社交辞令を言わない人の特徴や性格|社交辞令を言わない人になるには

社交辞令を言わない人について、紹介します。

あなたの周りにも、『社交辞令を言わない人』はいませんか。

社交辞令は、日本では日々当たり前のように使われているものですが、中には社交辞令を言わない人もいますよね。

ここでは、社交辞令を言わない人の特徴や性格、社交辞令を言わない人になる方法について見ていきたいと思います。

社交辞令を言わない人について詳しく知りたい方は、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

社交辞令を言わない人の特徴

まずは、社交辞令を言わない人の特徴について紹介します。

日本では当たり前のように『社交辞令』が飛び交っていますが、なかには社交辞令を言わない人もいますよね。

社交辞令を言わない人には、以下のような特徴が挙げられます。

嘘をつくのが苦手

社交辞令を言わない人の特徴には、嘘をつくのが苦手なことが挙げられます。

社交辞令って、言い方を変えれば『嘘つく』ということ。

もちろん相手を傷つけるような悪質な嘘ではありませんが、実際には思ってもいないことを言うわけですから、それは嘘と何ら変わりません。

社交辞令を言わない人は、嘘をつきたくないという気持ちが強い人でもあるのです。

自己中心的だと思われがち

社交辞令を言わない人の特徴には、自己中心的だと思われがちなことが挙げられます。

社交辞令というのは、相手に合わせたりその場の雰囲気に合わせて言う言葉でもあるので、それができない人は『周りのことを考えていない自己中心的な人』だと思われることもあるでしょう。

協調性がない

社交辞令を言わない人の特徴には、協調性がないことが挙げられます。

社交辞令を言わない人は、良くも悪くも人に合わせることができません。

社交辞令が言えないということは、周りに合わせて発言できないということ。

その場の空気を悪くしたりなど、何かとトラブルメーカーだと思われることもあるでしょう。

マイペース

社交辞令を言わない人の特徴には、マイペースなことが挙げられます。

社交辞令を言わない人は、周りの目を気にしないマイペースな人であることが多いです。

周りの目を気にして人に合わせたり、発言することがないのは、『自分』をしっかり持っているマイペースな人だからだと言えますね。

有言実行する

社交辞令を言わない人の特徴には、有言実行することが挙げられます。

その場では周りが『社交辞令だな』と感じたとしても、それを『有言実行』してしまえば社交辞令ではなくなります。

つまり、社交辞令を言わない人はしっかりと有言実行する人だと言えるでしょう。

『またご飯行きましょう』『また連絡します』などの言葉は社交辞令にありがちですが、有言実行してしまえば社交辞令ではありません。

社交辞令を言わない人の性格

続いて、社交辞令を言わない人の性格について紹介します。

社交辞令を言わない人は、日本ではやや変わった人という印象を与えがちですが、彼らはどんな性格をしているのでしょうか。

社交辞令を言わない人の性格について、まとめてみました。

素直

社交辞令を言わない人の性格には、素直であることが挙げられます。

社交辞令を言わない人は、嘘がつけないことからも分かるように素直な性格をしています。

素直すぎる性格であるため、思ったことをそのまま口にしてしまうのでしょう。

率直な感想を言ってしまうため、空気が読めない人として思われることも少なくありません。

曲がったことが嫌い

社交辞令を言わない人の性格には、曲がったことが嫌いなことが挙げられます。

社交辞令を言わない人は、曲がったことが大嫌い。

だからこそ、『嘘』である社交辞令を言うことができないのです。

社交辞令はその場をやり過ごすためのものではなく、嘘という認識なのでしょうね。

真面目

社交辞令を言わない人の性格には、真面目なことが挙げられます。

社交辞令を言わない人は真面目でまっすぐな性格をしているため、その場限りの発言である社交辞令を嫌います。

真面目で融通が利かない人ほど、社交辞令を真に受けて返事をし、有言実行しようと躍起になってしまいます。

誠実

社交辞令を言わない人の性格には、誠実なことが挙げられます。

社交辞令を言わない人は誠実な性格をしているので、どんなに小さなことでも約束を守ろうとします。

社交辞令を社交辞令と受け止めず、『約束をした』と捉えてしまう誠実さが、社交辞令を言わない最大の原因なのかもしれまへん。

心配性

社交辞令を言わない人の性格には、心配性なことが挙げられます。

社交辞令を言わない人は、自分自身が社交辞令を言われたら『本当か悩んでしまう』『どう返事をすればいいか分からない』と考えてしまうため、相手のことを考えた結果社交辞令が言えなくなってしまいます。

相手のことを心配するあまり、社交辞令が言えなくなるケースもあるのです。

社交辞令を言わない人になるには

最後に、社交辞令を言わない人になるにはどうしたら良いのか、その方法を紹介します。

社交辞令は、確かにその場の雰囲気を良くするために必要なものではありますが、あまりにも社交辞令ばかり言っていると信用問題にも関わります。

社交辞令を言わない人になるには、以下のことを心がけていきましょう。

自信を持つ

社交辞令を言わない人になるには、自信を持つことが挙げられます。

社交辞令ばかり言ってしまう人は、人の目を必要以上に気にしてしまう自信のない人。

自信がないからこそ、周りに合わせて社交辞令を言ってしまいます。

まずは自信を持つことから始めましょう。

言ったことは守る

社交辞令を言わない人になるには、言ったことは守ることが挙げられます。

その場では社交辞令かなと思っても、言ったことを守れば社交辞令ではなくなります。

自分の発言に責任を持ち、言ったことは必ず守るように心がけましょう。

そうすれば、社交辞令にはなりませんよ。

嫌われる勇気を持つ

社交辞令を言わない人になるには、嫌われる勇気を持つことが挙げられます。

社交辞令とは、いわゆる『嫌われないためのその場限りの発言』ですよね。

自信がないからこそ嫌われるのが怖くなるものですが、こういう時こそ嫌われる勇気を持ちましょう。

嫌われても構わない、と思えるようになると、不思議と社交辞令を言わなくなるものです。

自分の気持ちに正直になる

社交辞令を言わない人になるには、自分の気持ちに正直になることが挙げられます。

社交辞令を言わない人は、いつでも自分の気持ちに正直に向き合い、素直な気持ちで行動しています。

だからこそ、本音ではないこと、すなわち社交辞令は言いません。

たまには、自分の気持ちに正直になってみるのもいいかもしれませんよ。

あまり考えすぎない

社交辞令を言わない人になるには、あまり考えすぎないことが挙げられます。

社交辞令を言う人は、相手の気持ちや今後のことなど、あれこれ考えすぎてしまいがち。

もっとシンプルに、『自分がどうしたいのか』を優先して考えてみてください。

考えすぎるのをやめれば、社交辞令も言わなくなるはずです。

関連記事はこちら▽ 考えすぎる人の特徴や性格|考えすぎてしまう時の対処法とは 考えすぎる人の特徴や性格|考えすぎてしまう時の対処法とは

まとめ:社交辞令を言わない人は素直で嘘がつけない人

社交辞令を言わない人について、特徴や性格、なる方法などを紹介しました。

社交辞令を言わない人は、空気が読めない、協調性がないなどマイナスイメージを持たれがちですが、素直で嘘がつけない人でもあります。

自分の発言を社交辞令にせず、何でも有言実行する人は、信頼を得やすいというメリットもありますよね。

社交辞令にはメリットもあればデメリットもありますが、信頼を得るという点でも社交辞令を言わない人を目指してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA