既婚女性が男性に手を振る心理!既婚女性が手を振ってくるのは脈あり?脈なし?

既婚女性が男性に手を振る心理!既婚女性が手を振ってくるのは脈あり?脈なし?

職場にいる既婚女性との距離感が分からない…と悩む男性は少なくありません。

特に、既婚女性がやたらフレンドリーだったり、自分に向かって手を振ってきたりすると、反応に困ってしまうこともあるでしょう。

ここでは、既婚女性が男性に手を振る心理について解説していきます。

また、手を振る既婚女性の脈ありサインや脈なしサイン、既婚女性から手を振られたときの対処法についても紹介しますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

既婚女性が男性に手を振る心理

職場などで、男である自分に向かって手を振ってくる女性もいます。

それが独身女性なら、自分に好意があるのかな、なんて思うこともありますが、既婚女性だとしたら、なぜなんだろう?と色々考えてしまうもの。

実際、手を振る既婚女性にはあなたに好意を持っている人もいますが、多くの場合は仲間として接しているだけだと言えるでしょう。

気づいてほしい

「手を振る」という行為は、相手の視界に動くものを入れるということ。

すなわち、自分の存在に気づいてほしいという意味が込められていることが多いです。

よく、待ち合わせ場所などで自分のことをアピールするために、手を振ることがあるでしょう?

それと同じで、既婚女性も自分に気づいてほしい、気づかせるために手を振っているのです。

距離を縮めたい

人との物理的な距離、心理的な距離を縮めるためには、何らかのコミュニケーションが必要不可欠。

とはいえ、お互いのことをあまりよく知らない段階では、どうしたら良いか分かりませんよね。

そこで既婚女性がとったのが、手を振ること。

お互いに手を振るような仲になり、あなたとの距離を縮めたいと思っているのですが、恋愛感情としての好意はないことが大半です。

親しくなりたい

既婚者であっても、好きな人や好意を持っている人がいる、という人もいるでしょう。

この場合の既婚女性も同様で、好意を持っている男性と親しくなりたくて、その人に手を振っているのです。

とはいえ、自分が既婚者であることも熟知していますから、その人にだけ手を振るなど、分かりやすいアプローチをすることはありません。

場の空気を良くしたい

同じ職場の既婚女性が手を振ってくるのは、単純に仕事をやりやすくするため、という可能性もあります。

たとえばチームで行う職場である場合、職場やチームの空気が悪いというのは致命的ですよね。

場の空気が悪いな、馴染めてない人がいるなと思ったときに既婚女性が手を振るのは、あなたへの気遣いだと言えるでしょう。

ただの社交辞令

そして特に意味もなく、男性に向かって手を振る既婚女性もいます。

これは、手を振ることは挨拶と同じ、言わば社交辞令だと捉えているためです。

胸の前で小さく数回手を振りながら会釈しているのであれば、それはほぼ確実に社交辞令として手を振っているだけであり、隠された心理などはないと言えるでしょう。


既婚女性が手を振ってくるのは脈あり?脈なし?

さて、女性が自分にだけ手を振ってきたら、つい「自分のことが好きなのかも」「脈ありなのかな」などと思ってしまいますよね。

しかし既婚女性の場合は、基本的に脈ありということはありません。

ただし、以下のようなサインが見られた場合はあなたに好意がある可能性があるでしょう。

既婚女性が手を振る脈ありサイン

こっそり手を振る

既婚女性が夫以外の好きな人に対して手を振るときには、その振り方は非常に控えめになります。

なぜなら、自分が既婚者である以上、大っぴらなアプローチをすることはできないから。

更に、自分の気持ちは誰にもバレたらいけないと強く思っているものの、好きな人に対して何らかのアピールをしたい気持ちもあり、「こっそり手を振る」ようになるのです。

小さく手を振る

こっそり手を振ることと似ていますが、周りにバレないように控えめに手を振るのも、既婚女性の脈ありサインだと言われています。

堂々と手を振って、周りに自分たちの関係を疑われることだけは避けたいので、既婚女性は好きな人には堂々と手を振ることができません。

そのため、にこにこしながら控えめに、小さく手を振るようになるでしょう。

手を振るだけで声をかけない

既婚女性の出す脈ありサインとして多いのは、分かりやすいアプローチをしてこないこと。

好きになってはいけない、という気持ちが既婚女性の根本にはあるので、自分から積極的なアプローチをすることは基本的にありません。

手を振ったりはするものの、声をかけることはないでしょう。

多くの既婚女性は、好きな人を見てるだけで満足なのです。

チラチラ見てくる

先程、既婚女性は好きな人には積極的なアプローチをしないと言いましたね。

その典型的な例でもあるのが、チラチラ見てくるというもの。

じっと見つめることはせず、とはいえ好きな人の言動が気になるのも事実ですから、バレない程度にチラチラと見てくることが多くなるでしょう。

LINEをしてくる

既婚女性の心の中には、「自分の気持ちは誰にもバレたらいけない」というものがあります。

そのため、手を振る以上のアプローチをすることはありません。

周りに人がいるところでのアプローチは危険だとわきまえているからですが、それゆえLINEをしてくることは増えるでしょう。

些細なことでLINEをしてくるのは、既婚女性なりの気遣いと、好意のアピールなのかもしれません。


既婚女性が手を振る脈なしサイン

誰とでもフレンドリーに接する

既婚女性が自分に手を振っていると、つい脈ありなのかなと思ってしまいます。

しかしながら、既婚女性が手を振っているのはあなただけなのでしょうか?

元々のその人の性格にもよりますが、人見知りをせず、誰とでもフレンドリーに接することのできる人は、コミュニケーションの一環として手を振ることが多いため、脈ありとは言えませんね。

明るく堂々としている

既婚女性があなたに手を振ってくるとき、その振り方はどんな感じですか?

先程、既婚女性は好きな人には控えめにこっそり手を振るという話をしましたね。

つまり、あなたに対して明るく堂々と手を振って来る場合、既婚女性に「やましい気持ちはない」ということ。

脈なしであることは明白ですね。

プライベートの話をする

通常、好きな人には自分の話などをするようになるものですが、既婚女性の場合は違います。

既婚女性のプライベートには、夫や子供が関わってくるため、もし好きな人がいるならプライベートの話は避けるようになるもの。

そのため、あなたに対してプライベートの話をするのは、好意がないからだと言えるでしょう。

大きく手を振る

そして、先程も触れたように、既婚女性は夫以外の好きな人には小さく控えめに手を振るようになります。

これは、周りに自分の気持ちを悟られないようにするためです。

もし、あなたに手を振るときに大きく振っているのなら、あなたのことは同僚や気の合う友人としか思っていないのでしょうね。

二人きりにならない

手を振る既婚女性の脈なしサインとして、もっとも分かりやすいのがあなたと一定の距離を保とうとしてくること。

どんなに楽しそうに話したり、手を振ったりしていても、あなたとプライベートで関わろうとしない、二人きりにならないようにしている様子が見られる場合、残念ながら脈なしです。

一定の距離がいつもあるなら、あなたへの特別な感情はないのだと言えるでしょう。


手を振ってくる既婚女性への対処法や反応の仕方

さて、職場などの既婚女性が自分に対して手を振ってくるとしたら、どうすれば良いのでしょうか。

あなたの気持ちや直感に従うのが一番なのですが、相手が既婚女性である以上、迂闊な行動はできません。

まずは自分の気持ちとしっかり向き合い、その上で既婚女性に対応していきましょう。

女性に対して好意がある場合

手を振り返す

手を振ってくる既婚女性に好意がある場合は、手を振られたときにあなたも手を振ってみてください。

お互いに手を振っていると、とても親密な感じを味わうことができるでしょう。

また、あなたが手を振り返したときの既婚女性の態度や表情などから、女性の本心を見極めるきっかけになるかもしれません。

リスクを考える

自分に対して手を振ってくる既婚女性に好意があっても、むやみやたらとアプローチすることはおすすめできません。

なぜなら、相手は既婚者であるからです。

万が一相手の既婚女性もあなたのことが好きで、実質両思いだった場合、生じるリスクを考えてください。

既婚女性との恋愛、というリスクを頭に入れておけば、どうするべきか自ずと答えは見えてくるはずです。

一線は越えない

どんなに既婚女性のことが好きであっても、相手は既婚者であることを忘れてはなりません。

いかなる理由があろうとも、一度でも関係を持ってしまえばそれは不倫です。

世間的にも道徳的にも許されるものではなく、バレたら大変なことになるでしょう。

相手が既婚者である以上、絶対に一線を越えてはいけません。


女性に対して好意がない場合

気にしない

その既婚女性に対して恋愛感情などの特別な感情がないときは、相手が手を振ってきてもあまり気にしないようにしましょう。

そもそも、既婚女性が手を振るのは恋愛感情ではないことの方が多いですし、気にしても仕方がありません。

無視するのは気が引けるというのであれば、苦笑いなどで応えておけばOKですよ。

会釈しておく

手を振る既婚女性が仕事関係の人であるなら、好意がなくても邪険にすることもできませんよね。

そういうときは、会釈という名の社交辞令で返しましょう。

あくまでも仕事上の付き合いであり、それ以上でも以下でもないと思っているのなら、手を振られても振り返さず、軽く頭を下げてその場を離れることをおすすめします。

関わらないようにする

そして、手を振ってくる既婚女性から、明らかに好意のサインが見られるときは、要注意。

あなたの態度次第では、周りから白い目で見られる恐れがあるからです。

そうならないためにも、できるだけその既婚女性とは距離をとり、関わらないようにしましょう。

話すときも複数人で話すようにし、二人きりにならないようにすることも大切です。


まとめ:既婚女性が手を振る=好意とは限らない

女性から手を振られると、なんとなく嬉しくて顔がにやけてしまうという男性は多いです。

そして、自分に好意があるのだろうと思って余計にニヤニヤしてしまうのですが、相手が既婚女性の場合、「手を振る=好意」とは限らないので気をつけましょう。

あくまでも既婚者である以上、他の男性に恋愛感情を抱くという人は少ないのが現実です。

そのことを踏まえ、手を振る既婚女性とはプライベートでの関わりを避けるなど、一線を越えない付き合い方をしていくことをおすすめします。