LINEの返信が遅い男性心理は?返信が遅くても脈ありなサインを紹介!

●LINEの返信が遅い男性心理は?返信が遅くても脈ありなサインを紹介!

LINEの返信が遅い男性について、紹介します。

あなたの周りにも、LINEの返信が遅い男性はいませんか。

気になる男性からのLINEの返信が遅くてヤキモチした、という経験のある人もいるでしょう。

ここでは、LINEの返信が遅い男性の心理や脈あり、脈なしサインの他、LINEの返信が遅い男性への対処法、やってはいけないことについても触れていますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

LINEの返信が遅い男性の心理

まずは、LINEの返信が遅い男性の心理について紹介します。

LINEをすぐ返すという人からすると、何ですぐに返事をくれないんだろう?と思ってしまうもの。

しかし男性の場合、LINEの返信が遅いことは決して珍しくはありません。

その心理は、こちらです。

忙しい

LINEの返信が遅い男性の心理には、忙しいというものが挙げられます。

仕事などで忙しく過ごしている場合、LINEをすぐに返信することはできません。

元々男性はLINEを連絡ツールと捉えている人が多く、更に重要な連絡は電話でと考えているため、LINEをそこまで重要視していないのです。

忙しいときには、LINEを開くこともないでしょう。

忘れていた

LINEの返信が遅い男性の心理には、忘れていたというものが挙げられます。

既読になるのに返信が来ない、いわゆる既読スルー状態の場合、忘れていたというものが圧倒的多数。

スキマ時間にLINEを確認したものの、返信する時間はなく、「あとで返そう」と思っていてそのまま忘れてしまうパターンです。

LINEをあまり見ない

LINEの返信が遅い男性の心理には、LINEをあまり見ないというものが挙げられます。

先ほども触れたように、男性はLINEをそこまで重要視しておらず、優先順位は低め。

そのため、そもそもあまりLINEを見ません。

通知をオフにしている人も少なくなく、LINEが来たことそのものに気づいていない人もいるでしょう。

めんどくさい

LINEの返信が遅い男性の心理には、めんどくさいというものが挙げられます。

LINEがあまり好きではない男性は、LINEを返信することがめんどくさくてたまりません。

用事もないのにLINEを返す時間が、めんどくさくてたまらないのです。

こういう人はLINEそのものが嫌いなので、用事がなければ返信しないことも多いでしょう。

返事に悩む

LINEの返信が遅い男性の心理には、返事に悩むというものが挙げられます。

LINEの返信が遅い男性は、何て返信するかを考えているため、返信が遅いのかもしれません。

LINEの相手が気になる女性であるときは尚更、自分の印象を少しでも良くしたくて、何を返すか悩んでしまうのでしょうね。


男性からのLINEの返信が遅くても脈ありだと思うサイン

続いて、男性からのLINEの返信が遅くても脈ありだと思うサインについて紹介します。

男性からのLINEの返信が遅いと、なんとなく脈なしだと感じてしまうものですが、「返信が遅い=脈なし」とは限りません。

以下のようなサインがあるときは、脈ありの可能性も高いですよ。

質問される

男性からのLINEの返信が遅くても脈ありだと思うサインには、質問されることが挙げられます。

たとえLINEの返信が遅くても、男性から色々と質問されるのなら脈ありの可能性は高いでしょう。

なぜなら、人は全く興味のない人や嫌いな人のことは知りたいと思わないため、質問などしないからです。

遊びに誘われる

男性からのLINEの返信が遅くても脈ありだと感じるサインには、遊びに誘われることが挙げられます。

LINEの返信が遅くても、遊びに誘われる場合は十分脈ありだといえます。

二人で遊びに行くのは、嫌いでないことは間違いありません。

しかし、下心から遊び相手を求めている場合もありますので、誘われるのが夜や家などのときは注意が必要です。

必ず返信してくれる

LINEの返信が遅くても脈ありだと感じるサインには、必ず返信してくれることが挙げられます。

どんなに返信が遅くても、きちんと返信してくれるのならそれは脈ありサインと言えます。

男性も女性もそうですが、嫌いな人やどうでもいい人には、返信しないこともあるでしょう?

時間が経っているなら、尚更です。

名前を呼ばれる

LINEの返信が遅くても脈ありだと感じるサインには、名前を呼ばれることが挙げられます。

LINEをしていて、あなたの名前を呼ばれるのは脈ありサインの1つ。

もし、複数の女性と同時に連絡を取っている男性であれば、LINEに女性の名前を入れることはほとんどありません。

名前を呼ばれるのは、意外とハッキリした脈ありサインなのです。

謝罪や説明がある

LINEの返信が遅くても脈ありだと感じるサインには、謝罪や説明があることが挙げられます。

LINEの返信が遅くなってしまったとき、なぜ遅くなってしまったのか、の説明はありますか?

仕事だった、などの簡易的なものでも構わないので、遅れた理由やごめんね、などの言葉があることが大切です。


やっぱり?LINEの返信が遅い男性の脈なしサイン

続いて、LINEの返信が遅い男性の脈なしサインについて紹介します。

LINEの返信が遅くても脈ありのこともありますが、残念ながら脈なしのことも多いもの。

LINEの返信が遅い男性の脈なしサインには、以下のようなものがあります。

返事は一言のみ

LINEの返信が遅い男性の脈なしサインには、返事は一言のみであることが挙げられます。

LINEの返信が遅く、なおかつその返信も一言のみである場合、残念ながら脈なしの可能性大。

遅くなっても会話を続けよう、という意思が伝わってこないやり取りは、脈なし以外の何物でもありません。

すぐ終わらせようとする

LINEの返信が遅い男性の脈なしサインには、すぐ終わらせようとするというものが挙げられます。

LINEの返信が遅く、やっと返ってきたと思っても、そのLINEをすぐに終わらせようとしてきたら、それは脈なしサイン。

好きな人とはLINEを続けたいと思うのが普通なので、早く終わらせようとするのはその人とはLINEをしたくないからでしょう。

話題を振ってこない

LINEの返信が遅い男性の脈なしサインには、話題を振ってこないことが挙げられます。

あなたからの質問に答えるばかりで、彼の方から話題を提供することがないのも、脈なしサインの1つ。

これは、会話のキャッチボールができていないということで、あなたが一方的に話していることと変わりません。

スタンプばかりで返す

LINEの返信が遅い男性の脈なしサインには、スタンプばかりで返すことが挙げられます。

あなたがどんなメッセージを送っても、スタンプでしか返してこないのも残念ながら脈なしだと言えます。

これは単純に、文字を打つのがめんどくさいから。

それほどまでに、あなたとのLINEが億劫なのかもしれません。

2、3日は平気で空く

LINEの返信が遅い男性の脈なしサインには、2、3日は平気で空くことが挙げられます。

LINEの返信が遅いといっても、さすがに限度がありますよね。

その日のうちに来るならまだしも、いつも返信が来るまでに2、3日かかるのであれば脈なしの可能性が高いでしょう。

更に返信が一言だけであるなら、諦めた方が良いかもしれません。


LINEの返信が遅い男性への対処法

ではここで、LINEの返信が遅い男性への対処法について紹介しましょう。

LINEの返信が遅い男性には、どう対応していけば良いのでしょうか。

つい相手からの返信ばかりが気になってしまいますが、結論として、相手の男性からのLINEを気にしすぎるのはやめましょう。

気にしない

LINEの返信が遅い男性への対処法には、気にしないことが挙げられます。

LINEの返信が遅いのは、言い方を変えればその人の個性だということ。

それをいちいち気にしても、仕方がありません。

好きな人からの返信が遅いと気にしてしまう気持ちも分かりますが、気にしないようにすることが大切です。

そういう人なんだと割り切る

LINEの返信が遅い人への対処法には、そういう人なんだと割り切ることが挙げられます。

LINEの返信が遅いのは、先ほども言ったように個性の1つ。

それを言ってもどうにもなりませんよね。

あなたが好きになった人は、LINEの返信が遅い人なのです。

それは今更変えられるものではありませんので、そういう人なんだと割り切りましょう。

ペースを合わせる

LINEの返信が遅い男性への対処法には、ペースを合わせることが挙げられます。

LINEの返信が遅い男性とのやり取りを楽しむためには、LINEのペースを相手の男性に合わせるのが一番です。

あなたはもっと彼とLINEをしたいかもしれませんが、そこはグッと堪えましょう。

そして、できるだけ相手のペースに合わせるようにすると、自分の気持ちも楽になりますよ。

自分の時間を楽しむ

LINEの返信が遅い男性への対処法には、自分の時間を楽しむことが挙げられます。

LINEの返信が遅い男性のことを気にしても、仕方がありません。

だからこそ、相手のことを気にしないためにも自分の時間を楽しむようにしましょう。

LINEの返信を待たず、趣味などをして過ごすことをおすすめします。

他のことをして過ごす

LINEの返信が遅い男性への対処法には、他のことをして過ごすことが挙げられます。

自分の時間を楽しむことと似ていますが、恋愛以外のことをして過ごしてみてください。

今までとは違った視点で物事を見ることで、これまで気づかなかったことに気づけるかもしれません。

新しい発見にもなりますし、LINEのことも一度忘れられて一石二鳥ですね。


LINEの返信が遅い男性に対してやってはいけないNG行動

最後に、LINEの返信が遅い男性に対してやってはいけないNG行動を紹介します。

好きな人とはたくさんLINEをしたい、早く返事がほしいという気持ちは分かりますが、以下のようなことをしてしまうと、恋愛対象から外されることもありますので気をつけてください。

遅いことを責める

LINEの返信が遅い男性に対してやってはいけないNG行為には、遅いことを責めることが挙げられます。

LINEの返信が遅いからといって、「なんですぐに返事くれないの」「なんでいつも返信が遅いの」と、返信が遅いことを責めるのは絶対にNG。

遅いことを責められると男性は負担に感じ、あなたとのLINEをやめたくなってしまいます。

返信を急かす

LINEの返信が遅い男性に対してやってはいけないNG行為には、返信を急かすことが挙げられます。

遅いことを責めると同時に、「もっと早く返信してよ」などと返信を急かすのもやめましょう。

彼は彼なりに、LINEの返信をしてくれているのです。

それなのに返信を急かすようなことを言ったら、彼はあなたにうんざりしてしまいますよ。

連投する

LINEの返信が遅い男性に対してやってはいけないNG行為には、連投することが挙げられます。

LINEの返信が遅い、なかなか来ないからといって、何度もLINEを連投するのはやめましょう。

仕事が終わってスマホを見たとき、LINEの通知が何十件も入っていたら、びっくりしてしまいますよね。

恐怖心も芽生えてしまいますから、LINEを連投するのはやめてください。

長文を送る

LINEの返信が遅い男性に対してやってはいけないNG行為には、長文を送ることが挙げられます。

LINEの返信が遅く、あまりやり取りができないのが寂しいからと言って、長文を送るのはNG。

今日あったことを彼と共有したい気持ちは分かりますが、長文のLINEは読むのが億劫なだけでなく、彼をウンザリさせてしまいます。

文句を言う

LINEの返信が遅い男性に対してやってはいけないNG行為には、文句を言うことが挙げられます。

遅いことを責めることと似ていますが、友達などに対して「○○くんっていつもLINEの返事が遅くてさ…」などと文句を言うのはやめましょう。

SNSなどに文句をつぶやくのも、NGです。


まとめ:LINEの返信が遅い男性は意外と多い

LINEの返信が遅い男性の心理や脈あり、脈なしサイン、LINEの返信が遅い男性への対処法、そしてLINEの返信が遅い男性にやってはいけないことについて、紹介しました。

LINEの返信が遅い男性は意外と多く、返信が遅いからといってあまり気にすることはありません。

自分のペースが普通とは思わず、相手に合わせる心の余裕を持つと、2人の関係もうまくいきますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA