脈なしに見えて脈ありな男性の特徴と脈ありか見分ける方法を紹介!

脈なしに見えて脈ありな男性の特徴と脈ありか見分ける方法を紹介!

脈なしに見えて実は脈ありな男性について、紹介します。

男性の言動や態度などから、「脈なしなんだろうな」と思ってしまうこともありますよね。

しかし中には、脈なしに見えて実は脈ありということも少なくありません。

ここでは、そんな脈なしに見えて脈ありな男性の特徴や、脈なしか脈ありかを見分ける方法について詳しく見ていきたいと思います。

ぜひ、最後まで読み進めてみてください。

脈なしに見えて脈ありな男性の特徴

まずは、脈なしに見えて脈ありな男性の特徴について紹介します。

女性からすると、「残念だけど脈なしなんだろうな」と感じる瞬間ってありますよね。

しかし実は、脈なしに見えて脈ありなことも多いもの。

今回は、脈なしに見えて脈ありな男性の行動、LINE、会話やセリフ、職場での行動についての特徴を見ていきましょう。

脈なしに見えて脈ありな男性の行動

目をそらす

脈なしに見えて脈ありな男性の行動には、目をそらすことが挙げられます。

男性と目が合ったとき、目をそらされると嫌われてるのかな…と思ってしまいますが、目をそらすのは脈ありの可能性大。

男性は、自分が好きな人のことを見ていたことを相手に知られたくなくて、目が合ったときに咄嗟にそらしてしまうのです。

目を合わせない

脈なしに見えて脈ありな男性の行動には、目を合わせないことが挙げられます。

好きな人のことは目で追ってしまうものですが、好きだからこそ恥ずかしくて目を合わせられないという男性もいます。

特に話すときなど、至近距離では目を合わせないことも多いでしょう。

そっけない

脈なしに見えて脈ありな男性の行動には、そっけないことが挙げられます。

あなたが話しかけたときや近くにいったときなど、そっけない態度、つまらなそうな態度をとるのも脈なしに見えて脈ありの可能性があります。

男性は、クールなことがカッコイイと思っているので、好きな人にはかっこいいと思われたくて、あえてそっけなく振る舞うこともあるでしょう。

「みんなで」を提案する

脈なしに見えて脈ありな男性の行動には、「みんなで」を提案することが挙げられます。

好きな人とは2人で出かけたいと思うものでは?と思うかもしれませんが、男性の中には2人で遊びに行こうと誘って断られたらどうしよう…と不安になり、なかなか誘えない人もいます。

こういう人は、遊びに行くのも「みんなで」とグループで行くことを提案するのです。

遠くにいる

脈なしに見えて脈ありな男性の行動には、遠くにいることが挙げられます。

好きな人の近くにいたいと思うものですが、恥ずかしくて近くにいけないという男性も少なくありません。

こういう男性は、あえてあなたの遠くにいて、遠くからさりげなくあなたのことを見ていることが多いものです。


脈なしに見えて脈ありな男性のLINE

返信が遅い

脈なしに見えて脈ありな男性のLINEには、返信が遅いことが挙げられます。

好きな人からのLINEは早く返信したくなるのでは?と思うかもしれませんが、相手が好きな人だからこそ返信が遅くなることもあるもの。

なぜなら、好きな人に嫌われたくない、変な人だと思われたくなくて、「何て返すか」を真剣に悩んでしまうからです。

返事は一言のみ

脈なしに見えて脈ありな男性のLINEには、返事は一言のみであることが挙げられます。

返事が一言だけだと、LINEを続けたくないのかなと感じてしまいますが、これは「余計なことを書いて嫌われたくない」という気持ちの現れ。

たとえ返事が一言であっても、返信してくれるのなら脈ありの可能性が高いでしょう。

スタンプのみで返す

脈なしに見えて脈ありな男性のLINEには、スタンプのみで返すことが挙げられます。

返事が一言のみであることと同様、スタンプのみで返されるときも、LINEを続けたくないのかなと思ってしまいますが、どんなスタンプを使うか?によっては脈ありのことも。

たとえばあなたが好きなアニメのキャラのスタンプなど、あなたの好みに寄せてきている場合は脈ありだと言えるでしょう。

長く続かない

脈なしに見えて脈ありな男性のLINEには、長く続かないことが挙げられます。

元々男性は、LINEでコミュニケーションを取ることをそこまで重要視していません。

LINEでのやり取りより、直接会って話したいという気持ちの方が強いのです。

そのため、或程度やり取りをしたらLINEが終わる、長く続かないことも珍しくはありません。

自分から終わらせる

脈なしに見えて脈ありな男性のLINEには、自分から終わらせることが挙げられます。

男性は、好きな人とのLINEこそ自分で終わらせることが多いもの。

なぜなら、好きな人から返事が来ない状態で終わらせるのが、無視されたみたいで嫌だからです。

そうならないよう、「じゃあおやすみ」などと自分からLINEを終わらせるのです。


脈なしに見えて脈ありな男性の会話・セリフ

何でもいいよ

脈なしに見えて脈ありな男性の会話やセリフには、「何でもいいよ」というものが挙げられます。

食事などに行くとき、「何が食べたい?」と聞くのはお決まりのセリフですが、そのとき「何でもいい」と言われると「どうでもいいのかな」と感じることもあるでしょう。

しかし、何でもいいというのは「あなたの好きなものでいい」という意味でもあるのです。

どこに行きたい?

脈なしに見えて脈ありな男性の会話やセリフには、「どこに行きたい?」というものが挙げられます。

デートに誘ったときなど、行きたいところの案を出してくれず、「どこに行きたい?」とこちらに委ねる人っていますよね。

実はこれも、好きな人の行きたいところに行きたいという気持ちの表れであり、決して「どうでもいい」というわけではないのです。

○○ちゃんが決めて

脈なしに見えて脈ありな男性の会話やセリフには、「○○ちゃんが決めて」というものが挙げられます。

「○○ちゃんが決めて」というのは、責任を負いたくないという意味合いであることと、好きな人のやりたいことがしたいという場合の2種類があります。

後者の場合は、間違いなく脈ありなセリフだと言えるでしょう。

自分の話ばかりする

脈なしに見えて脈ありな男性の会話やセリフには、自分の話ばかりすることが挙げられます。

自分の話ばかりしていて、こちらの話を全然聞いてくれないと脈なしな感じがしてしまいますが、これは「自分のことをあなたに知ってほしい」というサインかもしれません。

自分を良く見せたい、という気持ちの表れでもあるでしょう。

続かない

脈なしに見えて脈ありな男性の会話やセリフには、続かないことが挙げられます。

女性に慣れていない男性の場合、好きな人と何を話していいか分からず、結果として会話が続かないということも少なくありません。

会話のキャッチボールができないと脈なしというイメージがありますが、何を話していいか分からないだけなのです。


脈なしに見えて脈ありな男性の職場での行動

キツく接する

脈なしに見えて脈ありな男性の職場での行動には、キツく接することが挙げられます。

脈なしに見えて脈ありな男性は、職場ではあえてキツく接することも少なくありません。

周りの人にバレたくないという心理が強く働くと、男性は必要以上に当人に対して冷たく(キツく)接してしまうものなのです。

話しかけてこない

脈なしに見えて脈ありな男性の職場での行動には、話しかけてこないことが挙げられます。

一見脈なしかと思われる「話しかけてこない」という行為も、実は脈あり行動の可能性があります。

職場はあくまでも仕事をする場所であることから、「話しかけたらマイナスのイメージを与えるかも」と考えすぎてしまうのかもしれません。

隣に座らない

脈なしに見えて脈ありな男性の職場での行動には、隣に座らないことが挙げられます。

職場での飲み会や休憩のときなど、席を自由に選べるような集まりがあるとき、あえて隣に座らない男性もいますよね。

何となく親しくなりたい人の隣に座りそうなものですが、あえて隣に座らず、斜め前などに座るのは自分の好意を悟られたくないからだと言えるでしょう。

あからさまに避ける

脈なしに見えて脈ありな男性の職場での行動には、あからさまに避けるというものが挙げられます。

同じ職場に好きな人がいると、男性はあからさまに避けることも少なくありません。

これは、単純に好きなことがバレたら恥ずかしいと思っていたり、職場恋愛が禁止されているなども関係しているようです。

自分の仕事に集中している

脈なしに見えて脈ありな男性の職場での行動には、自分の仕事に集中していることが挙げられます。

職場で、あなたに話しかけずにひたすら自分の仕事に集中しているのも、脈なしに見えて脈ありな行動の1つ。

職場である以上しっかり仕事をするべき、仕事のできる人間だと思われたいのでしょうね。


脈なしに見えて脈ありな男性か見分ける方法

最後に、脈なしに見えて脈ありな男性なのかどうかを見分ける方法について紹介します。

「脈なしに見えて脈あり」なのか、それとも「本当に脈なし」なのかは、非常に気になるところですよね。

両者を見分けるのは難しいのですが、見分ける方法はこちらになります。

遅くても返事をくれるか

脈なしに見えて脈ありな男性か見分ける方法には、遅くても返事をくれるかどうかが挙げられます。

LINEの返事が遅い、一言のみなどそっけないと脈なしな気がしてしまいますが、遅くてもきちんと返事をくれるなら脈ありの可能性あり。

色々考えて返事をしているわけですから、返信があれば脈ありの可能性はあるのです。

話しかけたときの態度

脈なしに見えて脈ありな男性か見分ける方法には、話しかけたときの態度を見ることが挙げられます。

脈なしなのか実は脈ありなのか分からないときには、勇気をだして話しかけてみましょう。

嫌いな人から話しかけられたら、露骨に嫌な顔をする人も多いので、話しかけたときの態度を見るのもおすすめですよ。

好意を匂わせてみる

脈なしに見えて脈ありな男性か見分ける方法には、好意を匂わせてみることが挙げられます。

本当は好きでも、断られたらどうしようという気持ちがある男性は、積極的にアプローチすることができません。

こういう男性は、こちらから好意を匂わせてみることで自信を持ち、分かりやすい脈ありサインを出すようになるかもしれませんよ。

共通の友人に聞く

脈なしに見えて脈ありな男性か見分ける方法には、共通の友人に聞くことが挙げられます。

男性の言動が脈なしか実は脈ありかを判断するには、共通の友人にリサーチしてみるのもあり。

あなたから見ると脈ありなのか分からなくても、友人には本音を話していることが多いので、共通の友人に聞いてみると脈ありかどうかが分かるかもしれません。

2人で会うことを提案する

脈なしに見えて脈ありな男性か見分ける方法には、2人で会うことを提案することをおすすめします。

嫌いな人から2人で会うことを提案されたら、何かと理由をつけて断るのが普通ですよね。

そのため、ぜひ2人で会うことを提案してみてください。

自分からは2人で会おうと誘えなくても、あなたから誘えばOKしてくれるはずですよ。


まとめ:脈なしに見えて脈ありな男性の特徴を見極めよう

脈なしに見えて脈ありな男性の行動、LINE、会話やセリフ、職場での行動、そして脈なしに見えて脈ありな男性かどうかを見分ける方法について紹介しました。

男性は、恋愛に対して意外と臆病な人も多く、それゆえパッと見では脈なしに見える行動をしてしまうことも少なくありません。

普段の男性との関係性や接し方などによっても、脈なしか脈ありかは変わってきますから、あまり深読みしすぎないことも大切ですよ。