素直じゃない男性の心理や特徴は?素直じゃない男性がめんどくさい時の対処法を紹介!

素直じゃない男性の心理や特徴は?素直じゃない男性がめんどくさい時の対処法を紹介!

素直じゃない男性について、紹介します。

あなたの周りにも、素直じゃない男性はいませんか。

一般的に女性より男性の方が、素直じゃない人が多いと言われています。

ここでは、素直じゃない男性の心理や特徴、脈ありサイン、脈なしサインについて詳しく見ていきたいと思います。

また、素直じゃない男性がめんどくさいときの対処法についても触れていますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

素直じゃない男性の心理

まずは、素直じゃない男性の心理について紹介します。

素直じゃない男性は意外と多いのですが、なぜ男性は素直になれないのでしょうか。

特に好きな人に対して素直じゃない男性が多いのですが、素直じゃない男性の心理には以下のようなものが挙げられます。

かっこ悪い

素直じゃない男性の心理には、かっこ悪いというものが挙げられます。

素直じゃない男性は、素直に自分の気持ちを言うことをかっこ悪いと思っていることが多いよう。

思春期の頃など、素直に人の話を聞くことをかっこ悪い、ダサいと感じていた人もいると思いますが、それと近いものがありますね。

本心を悟られたくない

素直じゃない男性の心理には、本心を悟られたくないというものが挙げられます。

好きな人に対して素直じゃない男性の多くは、自分の本心を悟られたくないという気持ちが強いです。

相手の女性のことが好きだということを、周りの人に知られたくないのです。

本心を悟られたくない気持ちが強い人は、本心とは正反対のことばかりしてしまうでしょう。

恥ずかしい

素直じゃない男性の心理には、恥ずかしいというものが挙げられます。

素直じゃない男性は、自分の気持ちを話すことが恥ずかしくてたまりません。

周りと違う意見だったり、自分だけという場面では特に素直になることができないのは、素直になることが恥ずかしくてたまらないからなのです。

弱いところは見せたくない

素直じゃない男性の心理には、弱いところは見せたくないというものが挙げられます。

素直に自分の気持ちを話すことは、男性にとって「弱みをさらけ出すこと」と似ているもの。

人前で虚勢を張っていたい、強く見せたいと思っているからこそ、素直になることができません。

弱いところは見せたくないのです。

負けた感じがする

素直じゃない男性の心理には、負けた感じがするというものが挙げられます。

恋愛では、「好きになった方が負け」なんて言われることがありますよね。

それと同じで、素直に本心をさらけ出すことは相手に負けた感じがする、と思ってしまう男性も少なくありません。

負けたくないからこそ、素直になれないのでしょうね。


どんな人?素直じゃない男性の特徴・性格

続いて、素直じゃない男性の特徴や性格について紹介します。

素直じゃない男性の心理については先程紹介したとおりですが、素直じゃない男性にはどんな特徴があるのでしょうか。

素直じゃない男性の特徴や性格について、詳しく見ていきましょう。

プライドが高い

素直じゃない男性の特徴や性格には、プライドが高いことが挙げられます。

なぜ素直になれないのか?というと、それはずばりプライドが高いから。

元々男性はプライドが高い人が多いと言われていますが、中でもプライドが高すぎる男性は素直になることができません。

高すぎるプライドも、厄介なものですね。

見栄っ張り

素直じゃない男性の特徴や性格には、見栄っ張りであることが挙げられます。

プライドが高いことと似ていますが、見栄っ張りであるため素直になれない人も少なくありません。

自分を強く見せたい気持ちは分かりますが、だからといって素直になれず、意地を張ってばかりなのも困ったものですね。

疑い深い性格

素直じゃない男性の特徴や性格には、疑い深い性格であることが挙げられます。

素直じゃない男性は、人を信じることができません。

疑い深い性格のため、何でもかんでも疑いの目を向けてしまいます。

騙されるかもしれない、と思っているからこそ、素直に受け取ることができないのです。

人前では素っ気ない

素直じゃない男性の特徴や性格には、人前では素っ気ないことが挙げられます。

素直じゃない男性は、周りに人がいるときは常に素っ気ない態度で接してきます。

たとえ恋人であっても、人前では素っ気なく振舞ったり冷たい態度で話してくるでしょう。

ただし、このタイプは2人きりのときには態度が一変することも少なくありません。

何でも否定する

素直じゃない男性の特徴や性格には、何でも否定することが挙げられます。

素直じゃない男性は、とりあえず否定から入ります。

何があっても、まず否定から入るのは素直じゃない男性の最大の特徴と言えるでしょう。

素直に相手を認めることができないので、否定しないと気が済まないのです。


これは愛情表現?素直じゃない男性の脈ありサイン

ではここで、素直じゃない男性の脈ありサインについて紹介します。

素直じゃない男性からは嫌われているのかな…と感じてしまうことも多いのですが、「素直じゃない=脈なし」というわけではありません。

素直じゃない男性の脈ありサインには以下のようなものがあるので、見逃さないようにしたいですね。

近くにいる

素直じゃない男性の脈ありサインには、近くにいることが挙げられます。

素直じゃない男性は、口では冷たくあしらっていても、なぜかいつも近くにいるという特徴があります。

隣ではなくても、斜め前など視界に入る場所にいることが多いでしょう。

近くにいることが多いのは、わかりやすい脈ありサインですね。

自分の話をする

素直じゃない男性の脈ありサインには、自分の話をすることが挙げられます。

相手の話は素直に聞けない、受け取れない人だとしても、自分の話を積極的にするのは立派な脈ありサインだと言えます。

なぜなら、人は嫌いな人やどうでもいい人には、自分のことを知られたくないと思うから。

素直じゃない人なら、尚更その傾向が強いでしょう。

2人だと態度が変わる

素直じゃない男性の脈ありサインには、2人だと態度が変わることが挙げられます。

周りに人がいると素っ気ない男性も、2人きりのときだと態度が変わるのであれば脈ありの可能性が高いでしょう。

人前では恥ずかしくて素っ気ない態度になってしまっても、2人のときなら甘えてくるのはわかりやすいですね。

デートをOKしてくれる

素直じゃない男性の脈ありサインには、デートをOKしてくれることが挙げられます。

どんなに素っ気ない態度や否定ばかりしてきても、2人きりでのデートに誘ってOKしてくれるなら脈ありだと言えるでしょう。

嫌いな人から誘われても、OKしませんよね。

デートをOKしてくれるのは、非常に分かりやすい脈ありサインです。

連絡してくる

素直じゃない男性の脈ありサインには、連絡してくることが挙げられます。

素直じゃない男性から割と頻繁に連絡がくるのであれば、それは脈ありサインと言えます。

元々男性は、女性ほどLINEなどでコミュニケーションをとることがなく、用がなければ連絡しないことも多いです。

だからこそ、積極的に連絡してくるのは脈ありの可能性が高いと言えるでしょう。


素直じゃない男性の脈なしサイン

続いて、素直じゃない男性の脈なしサインについて紹介します。

素直じゃないことは愛情の裏返しであることもあるのですが、実はそのまま脈なしサインであることも少なくありません。

以下のような態度が見られるときは、素直じゃない男性は脈なしだと言えるでしょう。

人前でも2人でも冷たい

素直じゃない男性の脈なしサインには、人前でも2人でも冷たいことが挙げられます。

素直じゃない男性で、尚且つ脈なしの場合、人前でも2人のときでも態度が変わらず冷たいという特徴があります。

脈ありのときのように、2人のときだと態度が変わるということがありません。

常に冷たい態度を取られていたら、脈なしと思った方が良いでしょう。

連絡しないと連絡がない

素直じゃない男性の脈なしサインには、連絡しないと連絡がないというものが挙げられます。

素直じゃない男性から連絡が来ないのであれば、それは脈なしと言わざるをえません。

自分から連絡してばかりだな、と感じたり、連絡しても返事が来ないことが多いというのであれば、あなたのことをどうでもいいと思っている可能性が高いでしょう。

2人の誘いは断る

素直じゃない男性の脈なしサインには、2人の誘いは断ることが挙げられます。

素直じゃない男性であっても、グループでの遊びに誘えばOKしてくれることもあるでしょう。

たとえひねくれた言い方であっても、グループならOKしてくれるのに2人で遊ぼうと誘っても断られるのは、脈なし以外の何物でもありません。

目が合わない

素直じゃない男性の脈なしサインには、目が合わないことが挙げられます。

素直じゃない男性は、素っ気ない態度や冷たい口調で話すことが少なくありません。

しかし、好きな人であれば距離が近い、目が合うなどの特徴があるもの。

一度も目が合わないのであれば、彼はあなたのことを何とも思っていません。

話の内容を覚えていない

素直じゃない男性の脈なしサインには、話の内容を覚えていないことが挙げられます。

普通、好きな人との会話は細かいところまで覚えているもの。

しかしどうでもいい人との会話は、すぐに忘れてしまいますよね。

つまり、自分との過去の会話の内容を全く覚えていないのであれば、残念ながら脈なしだと言えるでしょう。


素直じゃない男性がめんどくさい時の対処法

最後に、素直じゃない男性がめんどくさいときの対処法について紹介します。

素直じゃない男性と一緒にいること、関わることをめんどくさいと感じてしまったら、どうすれば良いのでしょうか。

素直じゃない男性がめんどくさいときは、以下の方法で対応していきましょう。

スルーする

素直じゃない男性がめんどくさいときの対処法には、スルーすることが挙げられます。

素直じゃない男性といるのがめんどくさいな、と感じたら、スルーしてしまいましょう。

適当に相槌を打ち、無視してしまうのが一番です。

あなたがスルーし始めたことで、彼も自分が素直じゃなかったことを反省するかもしれません。

相手にしない

素直じゃない男性がめんどくさいときの対処法には、相手にしないことが挙げられます。

素直じゃない男性にいちいち付き合うのがめんどくさくなったら、相手にするのをやめましょう。

相手が何か言ってきても、「ふーん」などと聞き流してしまえばOK。

相手も素っ気ない態度をとっているわけですから、あなたが同じように振舞っても何の問題もありません。

放っておく

素直じゃない男性がめんどくさいときの対処法には、放っておくことが挙げられます。

素直じゃない男性が否定ばかりしてきたり、素直に聞き入れてくれなかったとしても、放っておきましょう。

いちいち相手にしていたらキリがありませんから、「また言ってるよ…」くらいに思っておけば良いのです。

距離を置く

素直じゃない男性がめんどくさいときの対処法には、距離を置くことが挙げられます。

素直じゃない男性と関わるのがめんどくさいのであれば、少しずつ距離を置くようにしましょう。

仕事などで関わるのであれば、挨拶や仕事の話だけできる状況であれば、プライベートでは距離を置いても問題ありません。

フェードアウトする

素直じゃない男性がめんどくさいときの対処法には、フェードアウトすることが挙げられます。

素直じゃない男性に絡まれてウザい、ストレスが溜まるというのであれば、徐々にフェードアウトしていきましょう。

LINEはブロックし、会わないように時間をずらすなどしていくことをおすすめします。

フェードアウトされれば、さすがに相手も素直さを身につけるのではないでしょうか。


まとめ:素直じゃない男性の本心を探ろう

素直じゃない男性の心理や特徴、脈ありサイン、脈なしサイン、そして素直じゃない男性がめんどくさいときの対処法について紹介しました。

素直じゃない男性は、照れや恥ずかしさなどから素直じゃない正反対の態度をしていることも少なくありません。

素直じゃないからといって脈なしと決めつけず、素直じゃない男性の本心を探っていきましょう。

ただし、自分が相手をするのがめんどくさいと思ったら、あなたがストレスを溜めないように対応していくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA