らない女性とは|特徴・恋愛・ファッション・魅力を解説!

飾らない女性とは|特徴・恋愛・ファッション・魅力を解説!

飾らない女性の特徴とは

頑張り過ぎない

必要以上に力を入れて頑張っていないのが、飾らない女性の特徴の一つです。

やる気がないのではなく、肩の力が抜けていて、無理しない程度で頑張っているのです。

成功することや他人から評価されることには興味がなく、自分らしくいることにこだわりを持っているのが、その理由です。

自分をより良く見せようとすると、人よりも上を目指そうと無理をしたり、周囲に合わせて本来の自分を殺したりと、ストレスを溜めてしまいます。

頑張ることは向上心の表れなので悪いことではありません。

ですが、過度な無理はミスを生んだり、自分自身を見失ったりしてしまいます。

飾らずに生きている女性は、自分らしさを一番に考えているので、自分ができる範囲で頑張ります。

その結果、周囲からは余裕があって安定している人だと思われているのです。

自分の価値観が確立している

飾らない人というのは、自分自身の価値観を基準にして生きています。

だから他人に対して嫉妬することはありません。

他人は他人だから、という考えだからです。

他人に起きた幸せなことに祝福はするけれど、自分はこのままでいいと思っています。

自分の価値観がはっきりと定まっているので、世の中の流行にも惑わされません。

有名ブランドにこだわったり、流行のメイクを行ったりと、世間の動きに左右されず、自分が好きなことやセンスが合うものを好んで選びます。

頑固な人と言えるかもしれません。

自分の価値観で生きている人というのは、時には他者から反感を買うこともあります。

特に女性グループに入った場合、協調性が必要とされる場面でも気にせず自分の価値観を優先し、嫌われてしまうこともあります。

飾らない女性はさっぱりした性格だと良く思われることもありますが、付き合いにくい、と敬遠される一面もあるのです。

大きな夢を持っていない

大きな夢を持っていると、夢に近づくため、今よりももっと頑張らないといけません。

夢に向かって生きている人はキラキラと輝いて充実して見えるかもしれませんが、同時に重圧を抱えて苦しんでしまうことがあります。

飾らない女性は、無理を嫌うため、実現が難しそうな大きな夢や目標を持っていません。

頑張らないといけない理由がないので、飾らずに自分らしく過ごすことができるのです。

大きな夢の代わりに彼女が持っているのは、「実現が簡単にできそうな目標」です。

普通に過ごしたり、少し頑張れば手に届く目標なので、達成が容易にできます。

身の丈に合った目標なので、余裕の態度を保つことができるのです。

目標が達成すると。また次の簡単に達成する目標を立て、その繰り返しで生きています。

目標が達成するたびに充実感が味わえ、自分の人生に満足して肯定することができるのです。

飾らない女性の恋愛傾向とは

一途で男性の好みがハッキリしている

飾らない女性は、自分の価値観がしっかりと定まっているので、男性の好みもハッキリしています。

恋愛対象になるタイプとならないタイプがしっかり区別されているのが特徴的です。

それゆえ一目ぼれをすることが多く、自分から積極的にアプローチを行います。

逆に、長い時間をかけて友人関係から恋人関係に変化する、というパターンは少なくなっています。

直観的に男性を判断しているので、電撃結婚をして周囲を驚かせることも少なくありません。

また、一度恋人関係になると、浮気はせず一途に相手を想います。

自分の気持ちをストレートに表現することに抵抗が少ないので、相手への愛情をきちんと伝えようとします。

ただ、気持ちがハッキリとしている分、相手からの裏切りなどで気持ちが冷めてしまったら元に戻ることはありません。

あっさりと別れの道を選んでしまいます。

駆け引きが苦手

男女間の駆け引きは、恋愛の醍醐味の一つです。

恋愛上手な人は駆け引きを上手にして、恋愛を自分の思い通りにコントロールしようとします。

ですが、飾らない女性は相手への気持ちをストレートに表現するタイプなので、基本的に駆け引きが苦手です。

素直な性格をしていることが多く、嘘をつくのも苦手です。

他の男性の存在をちらつかせて反応をうかがったり、嫉妬を誘ったりすることができません。

恋愛の主導権をどちらが握るかも特に気にせず、とにかく楽しい恋愛をすることを求めます。

反応が分かりやすいので、男性が付き合いやすいタイプと言えます。

相手に素直に自分の気持ちをぶつけるけれど、相手の男性からも同じように自分に気持ちを返してほしいと望んでいます。

同じような性格、価値観をしている人と相性が良く、長続きしやすいカップルになれます。

世話好きだけど、実は甘えたい

男性に対する世話好きな面を持っていて、好きな相手には色々とやってあげたいと思う性質があります。

世話を焼き、相手の男性から感謝されると嬉しくなり、さらに世話を焼くようになります。

その反面、ダメ男に引っかかってしまう可能性も高くなっています。

ダメ男にとっては、このタイプの女性は居心地が良い存在です。

女性の方も「自分がやってあげないと」「自分がいないとこの人はダメなんだ」と、つい面倒を見てしまいがちです。

また、面倒見が良いタイプではありますが、一方で男性に甘えたいという願望を持っています。

「飾らない」と言っても女性らしさに欠けているわけではありません。

実は、男性から守られたい、思いっきり甘えたい、という気持ちを持っています。

しっかりタイプの女性の場合、包容力のある姿を見せてアプローチすると、成功する可能性が上がります。

飾らない女性のファッションスタイルとは

シンプルで機能的な服装

飾らない女性は、おしゃれのためだけに存在している、華美な服装を好みません。

飾らない女性が愛用しているのは、見た目を華やかにするためだけに用いられる装飾というものを全て削ぎ落した、シンプルで機能的なファッションスタイルです。

シャツにスカート、ニットにジーンズといった具合に、上下1つずつのアイテムを組み合わせたコーディネートをすることが多く、防寒目的以外の重ね着は積極的には行いません。

余計なものを排除したそのスタイルは、女性らしい輪郭を際立たせ、女性が持つ本来の魅力を引き出します。

飾らない女性はナチュラルでシンプルな服装を好み、いつでも自分の着たい服を着ますが、マナーや季節感を無視して自分の好みを優先させるということはしません。

TPOを弁えたスタイルは、どんな状況でも場の空気を乱さず、周囲の雰囲気にしっかり順応することができます。

アクセサリーは最小限にしか使わない

飾らない女性のファッションスタイルとして特徴的なのは、アクセサリーをほとんど使用しないという点です。

指輪にブレスレットにピアスにネックレスと、女性の姿を彩るアクセサリーは様々に存在していますが、いくつものアクセサリーを同時には身に着けない、飾らない女性の姿はいつでも控えめなものになります。

使用するアクセサリー自体も、石が小さいものだったり、細工が華奢だったりと存在感の強くない品が多く、つけていることを感じさせないアイテムはそのスタイルに大きな影響を与えません。

女性の隣に並び、身を近づけて初めてその美しさに気付くような、控えめなアクセサリー使いにセンスが光ります。

飾らない女性は基本的に、思い入れがあるアクセサリーのみを、身に着けたい気分の時だけ使用します。

飾らない女性のファッションを褒める時には、こだわりのあるアクセサリーを中心に褒めていくのがおすすめです。

色の使用は3色まで

飾らない女性は、色を多用したファッションスタイルを避ける傾向にあります。

コーディネートの中心になる色は、3色以内で収められることが多く、色のチョイスもあっさりさっぱりとしたナチュラルカラーが中心となります。

光沢のある派手なメタリックカラーや、濃い紫やショッキングピンクといった、個性のある色をメインに持ってくることはありません。

シャーベットカラーやマカロンカラーといった女性に好まれる可愛い系の色も適度に使用しますが、よく使われるのは黒や白やベージュで、ナチュラルな色のチョイスは、女性の大人っぽい落ち着いた魅力を演出するのに一役も二役もかっています。

飾らない女性の服装と並んだ時に映える、相性のよいコーディネートがしたいという時には、同じように白か黒を取り入れた、3色以内のコーディネートにしておくと上手くいきます。

飾らない人がモテる理由とは

素直な気持ちを知れるから

人は本能的に自分の「正体」を隠そうとする傾向があります。

信頼している親や友人、親友にならば素の自分を見せられるという人は少なくありませんが、本当に自分をさらけ出せる相手は希少です。

仮に親であってもそういう相手がいない人が珍しくはないことからも分かる通り、人は自分の「正体」を他人に見せることに恐怖心を抱きます。

しかし、もしも相手が何も警戒することなく「正体」を見せてくれたとしたら、すぐには難しくともいずれは自分も「正体」を見せられるようになる可能性は高いです。

美味しい、まずい、好き、嫌い、楽しい、つまらない、そういった感情を素直に表現することができる人ならば、恐怖心を払拭できる期待が持てると本能的に感じられます。

「相手が警戒していないから、だから自分も警戒しなくて良いだろう」という気にさせてくれるからこそ、飾らない人は人に好かれるわけです。

信用できるから

何を考えているのか分からない相手のことを好きになる人はあまりいません。

「ミステリアスな雰囲気が良い」という理由で好きになることはありますが、この意味は「何を考えているのか分からない」ということではなく、「掴みどころのない雰囲気」を指していることが大半です。

ミステリアスな男の6つの特徴や落とし方とは?

つまり、本当に何を考えているのか分からない人というのは嫌われ、敬遠されてしまう可能性が高く、一見して良さそうな人間に見えても表面に出てこない部分が垣間見えるような人が異性からモテやすいということです。

飾らない人は、自分のことをさらけ出すことに抵抗を感じません。

自分が嫌われることを怖がらないので、相手にとって必要なことならば嫌われてしまうリスクがあっても伝えてくれます。

だからこそ、高い信用を得ることができ、その結果、相手から好かれることが多いです。

人としての魅力が目に見えるから

人間の性質として、「自分にないものを持っていると感じる人に対して興味を持ちやすい」ということがあります。

また、それと同時に「自分と似ているものに対して好意を感じやすい」ということもあります。

しかし、これに対して「自分が知らないものに対しては嫌悪や恐怖を感じやすい」という性質も持っているわけですが、多くの人は自分のことを知られることに抵抗を感じてしまい、自分をさらけ出すことができません。

仲良くなればできるようになる人もいますが、それも人に嫌われることを苦にしているからこそです。

もし、初対面からでも素の自分を出してくれる人がいたら、「自分ができないことをしている」と興味をもちます。

そして、自然に相手への警戒心がそがれるので共感を持ちやすく、「居心地が良い」と好意を感じるようになっていきます。

飾らないことの魅力とは

新しい自分との出会いがある

飾るという事は自分を認めてあげれないという事でもあります。

自分を飾り付けることで本来の自分をみえないように、見せないようにしているので可哀そうなものです。

心にも色んな負担をかけています。

なのでそれをやめると心が軽くなり前向きに自分を認めあげることができます。

飾らないことは勇気がいるものですがそうすることで、自分を愛してあげることができ、そういう人に周りの人は集まります。

魅力ある人は自分を肯定してあげる人です。

なので周りからも自然に愛される人間に変化することができます。

最初は難しくてもその一歩を乗り越えれば今まで認めてあげれなかった自分とさよならでき、新しいものの見方や出会いも自然と近寄ってくるものです。

飾らないことで今まで着けていた重い鎧を脱ぎ捨てた新しい自分に出会い新しいものに触れるチャンスが訪れるのです。

固定概念から抜け出せる

飾り付けるのは、今の自分に足りないものを補うためです。

しかしその足りないものは本当に必要なものかと言われればそうではなく、そうしなければならないからしているという感覚で行っている場合も多いです。

TPOをわきまえての着飾るということは見た目の話でそれは必要なものです。

しかし、内面を気飾るというのは一種の自分の固定概念です。

そうしなければいけないと思い込んでるから飾るのです。

内面を飾るの事を相手は求めてはいません。

それでもそうするのは固定概念があるからです。

飾らないといけないという気持ちを捨てる、それは自分の中の凝り固まった考えを捨てるということで、そこから他にも持っていた固定概念というものを捨てたり変化させるチャンスが生まれます。

中々自分の沢山ある固定概念に向き合う機会はありません。なのでまず飾るという固定概念から脱却すればおのずと他も向き合えます。

自然な自分が素敵だと気づく

飾らないことで心から喜び、悲しみ、怒りと感情が豊かになります。

そうすると表情から相手に気持ち持つわたりやすくなり、自分の持つプラス面が相手に理解されやすくなります

今まで以上に自分の持っている輝くものを表に出せるようになります。

誰しも輝くものは心に持っていますし、技能的に持っていたりします。

それを飾るという壁を取っ払う事でより外に出やすくなり、自分でも輝きをより実感することができます。

自然でいるから、飾らないからこそ輝きを見つけて更に磨くことができます。

そういう自分を早く見つけてあげて認めてあげることが第一です。

飾らないことは決して気取っているわけでもなく、強がっているわけでもないのです。

自分を認め、輝かさるための勇気と余裕さを兼ね揃えているという素敵な人なのです。