チャラい男の特徴とチャラ男が本気で好きになる女性のタイプとは?

チャラい男の特徴とチャラ男が本気で好きになる女性のタイプとは?

チャラい男とは、いかにも見た目が遊んでそうな服装をしていたり、言動をするような男性のことです。

一般的にチャラチャラしていると言う言葉が省略され、「チャラい男」や「チャラ男」と呼ばれています。

あなたの周りにそんなチャラい男はいるでしょうか。

最近では見た目はすごく真面目そうなんだけれども、中身がチャラ男だったなんてケースも少なくありません。

では具体的に一体どういった人をチャラい男と言うのでしょうか。

そこで今回はチャラい男の特徴についてご紹介していきますので、ぜひあなたに当てはまるかどうか確認しながらご覧ください。

そしてLINEの使い方でもチャラ男ならではの特徴がありますのでそれもご紹介します。

また、多くの女性が気になるのがチャラい男はいったいどのような女性を本気で好きになるのか、その女性のタイプも触れていますのでぜひ最後までご覧ください。

以下の記事ではチャラい女について紹介しているので読んでみてください。

チャラい女の6つの特徴とチャラい女がモテる理由・嫌いな理由とは?

チャラい男の特徴とは

すぐに女性の外見を褒める

チャラい男の人ほど、女性の外見をすぐに褒めようとします。

しかも1人の女性だけでなく、出会う女性手当たり次第に、外見を褒めて回るのが特徴です。

褒められると悪い気がしない女性心をうまく利用して、「きれい」や「かわいい」という褒め言葉をたくさん投げかけ、女性の気持ちをよくしようとします。

褒めた女性から、自分に対して好意を抱いてもらうことが目的であるため、数撃ち当たるという感覚で、手当たり次第に多くの女性を褒めて回ります。

誰にでも褒め言葉を発することが癖になり、言葉に重みがなく信憑性が低いことから、周りから見るとチャラい男にしか見えません。

いつもそのような言動を繰り返しているため、外見の褒め言葉だけではなく、チャラい男性は発する言葉そのものに、信憑性がないと思われてしまうのです。

人間を中身ではなく、見た目だけで判断し、外見だけを褒めようとするその精神が原因で、チャラい男というイメージを持たれてしまいます。

男女の関係の進展を急ぐ

本当に好きな女性ならば、その想いを成就させるためにも、関係性を大事にしながら慎重に進展させていきたい、と普通の男性なら思うものです。

チャラい男性は気に入った女性がいると、少しでも早く自分のものにしたいと考えるため、その関係性を急いで進展させようとします。

女性が心を開く前の段階からズカズカと心の中に入り込み、無理矢理デートに誘ってみたり、2人きりになるチャンスを作ろうとしたりします。

相手の女性の気持ちを考えず、自分本位に関係性を進めようとするのが特徴です。

早い段階から「好き」という自分の気持ちをアピールし、一方的に関係性を迫ったりするため、相手の女性は戸惑い、嫌悪感を抱いてしまうのです。

女性に対していつもそのような態度を取っているため、心の底から真剣に愛する人ができても、誤解されてしまったり、上手に関係性を進められないことが多くあるのが、チャラい男の特徴でもあります。

髪型やファッションなど外見が派手

多くのチャラい男の人に共通しているのが、その見た目です。

茶髪でピアスをしていたり、着ている服が派手だったりと、見るからに「いい加減な男性」というイメージを与えてしまうような外見をしています。

外見が派手な男性は、女性から見ると「遊んでいる」「不真面目」という印象が強く、中身はどうであっても、外見が派手だとチャラいというイメージが誕生してしまうのです。

チャラい男性は、自分という人間が、周りからどのように見られているのかということも、とても気にするため見た目が派手になる傾向にあります。

ピアスやネックレスに腕時計といったアクセサリーを、必要以上に身に着けていたり、奇抜な髪型をしていればいるほど、「チャラい男」のイメージが強くなります。

いろいろと着飾り、見た目を派手に作り上げているだけで、残念ながらファッションセンスが全くないことも、チャラい男の特徴です。

すぐに連絡先の交換を求めてくる

友人とのご飯会や、合コンなどで初対面で知り合って間もないのに連絡先を求めてくるのがチャラ男の特徴です。

その理由としては自分好みの女性であれば、自分以外の男性に「取られたくない」という気持ちから、知り合って間もないのに自分のモノにしようとしています。

また、自分好みではない女性にも知り合って間もないのに連絡先の交換を求めるのもチャラ男の特徴でもあります。

その理由は、自分好みの女性ではなかったとしても、「その女性の周りには可愛い子が存在しているかもしれない」という可能性にかけているからです。

自分好みの女性ではなくても、その女性と仲良くすることで人脈も広がり、たくさんの女性と知り合える可能性があるからなのです。

ご飯会や合コンなどで参加している女性全員の連絡先を交換している男性は確実にチャラ男です。

自分の深い話はせず浅く広い会話を好む

好みの女性であればある程度深い話はするが、自分の深い話は一切せず、基本的に浅く広い会話を好むのがチャラ男の特徴です。

その1番の理由としては「他人の深い話なんてどうでもいい」とチャラ男は思っているからです。

チャラ男は女性と良い関係を築きたいのではなく、自分の寂しさを埋めてくれる女性が欲しいだけなので、自分の寂しさを埋めてくれる女性であれば過去にどんな恋愛をしていたかや、どんな男性が好みなのかなんてどうでも良いことなのです。

そのため、「今まで付き合った人数は?」「経験人数は?」「趣味は?」といったような浅い会話をし、このような上辺だけの会話をチャラ男は好み、浅く広い会話の中で自分の寂しさを埋めてくれて、いつでも会えるような自分の条件に合った女性を見つけ出しています。

常に誰かといたい寂しがり屋

1人で居ることに対して寂しさを感じやすく、「誰かと一緒に居たい」「温もりを感じたい」と思っているのがチャラ男の特徴です。

チャラくない人からすれば「彼女を作れば寂しくないじゃん」と思いますが、チャラ男の場合人一倍寂しがり屋の部分があるため、彼女を作ったとしても会えない時間が寂しくなってしまったり、極度の寂しがり屋が原因で彼女にフラれてしまうことも少なくないのです。

その結果、1人の女性だけと付き合うことより、誰とも付き合わずに複数人の女性と関係を持っている方が性に合っているのです。

また、チャラ男は付き合って居なくても複数人のお気に入りの女性への依存心がとても強く、お気に入りの女性が自分以外の男性と仲良くしているところを見てしまったりすると、嫉妬やヤキモチを妬いてしまうということもチャラ男の特徴の1つでもあります。

チャラい男のLINEの特徴とは

アイコンが自分の画像

チャラい男のLINEは、アイコンが自分の顔のアップや、海や車などをバックにした自分の姿にしていることが多いです。

チャラい男は、基本的に自己顕示欲が高いので、少しでも相手に自分のことを知ってもらおうと考えています。

その結果、「自分の顔を忘れられないように」と自分の顔のアイコンにしたり、「自分の趣味を知ってもらおう」と趣味の車やスポーツを楽しむ自分の姿をアイコンにするのです。

また、よりよい自分の顔の写真が撮れたり、季節が変わった時、旅行や趣味に関する新しい物を手に入れた時にも、アイコンを変えて自己主張をしてきます。

アイコンに自分自身の情報をなるべく入れることによって、より多くの女性に自分のことを考えてもらえたり、自分のことを知ってもらうキッカケになると考えているのです。

タイムラインの更新が多い

チャラい男は、LINEのタイムラインを頻繁に更新します。

例えば旅行に行った時のこと、行列のできる名店に行った時のこと、タイムラインを見た女性が「いいなぁ。私も行きたい」と言ってくるのを待っているのです。

女性が軽い気持ちで「いいなぁ」と言っただけでも、チャラい男は見逃さずに「今度連れて行ってあげるよ」「一緒に行こうよ」と誘ってきます。

最初は強引だなと女性が思っても、チャラい男が言葉巧みに「旅費はおごるよ」「〇〇ちゃんも誘っていいから」「みんなで行こうよ」と、女性が断りにくいように仕向けます。

頻繁にタイムラインを更新することを「旅行の記録」「なんとなく更新しているだけ」とチャラい男は言いますが、実はタイムラインを更新するだけで、自分に興味がある女性を見つけて、次の段階へと進むキッカケ作りをしているのです。

用事がなくても画像を送るなどで連絡してくる

チャラい男は、特に用事がないときでもLINEで連絡してくる特徴を持っています。

「みてみて、これ面白くない?」とネタ画像を送ってきたり、「これすごくない?」と自分の作った料理の画像を送ってきたりと、相手が無視しにくい内容を連絡してきます。

「遊びに行こうよ」といきなりLINEで送られてきたら「ムリです」と言うような女性でも、ペットの画像を送ってきて「俺の飼っている〇〇」と言われたら、思わず「可愛いですね」などと、返事をしてしまいす。

これと言って用事がないのに、違和感なくLINEを女性に送れる男性って意外と少ないものです。

ほとんどの場合は、口説いているのが丸わかりで女性に警戒心を持たれてしまったり、ウザいと思われて無視されてしまいます。

しかし、チャラい男は、用事がなくても自然な感じで上手に女性にLINEを送ることができるので、女性に無視されたりブロックされることがなく、女性と上手く繋がりを持ち続けることができるのです。

メッセージにやたらツッコんでくる

チャラい人の特徴として、どんな相手にも気軽に絡んでくる、というものがあります。

彼らのその行動は、LINEの上でも変わりありません。

軽くない普通の性格の人は、LINEを会話のためのツールとして、比較的シンプルに使いこなします。

相手からの用件に了解やOKと答えるのが通常のスタイルで、スタンプを送るのも家族や友人だけ、というスタンスの男性は少なくありません。

そんな一般的な男性に対して正反対の、LINEでもとにかく絡んで絡みまくるスタイルを貫くのがチャラい男性です。

送信されたメッセージの内容には、とりあえずツッコむというチャラい男性の習性のせいで、話の方向はスタートから明後日の方向に進んでしまうこともあります。

ツッコみの激しい男性からのメッセージには、真剣に対応することなく、適当なスタンプで軽く流してしまうのが建設的な会話をするコツです。

一度話をすると長い

チャラい男性は基本的におしゃべりです。

会話相手とのコミュニケーションを楽しむというよりは、一方的に話したいことをぶつけ、それに対する相手からの反応を見て楽しむというのがチャラい男性の特徴で、ターゲットは気分によって無差別に選ばれます。

特定の会話相手を持つのではなく、その場その場で手当たり次第に相手を捕まえて話をしようとする、チャラい男性は極めてアグレッシブな社交性を持つ生き物です。

加えて話をしたいという欲求に1度火がついてしまえば、その衝動は簡単には落ち着きません。

チャラい男性にペースをとられたままでは、その長い話にいつまでも付き合わされることになります。

止める者のいない、ただでさえダラダラと続きがちなLINE上の会話など特にです。

LINEでの会話の流れを、自分からは切れないタイプの人は、チャラい男性の内容があるようでないような長話の被害者になる確率が大です。

深夜でも平気でメッセージを送ってくる

チャラい男性は比較的、夜に強い傾向があります。

夜遅い時間に他人とLINEをすることにも、あまり躊躇いがなく、深夜でも平気でメッセージを連発してきたりするので注意が必要です。

突然の通知に緊急の話かと慌てて反応してみたら、何でもない雑談で、結果として無駄に睡眠時間を奪われてしまった、ということにもなりかねません。

夜遅くは必要のない連絡はしないという常識は、夜行性の人間には通用しないのです。

恋人でもなんでもなくても、チャラい男性は気軽に深夜の時間に交流を持とうとしてきます。

夜に話ができる人間だと認識されてしまえば、相手が飽きるまで度々何度でも、会話のお誘いは続けられるようになるでしょう。

チャラい男性からの望まない夜のメッセージが続くようなら、夜は返信できないとはっきり伝えて、必要ならブロックをし、LINEでのやり取りを回避するのが正解です。

チャラい男が本気で好きになる女性のタイプとは

真面目で見た目が清楚な女性

チャラい男の人ほど性格が真面目で、見た目が清楚な女性を好きになる傾向にあります。

人間は、自分に持っていないものを持っている相手に対し、深い興味を抱くものです。

それが異性ともなると、なおのことその興味に拍車がかかり、自分とは違う人間として、もっと知りたいという欲求が生まれます。

チャラい男の人は、真面目な性格とは言い難い人が多いものです。

だからこそ、いつも真面目で優等生タイプの女性には特に興味を抱き、女性として強く意識してしまいます。

見た目に関しても同じで、自分の派手な外見とはうって変わり、質素で清楚な印象を与える女性には、心を奪われてしまうのです。

見た目も心も、自分と正反対の姿をしている女性に、自分にはないものを無意識のうちに感じ取っているため、気が付いた時には、かなり真剣に好きになっていたりします。

奥手で一途な女性

チャラい男性ほど、女性にはよく声をかけ、できる限り接触を図ろうとします。

たいていの女性は、そんな男性に興味がなければ、軽くあしらって受け流すものですが、男性に慣れていない奥手の女性は、軽くあしらうこともできません。

チャラい男の人からすると、そんな奥手の女性に接触を図っても、全く相手にもされないため、不意打ちを食らい、動揺してしまいます。

受け答えしてもらうこともままならない状況に、チャラい男性はどうすれば他の女性と同じように対応してもらえるのか、頭を悩ませることとなります。

奥手の女性に対しての対応を苦慮しているうちに、自然と気になる存在となり、気が付くと好きになっていたりするのです。

女性なら誰にでも声をかけ、次から次へと恋愛する相手を変えていく自分とは対照的に、一途に1人の男性を想い続ける奥手女子の心模様が、とても気になり始めます。

自分とは真逆の言動をする奥手で一途な女性が、結果的にチャラい自分の心を支配するようになり、真剣な恋に落ちていくのです。

奥手女子の特徴・心理と奥手な女性の落とし方とは?

自分をしっかり持っている女性

チャラい男の人ほど、人に流されず、いつも自分らしさをもっている女性を好きになります。

多くの女性に目移りしたり、流行に流されやすい自分とは違い、周りの言動に流されずいつも自分らしさをしっかり持っている女性が、眩しく見えるからです。

そんな女性ほど、自分の仕事に対する目標や夢があり、それを達成するためにしっかり前を向いています。

周りの言動や流行り廃りに流されず、ぶれることのない女性に、チャラい男性はいつの間にか憧れ、異性として強く意識して好きになっていくのです。

女性としてだけではなく、人間としても信頼性が厚く、正義感が強い女性こそが、チャラい男の人が好きになる女性のタイプです。

軽く声をかける女性の見た目にはこだわるのに、本気で好きになる女性のことは、外見ではなく中身に惹かれて好きになります。

親友の身内

チャラい男は女性に対しては、いい加減だけど、男同士の友情には熱かったり、約束を大事にする特徴があります。

そんなチャラい男が本気で好きになりやすいのは、親友の妹など、自分の友情が関係する相手との恋愛です。

そもそも、チャラい男は自分のことを女性に対して不誠実だったり、女性によく思われていないことを自覚しています。

だからこそ、自分にとって大切な親友の身内には、簡単に手を出しません。

「かわいいな」「付き合ってみたいな」と軽く思っても、親友の身内と思うと、自分と付き合ったりしたら相手を傷付けてしまうからダメだと諦めるのです。

しかし、それでも相手への思いが諦めきれない時、「今までと違って相手のことをちゃんと大事にできる」と確信できた時だけ、大事な女性と付き合おうと思います。

親友の身内という、簡単には付き合ってはいけないと思うストッパーがあるからこそ、恋に発展する時には、相手に対する本気の思いを持つようになっているのです。

自分のことを受け入れてくれない女性

チャラい男は、よくも悪くもモテます。

何もしていなくても女性から付き合おうと言われたり、ちょっと頑張れば、簡単に女性と付き合うことができます。

しかし、そんなチャラい男が本気になりやすいのは、「自分のことを受け入れてくれない女性」です。

今までは簡単に女性と付き合うことができていた男性にとって、どんなに誘っても自分になびくことがなく、冷たくあしらってくる女性の存在は衝撃です。

なんとかして自分を受け入れてもらいたいと、一生懸命になっていくのです。

また、他の女性が普通にしてくれる「LINEの返信をしてくれた」「笑顔で話してくれた」などの些細な行動でも、なかなか自分のことを受け入れてくれなかった女性がすると、とんでもなく嬉しいものです。

そんな今まで感じたことがなかった感覚に魅了されていくうちに、チャラい男性は、どんどん本気になっていくのです。

今まで付き合ったことがないタイプの女性

チャラい男が本気になりやすいのは、今まで関わったことがないタイプの女性です。

例えば、明るい髪色でメイクの派手なタイプの女性と軽い気持ちで付き合うことが多かった場合、それと反対で髪色が落ち着いたナチュラルメイクの女性のことが魅力的に見えた時に、本気の恋に発展しやすいです。

相手の女性のことが気になっていても、今まで関わったことがない女性相手だと、チャラい男でもうまく相手にアタックすることができません。

その結果、普段よりもアタックするまでに長い時間をかけることになり、自然と相手のことを考える時間が長くなるので、本気の恋へと発展しやすくなっていくのです。

また、アタックするまでに時間がかかるほど、付き合った後も簡単に別れようとはしません。

付き合うのが大変だったことを考えてしまうと「もう、こういうタイプの女性とは二度と付き合えないかも」と、相手のことを大切にして少しでも長く付き合おうと本気で考えるのです。

その上、付き合ってからも、今までの女性とは違う点が多いので新鮮に感じることが多く、それも含めて魅力的な女性だと感じるのです。

チャラい男は仕事を真面目にやる傾向がある

いかがでしょうか。

女性にはだらしないチャラい男ですが、仕事は意外と真面目にこなす傾向があります。

それはやはり仕事を一生懸命頑張って、お金を稼いで、それを女性に使うといったサイクルができているからです。

また、仕事ができる男は女性からもモテるのでそうした意味合いで頑張る男性も決して少なくありません。

もちろんそんな打算的に考えている人ばかりではありませんが、仕事に打ち込んでる人はやっぱり魅力的ですよね。

チャラい男は女性から大変モテる男性なので、結果的に仕事ができる男性が多いといった側面があるかもしれませんね。