下手に出る男性の心理は?

下手に出る男性の心理は?

どんな場面でも相手の顔色を伺ったり、やたらとペコペコした態度を見せたりと、「この人って下手に出てるな~」と感じる男性と出会う事がありますよね。

そんな男性と居ると「そんなに下手に出なくても良いのに…」とこっちが気を使ってしまう為、ほとんどの人は「出来れば普通にしてほしい」と感じてしまう存在です。

では、そんな「下手に出る男性」は、一体どのような心理を持って日常生活を過ごしているのでしょうか。

下手に出る男性の心理

自分に自信が無い

何かと下手に出る男性が持つ一つ目の心理は、「自分に自信が無い」という事です。

自分に自信が無いことがなぜ下手に出る事に繋がるのかというと、「自分以外の全ての人が優れて見えるから」です。

そんな「自分は駄目な人間だ」というネガティブ思考を持っているからこそ、他人には人一倍気を使い、どんな相手であっても無意識に下手に出てしまうのです。

また、彼らはあまりにも自分に自信が無いゆえに必要以上にへりくだってしまう事も多い為、逆に悪印象を抱かれる事も珍しくありません。

下手に出る事で評価されたい

こちらは、「下手に出る事で評価されたい」というずる賢い心理を持つタイプの男性です。

「下手に出る男性」と聞くと一見「謙虚な人なのかな?」と感じますが、彼らはその真逆であり、「下手に出ておけば相手の機嫌が取れるだろう」と考える世渡り上手な性格なのです。

その為、彼らは相手が目上の立場であるほどやたら下手に出る態度を見せ、ここぞとばかりにゴマをすります。

実際にそんな卑怯なやり方で一定の地位まで上り詰めている男性も多く存在する為、社会で成り上がっていく為には「下手に出る”フリ”」をする事も必要なのかもしれません。

事なかれ主義

事なかれ主義で他人との争い事や揉め事を嫌う男性ほど、「出来るだけ他人に嫌われないようにしよう」と細心の注意を払っています。

その為、日常生活においては「いかに平和な人間関係を築くか」という事に注力し、他人を敵に回す行動は一切取りません。

そんな彼らだからこそ、他人に対してあえて下手に出る事で「自分に害はありません」という事をアピールしているのです。

確かに、下手に出てくる相手に対してそこまでの悪印象を抱く人は居ませんよね。

そんな人間の心理を分かっているからこそ、事なかれ主義な彼らは今日も下手に出ているのです。

謙虚で他人を尊重している

世の中には何億人という人間が溢れている以上、そこには様々なタイプの人間が存在しています。

そこには、他人を見下したり馬鹿にする人も居れば、他人の事をしっかりと尊重出来る人も居るのです。

そんな「他人の事をしっかりと尊重出来る人」は、日頃から常に他人の良い所ばかりに目を当てる事ができ、だからこそ他人に対する態度が非常に丁寧です。

また、そんな人ほど「自分なんて」という謙虚な精神がある為、他人への接し方には人一倍気を遣っています。

その為、このタイプの男性の場合、下手に出る事で何かを企んでいるわけではなく、ただ単純に謙虚な姿勢を見せているだけなのです。

昔からの癖なので直せない

こちらは、「下手に出る事は昔からの癖なので直せない」というタイプです。

このタイプの男性の場合、子どもの頃から大人の顔色を伺う性格であったり、他人に対してどこか低姿勢に出る性格をしていたりと、どうしても下手に出てしまう癖が根付いています。

その為、大人になった今でもその性格を変える事が出来ず、「下手に出ないで普通にしてよ!」と言われても直す事が出来ないのです。

やはり、人間が長年身に付いた癖を直す事は非常に難しい為、彼ら自身も「もっと堂々としなくては」という意識はあるものの、無意識に癖が出てしまうのでしょう。

慎重派

こちらは、そもそもの性格が非常に慎重派であるタイプの男性です。

慎重派すぎる性格をしていると、初対面や知り合って間もない他人に対していつ何時でも気を張ってしまいます。

その為、他人と仲良くなるまでの時間が非常に長い事も特徴で、「嫌われない為にも慎重に仲良くならなければ」と肩の力を入れてしまいます。

何事も慎重に進めようとする彼らだからこそ、他人に対して下手に出る事で相手の様子を伺っているのです。

人とコミュニケーションを取るのが苦手

最後は「人とコミュニケーションを取るのが苦手」というタイプの男性です。

このタイプの男性の場合、「人と接するのが怖い」「どうやって人と関わりを持てば良いのか分からない」という消極的な心理を持っている為、それゆえ他人に対しては無意識に下手に出てしまいます。

彼らにとって他人という存在はある意味恐怖でもある為、自然に話をする事が出来ず、どうしてもオドオドした態度を取ってしまうのです。

また、人とコミュニケーションを取る事が苦手であるからこそ、必要以上に他人に気を遣ってしまい、結果的に「やたら下手に出る人」という印象を持たれてしまいます。

そんな彼らの場合、他人の存在そのものがストレスである為、普通の人には理解出来ないほどの苦労を抱えながら生きているのです。

下手に出る男性にも様々なタイプが存在しますが、彼らのような男性こそが最もデリケートなタイプであると言えるでしょう。