理路整然と話す女性の特徴や心理|理路整然と話す女性への対処法とは

理路整然とは、話に矛盾がなく筋道が通っていること・順序がしっかりと組み立てられていることを指します。
女性は話があちこちに飛んだり、すぐに感情的になりがちです。しかし、理路整然と話せる女性にはそのような傾向は全くなく、物事を的確・明確に人に伝えることができます。
今回は、理路整然と話す女性について紹介していきます。
理路整然と話す女性の特徴・心理や、嫌われる理由など、様々な観点から深掘りしていきます。

理路整然と話す女性の特徴

理路整然と話す女性は、非常にクールで聡明であることが特徴的です。頼もしい存在ですが、あまりに淡々としているため悪いイメージを持たれてしまうこともあります。
では、具体的に理路整然と話す女性の特徴について紹介していきます。

関連記事はこちら▽ 頼もしい人の特徴や性格|頼もしいと言われた時の上手な返し方とは 理路整然と話す人の特徴や心理|理路整然とした話し方をするには

冷静沈着

理路整然と話す女性は、感情的になることがなく、常に冷静沈着であることが特徴的です。
落ち着いて話すことができるだけでなく、立ち振る舞いもいつも凛としており「かっこいい女性」という印象を周囲の人に与えます。
また、失敗した部下に激怒したり、トラブルが起こったときに慌てるといったことはありません。その反面、喜びや楽しさを表現することもあまりないため、人前で笑うことも少ないです。

説明が分かりやすい

論理的に筋道を立てて話すので、説明がかなり分かりやすいことも特徴の一つです。
理路整然と話すことができる女性が新入社員の教育係になると、誰よりも早くその後輩を成長させてあげられるでしょう。例え専門的な知識であっても、誰にでも分かりやすく説明する能力が長けています。

怖い人に見える

理路整然と話す女性は、冷静過ぎて感情をあまり表に出さないため「怖い人」と思われてしまうこともあります。また、世間話などの雑談をすることが苦手なため、とっつきにくい印象も与えます。
同性からは「話しかけずらい」と苦手意識を持たれ、男性からは異性として見られることがあまりないので、友人も恋人もなかなかできません。

頭の回転が早い

瞬時に要点をまとめて簡潔に、しかも分かりやすく相手に伝えられる…それは、頭の回転が早いからこそできることです。
例えば部下に突然業務についての質問をされても、迷うことなく的確な答えを返すことができます。いつもしっかりと答えを導き出してくれるので、部下からはかなり頼りにされています。
更に、頭の回転が早いということは、単に説明が上手いだけでなく仕事もできるということです。

自分の意見をはっきり言える

理路整然と話す女性は、相手が誰であっても臆することなく、自分の意見をはっきりと言うことができます。
例え相手と意見が割れても、相手の立場や性別に関係なく、冷静に自分の考えを述べます。感心されることもありますが、時に「生意気」と思われてしまうこともあります。

理路整然と話す女性の心理

物事を冷静に淡々と人に説明することができるのは、女性にしては珍しいスキルです。それができるのは、自分に自信を持っていることや、公私混同していないことが要因となっています。
ここでは、理路整然と話す女性の心理を詳しく紹介していきます。

相手に感情移入していない

理路整然と話すことができるのは、相手に感情移入していないからです。
特に職場では人間関係よりも業務を重視しているので、相手の顔色を伺うことなく淡々と言うべきことを伝えられるのです。
その結果「冷たい人」と思われてしまうこともありますが、ほとんどの人が仕事がやりやすく助かっていると感じています。

正確に伝えたい

理路整然と話す女性は、淡々とした話しぶりのせいで冷たく思われがちです。しかし、物事を相手に正確に伝えてあげたいという、非常に親切な思いを心の中に持っているのです。
女性は感情的になりやすいため、「言ってることが良く分からない…」と聞き手に思わせてしまいがちです。そうならないために、相手の知りたいことを的確に見抜き、聞き取りやすい冷静な口調で話すことを心掛けているのです。

自分の考えに自信がある

誰に対しても堂々と落ち着いて意見することができるのは、自分の考えに自信があることの表れでもあります。
自分の意見に自信がないと、どうしてもオドオドしたり、支離滅裂なことばかり言ってしまうものです。
自分の考えに自信を持てるのは、沢山の知識を持っているからこそです。根拠もなく「自分は正しい」と自信過剰になっているわけではないので、人を納得させることができるのです。

効率的に物事を進めたい

理路整然と話す女性は、効率的に物事を進めたいと考えています。
効率重視なため、職場では世間話で盛り上がることを嫌います。私語はコミュニケーションの一環とも取れますが、仕事に関係ない話は無駄であることも事実です。むしろ、会話することが業務の妨げになる・邪魔であるとすら思っているので、同僚達とわきあいあいと会話をすることはありません。

威圧感を与えたい

相手に威圧感を与えるために、あえて理路整然と話す人もいます。
このような思考を持つ人は、非常にプライドが高いです。少しでも相手になめられていると感じると、自分の威厳を示すためだけに相手を論破しようとします。冷静・淡々としているというよりは、嫌悪感を滲ませながら冷たく言葉を発するので、相手は完全に委縮してしまいます。

理路整然と話す女性が嫌われる理由

理路整然と話す女性は、時に人から嫌悪感を抱かれてしまう場合もあります。決して間違ったことは何一つ言っていないのに嫌われてしまう原因は、態度や話し方にあると考えられます。
では、具体的に理路整然と話す女性が嫌われる理由を紹介します。

偉そうに見える

理路整然と話す女性が嫌われるのは、偉そうに見えるからです。
自分の意見を堂々と言えるのは素晴らしいことですが、受け手によっては不快にさせてしまう場合もあります。特に、「女は愛嬌」なんて古臭い考えをまだ持っている人にとっては、受け入れ難い話し方なのでしょう。

太刀打ちできないから

淡々と正論をぶつけられると、よほど頭の回転の速い人でないと太刀打ちできないものです。「この人には口では敵わない」という気持ちになり、嫌悪感が生まれてしまいます。
特に、負けず嫌いですぐに感情的になってしまう人にとっては、理路整然と話す女性は非常に苦手な存在です。

関連記事はこちら▽ 正論ばかり言う人の特徴や心理|正論ばかり言う人への対処法とは

面白みがない

理路整然と話す女性が嫌われるのは、面白みに欠けることも原因の一つです。
自分の感情を表に出すことがなく、無駄話をして笑い合うこともないので、基本的に一緒に居ても全く盛り上がりません。特にお喋り好きの女性からは、「何を考えているか分からない」と敬遠されがちです。

プライドを傷つけられる

理路整然と話す女性は、時に相手から「上から目線」と思われてしまうことがあります。
特に、相手がプライドの高いタイプの場合「馬鹿にされた」「見下された」と被害妄想に陥り、嫌悪感を抱いてしまうことが少なくありません。相手のためを思って言ってあげていることでも、言い方一つで気分を悪くさせてしまうのです。

妬ましい

堂々とした態度で、誰に対しても理路整然と話すことができる女性は、職場では上司から良い評価を受けることが多いです。同僚達よりも早く昇進することもあるため、妬ましく思われてしまう場合もあります。
特に男性には、女性に先を越されたことに強い敗北感を感じる人が少なくありません。

理路整然と話す女性への対処法

理路整然と話す女性に対して、苦手意識を持っている人も少なくはないでしょう。特に、職場の上司がそのようなタイプだと、何となく怖くて委縮してしまいます。
上手く付き合うためにはどのように接するべきか…そう悩んでいる方に向けて、ここでは理路整然と話す女性への対処法を紹介します。

しっかりと話を聞く

理路整然と話す女性は、大抵あなたのためになることしか話しません。しっかりと話に耳を傾けておけば、あなた自身成長できることは間違いありません。
苦手な人の話はあまり聞く気にはなれないものですが、一度ちゃんと向き合ってみましょう。あなたのためを思って言ってくれている親切心が伝わってきて、「冷たい」「怖そう」という印象は消えてなくなるでしょう。

自分の意見があるならはっきり伝える

理路整然と話す人には、なんとなく自分の意見を言いにくいものです。しかし、言ってみると案外すんなり聞き入れてくれる可能性があります。勇気を出して自分の意見をはっきり伝えてみましょう。
理路整然としている女性は、決して頑固であったり、自分の意見を押し付けようとするタイプではありません。あなたの意見が素晴らしいものであれば、必ず取り入れてくれます。

プライベートな会話を投げかけてみる

もっと距離を縮めたいと思うのであれば、あなたの方からプライベートについての会話を投げかけてみましょう。
理路整然としている女性は、自分から砕けた会話をすることがありません。あなたの方から徐々に仕事以外の話題を振ることで、少しずつ距離を詰めることができる可能性はあります。ただ、あまりにも根掘り葉掘り私生活について質問すると、うっとおしがられる危険性があるので注意しましょう。

嫌いな場合は距離を置く

理路整然と話す女性がどうしても好きになれない…むしろ嫌悪感すらある…そんな場合は、距離を置くことが最も良い対処法です。
嫌いな人と無理をして仲良くしようとする必要はありません。相手は自分から必要以上に距離を近づけようとはしてこないので、あなたが離れれば程よい距離感は保たれます。

頼りにする

理路整然と話す女性と上手く付き合えない…そんな場合は、相手を思いっきり頼りにすると良いでしょう。頼りにすると必ずあなたの力になってくれます。
仕事で分からないことを質問すれば、いち早く答えを導きだしてくれます。また、悩みを相談すれば的確なアドバイスをくれるでしょう。

理路整然と話す女性になるには

人に物事を上手く説明することができない・話がいつもあちこちに飛んでしまう…そのような女性は多いでしょう。
ここでは、理路整然と話せる女性になるにはどうすべきかを紹介していきます。人に的確に物事を伝えられるようになりたいという女性は必見です。r

感情的にならない

理路整然と話す女性になるためには、感情的にならないことを心掛けましょう。
もしも感情が溢れてしまいそうになったら、気持ちが落ち着くまで言葉を発しないようにしましょう。まず冷静な気持ちにならないと、理路整然と話すことはできません。
普段から感情を抑えることを意識すれば、徐々に落ち着いた姿勢が身に付きます。

考えてから話す

しっかり考えてから話すことも、重要なポイントです。
思いつくままに話をしていたら、結局何が言いたかったのか自分でも分からなくなってしまいます。もちろん相手にも言いたいことが全く伝わりません。
あらかじめ言いたいことを紙に書き出し、頭の中をきちんと整理しておくのも方法の一つです。

簡潔に話すようにする

伝えたいことはなるべく簡潔に話すようにしましょう。
せっかく言いたいことが頭の中で整理されていたとしても、説明が長すぎると相手が聞く気をなくしてしまいます。理路整然と話すには、できるだけ要点だけで構成された短い内容にまとめることが重要です。
簡潔に話すことを意識して続けていけば、次第に頭の回転が速くなり瞬時に筋道を立てて話せるようになります。

相手の顔色を伺わない

相手の顔色をいちいち伺わないことも大切です。
話している最中に相手が納得していない様子が見受けられたら、「何か間違ったこと言ってるかな?」と気になってしまい、結局上手く話せず言ってることが支離滅裂になってしまいがちです。
相手がどう思っているかよりも、自分が伝えたいことを正確に話すことに集中しましょう。

話が脱線しないよう注意する

女性は話があちこちに脱線してしまいがちです。それは、頭に思い浮かんだことを何でも口に出すからです。
理路整然な話し方というのは、筋道がしっかりしていることを指します。話が脱線することとは全く正反対の状態です。的確に相手に物事を伝えたい時は、他のことは考えず話す内容のことだけに集中するようにしましょう。

理路整然とした話し方は恋愛でも活用できる

理路整然とした話し方は、ビジネスシーンだけでなく実は恋愛でも有効的に活用することができます。
例えば恋人と喧嘩になったとき…大抵女性の方が感情的になり、男性側をうんざりさせてしまうことが多いでしょう。男性が求めるのは、感情的になってお互いの意見をぶつけ合うのではなく、冷静に話し合ってきちんと解決することなのです。理路整然とした話し方を身につけることで、恋人と価値観や意見の食い違いがあっても、喧嘩になることはなく良好な関係を保つことができます。
「冷静過ぎると可愛げがない女と男性から思われてしまう」と思い込んでいる女性は多いでしょう。確かに、嬉しい時・楽しい時に全力で笑ってくれる女性は男性から見て魅力的ではあります。しかし、喧嘩やトラブルが起きた時に落ち着いて対応できる冷静さも、男性は女性に求めているのです。