牡牛座(おうし座)の恋愛傾向とは?アプローチから結婚までを解説!

牡牛座(おうし座)の恋愛傾向とは?アプローチから結婚までを解説!

牡牛座のは、心が広くとても穏やかで、我慢強いことだといわれています。

普段は滅多に怒ることはことはありませんが、筋の通っていないことを嫌います。

ではそんな牡牛座の恋愛傾向はどうでしょう。

これからご紹介する特徴は牡牛座のあなたにも心当たりがあるものかもしれません。

おうし座の性格の特徴についてはこちらで詳しく説明しています。

牡牛座(おうし座)の性格の特徴とは?オタク気質なタイプが多い! 牡牛座(おうし座)の性格の特徴とは?オタク気質なタイプが多い!

牡牛座の恋愛傾向

牡牛座の恋愛アプローチ

牡牛座の恋愛の傾向は、寂しがり屋で愛情を求める一方で、刹那的で衝動的な一面を持ち合わせています。

仕事でもこだわりがあるように恋愛においても相手との関係に強いこだわりと、つながりを求めます。

このため、長い時間をかけて、家族関係を気付いていくような堅実な部分を持ち合わせているので、距離感をうまく保ち、調整してくれるような相手との恋愛が適しています。

反面、甘えたがる傾向もあるので、恋愛でも深みにはまり、際限なく突き進んでしまうことがあります。

特に、二人の世界に浸ってしまっているときが要注意で、自分も相手も成長できないことがあります。

牡牛座と付き合うには

牡牛座は、優しい言葉や気遣いは大切にしますが、馴れ馴れしくされるのを嫌います。

また、ふるまいはあたかも王侯貴族のようで、相手に偉そうにされたり、見下されるような行為を何よりも嫌います。

このため、思わせぶりな態度は嫌いではないものの、そこに上下関係を感じさせるようなやり取りは拒絶されます。

もし、牡牛座と距離を詰めたいと考えているのならば、肉体的な距離を詰めるのではなく、精神的な距離を詰めるほうが信頼を得やすくなり、結果としてアプローチが成功するといえるでしょう。

また、距離を縮める近道は、踏み込みすぎないようにしながら、好きなものが何かを注意深く観察していくことです。

牡牛座との付き合い方

牡牛座は根は人懐こい性格なので、友達として接するのはよいのですが、恋愛対象の相手とは簡単に距離を詰めようとしません。

このため、最初のうちは興味のないようなそぶりをされ、どう振舞ったらいいかわからなくなりますが、徐々にお互いの距離が詰まり、時間がたつと一緒にいることが増えているので心配する必要はありません。

特に、体験を共有することが好きなので、それまでなかった経験をさせてくれたり、さまざまな場所へ連れ出してくれるようになるでしょう。

牡牛座はセンスがよく、こだわりもあるので、この誘いに乗ることで、きっと新しい世界が広がり、楽しみも増えるはずです。

牡牛座とのデートやスキンシップ

牡牛座とのデートはゆったりとして落ち着いた時間を好むので、あわただしくせず、穏やかに過ごせる場所がよいでしょう。

このため、多くの人から注目されている最先端の人気スポットなどは適しません。

近場であっても行き慣れた落ち着いた空間が好まれます。

また、スキンシップは最初からべたべたしすぎず、徐々に頻度を上げていくのがベターです。

最初から濃いスキンシップを求めると、自分のフィールドに土足で入り込まれたと感じ、気分を損ねてしまうことがあります。

特に、本命だと思った相手には慎重になりがちなので、大切なのは相手のペースに合わせて徐々にスキンシップの頻度を上げていくことです。

牡牛座との恋愛が終わるとき

牡牛座と付き合うときに最も大切なのは二人の時間を大切にすることです。

お互いのすれ違いが続くと牡牛座にとっては大きなストレスとなります。

牡牛座が甘えたがる傾向にあるのは、二人の時間を楽しみたいからなのです。

もともと、牡牛座は不器用で、どんなタイプの人とも合わせられるというタイプではありません。

牡牛座自身は二人でいることを重要視しているのに、この価値観が相手とずれてしまうようになると次第に別れを意識し始めます。

牡牛座には、自分と相手が違うことによる好奇心をくすぐられるというような感覚は希薄です。

このため、常にお互いに触れあっていないと次第に不安を募らせ気持ちは離れていってしまうでしょう。

牡牛座が失恋したとき

牡牛座は恋愛が始まるときもゆっくりとしたペースで始まりますが、失恋してしまったときにも立ち直るのに長い時間がかかります。

失恋の悲しみは深く、なかなか気持ちを上向きにすることができません。

このため、失恋したときには誰か話し相手が必要です。

また、マッサージやアロマテラピーといった、心に癒しを与えられる効果のあるものを試してみるのもよいでしょう。

ひとりだけで過ごしていると、心がふさいでつらい気持ちを抱え込んでしまうので、失恋したときにはほかの星座の人と一緒に過ごすのが回復への第一歩となります。

うまく失恋から立ち直れないと、もともと気持ちの切り替えに時間がかかる星座なので、時として何年も引きずり、婚期を逃してしまうかもしれません。

牡牛座の結婚

牡牛座は誠実なので、付き合っている相手は常に結婚の候補者と考えている傾向があります。

さまざなな条件が整えばいつでも結婚する覚悟はできています。

また、牡牛座は家族を大切にして、自分のテリトリーを守るとする傾向があります。

このため、お互いの時間があわなくなったりすると気まずさを感じるかもしれません。。

牡牛座と結婚するには同じものを共有し、同じ価値観を持ちながら、同じ時間を一緒に歩んでいこうという意識がお互いの中に強くあるかどうかが大きなカギとなってくるでしょう。

生活の中では小さな工夫を積み重ねて、好みの環境を少しずつお互いに作り上げていくのを心がけながらも、急激な変化は伴わないように注意します。

血液型別の牡牛座の恋愛傾向

牡牛座A型

牡牛座A型の恋愛傾向は、とても情熱的なタイプの人が多いです。

それでいて負けず嫌いな傾向があるので、誰かと張り合うことが多いのが特徴と言ってもいいでしょう。

明るい性格をしているので異性からはモテますが、本人はロマンチックな恋に憧れを抱いているので、タイプではない人からアプローチされることも少なくありません。

牡牛座(おうし座)A型の恋愛傾向とは?情熱的で負けず嫌い! 牡牛座(おうし座)A型の恋愛傾向とは?情熱的で負けず嫌い!

牡牛座B型

牡牛座B型の恋愛傾向は、そのペースが非常にゆっくりなのが特徴です。

また、常に恋愛には真剣なタイプで、遊びで付き合ったり、なんとなく寂しいから付き合うことは一切ありません。

その反面、相手も自分と同じように考えてほしいという気持ちが強く、それがときには束縛などの行為につながってしまうことも少なくありません。

牡牛座(おうし座)B型の恋愛傾向とは?恋愛のペースはちょっと遅め! 牡牛座(おうし座)B型の恋愛傾向とは?恋愛のペースはちょっと遅め!

牡牛座O型

牡牛座O型の恋愛傾向は、友達から発展することが多いのが特徴です。

しかし、あからさまなアプローチはせず、基本的には受け身です。

そのため相手次第になってしまうことが多々あり、恋愛成就の可能性はあまり高くありません。

牡牛座(おうし座)O型の恋愛傾向とは?基本は受け身! 牡牛座(おうし座)O型の恋愛傾向とは?基本は受け身!

牡牛座AB型

牡牛座AB型の恋愛傾向は、熱しやすくそして冷めにくいところがあります。

つまり、一度好きになったら結論がしっかり出るまで相手のことを思い続ける傾向があるのです。

そのため、追われる恋より追う恋のほうが好きな人が多いのが特徴です。

牡牛座(おうし座)AB型の恋愛傾向とは?熱しやすく冷めにくい! 牡牛座(おうし座)AB型の恋愛傾向とは?熱しやすく冷めにくい!

牡牛座と相性の良い星座

蟹座

牡牛座の人と相性の良い星座はズバリ「蟹座」です。

牡牛座の特徴は慎重で安心感を与える雰囲気を持ち、一途で人を心から信頼する性格です。

そうすると相手は思いやり深く優しい人間性を持つ、人を裏切らない星座の人がぴったりといえます。

その点かに座の特徴は、優しく控えめで人と衝突することを嫌い、相手に心から愛されることを望みます。

また家族や友人達を大事にします。

友人としては信頼できる人であり、恋人としては一途な相手の愛情をきちんと受け止める、それがかに座の人といえるでしょう。

蟹座(かに座)の恋愛傾向とは?強引なアプローチにめっぽう弱い! 蟹座(かに座)の恋愛傾向とは?強引なアプローチにめっぽう弱い!

牡牛座と相性の悪い星座

射手座

思いやりがあって優しくて一途な性格が牡牛座の特徴です。

そう考えると射手座の人は活発すぎて振り回されてしまう可能性があります。

おっとりさんの牡牛座と真逆の性格の射手座には、一緒にいて包容力や安心感を感じることは難しいでしょう。

きっと穏やかな辛抱強い性格の牡牛座の人は、射手座の人と長く一緒にいると疲れることになりそうです。

ゆっくりと相手との関係を作っていきたい牡牛座と行動力で突っ走る射手座。

魅力的に思えても慎重に行動することが牡牛座にとっては身を守ることにつながります。

射手座(いて座)の恋愛傾向とは?ロマンチストだけど寂しがりやな一面がある! 射手座(いて座)の恋愛傾向とは?ロマンチストだけど寂しがりやな一面がある!